ヤツデの葉で八尾の狐をつくりました。
(作ってからブログを書くまでに一月過ぎてしまいました汗
{F51999CC-9CBB-4640-B5A7-186B7948DE72}
その日はヤツデの葉っぱがとても綺麗に見えたので、久しぶりにヤツデの葉っぱで遊ぶことにしました。
{82823E0D-8320-48F4-B545-4EF640CAD185}
ヤツデでは以前、五芒星を作ったことがありました。
{1E976FF8-557E-4431-8407-EB13BD11FE88}
ヤツデは縁起がいいとか魔除けになるといわれ、昔から庭に植えられてきた植物です。


では、簡単ですが一応、八尾の狐の作り方はこちらです↓
https://twitter.com/kusabanaasobi/status/1031393802701815808

{9A03A211-D8FE-4BE2-ADFE-DE976ACD2643}
八尾の狐は徳川家光の夢に現れ、病気の治ることを告げたそうで、絵が残っています。
{4A7B6D3E-6D63-4278-A65C-F19D7098E303}
九尾の狐だとなんだか怖い気がしますが、魔除け効果のあるのヤツデの葉で作る八尾のキツネだといいお告げをしてくれそうな、病気を治してくれそうなそんな気がします。
{139B4D5A-034B-43D0-A53F-E3C9EE04780E}
ヤツデの葉で八尾の狐でした。
{FB78D8D7-01D5-4A3C-916B-FFECACD9D213}

フウセンカズラでお猿さんを作りました。
{4668281B-BBD1-4B92-8513-315D1B99E5D2}
とても気に入っていますドキドキ
{BDF490FD-401B-45EC-BBA9-820BBBBC509A}
フウセンカズラの種は昔からお猿の顔に見えていたのですが、皆さんそう見えるようで『さるぼぼ』という縁起物のお猿の顔をこの種で作ったりもします。


さて、フウセンカズラの種はこの風船一つの中に基本3個入っています。
{C4E79F8A-5EBB-4C44-8E8C-D680338DA3D2}
一つの風船にお猿三匹です猿猿猿ドキドキ
たまらなく可愛いです…
{7146EF5F-9F6D-4003-BB51-009D2647658A}
見ざる言わざる聞かざるかな^ ^

そして、そして、フウセンカズラといえば花とツルの形も独特でとてもとても可愛いくて
{1286A75D-1C3E-4E8E-A602-5A788B40EC27}
以前この花の茎を丸めて車輪にしてフウセンカズラのカボチャの馬車というものを作ったことがありました。
{3771FD70-AAA8-4BA9-9FB7-872E5D8DC41B}
今考えればこの中にも子猿が三匹…
今日は頭の中がお猿さんのことでいっぱいですあせる


さて、作り方は
{8AC9E4E2-36B9-486C-A885-F2E3ED1F61AC}
緑の風船を開けて若い種を取り出します。


種の白い部分は押すと緑になるので、花の茎など硬いもので顔を描きます。
{889267AA-ACB2-4519-9573-05B97557DCE9}

花の茎を短く切って
{16AB3517-ED2B-4EC1-B1E8-DE639C47E988}
頭に挿したら出来上がりです。
{B91561BE-3D9F-4281-B1FA-02DA464C1505}
お猿の三兄弟です。
{175D845D-1474-4775-8FB1-2A3742B9B51E}
みんなガッツポーズをしてやる気満々な感じです。

お猿さんなのでぶら下がるのは大得意^ ^
{1C3B69EC-ED7C-4A1C-A85B-511DC827E4DB}
巻きつくのが本職のツルが腕なので当然です
{B700620B-7BC3-49F5-9566-C7332F8C9CB9}
むかしこんなオモチャ見たことがあります…
{5E1FCCA9-921D-4559-BCD2-C0C79DEED09F}


もう、フウセンカズラが可愛くて仕方ありません。
{7A9D30DA-68AF-42BA-A15E-4623C67C3059}
フウセンカズラのお猿さんでした猿グリーンハーツ
アサガオのしぼんだ花でカタツムリをつくりました。
{1FD7540C-B8BF-4170-840B-10912B92E1F9}
アサガオの花はしぼんだ姿も可愛いいですラブ
{AFD68936-FAC6-471C-8123-1C24AD307FDE}
花びらの色もくすまず花筒も白いまま。
『しぼんでも可愛いなんて祝福された植物だな〜天使』と(意味はよくわかってませんが)なんとなくそんなふうに思いつつ、いつものように指輪にして
{4BF59BEF-1463-4A96-BCF6-8706FF91F6DC}
可愛さを満喫していたのですが
{FE38D494-1CA5-4A0B-9EF0-A48A91FCABDA}
もっと この可愛さを堪能したくなり
何かできないか考えました。
{4D08E5D0-BAA0-4197-8948-9A9E98866555}
花がらとは思えない可愛らしさ…
{035D3A11-7CCE-4CCF-AFD2-C211336872D4}
さて、カタツムリをつくるポイントは
{D1BA6028-DBB3-4C8E-BAE6-819761D9065B}
殻のすぐ下に爪で斜めに切り込みを入れ
{9C7F823B-1569-4DA7-AD1E-5FB1DFFC3C1E}
そのまま繊維に沿って下に割きます
{357EBD38-0AA4-43AE-85A1-A8A2F0BA2CFB}
そのあと花筒の下部分を二つに割くことです。
{419D1FEA-3E37-48B6-9B98-E99D7E8C6AB9}
左右の雄しべを見て、二本以上きれいに残っているほうを残し、もう片方は短く切ります。
目の雄しべの先の花粉が取れないように注意しながら、殻の付け根に爪で穴を開け花筒の先を差し込みます。
{2FA99671-6082-44BF-ABD3-5CAC07E7F248}
形を整えて出来上がりです。
{3CD40938-9B59-47EE-BE08-1F86068BD12E}
花筒の先が少し硬いので穴に挿しやすいです。

花筒の先を持ってみたり
{0537DAA9-4C1F-4266-AF7D-642339FD6DD9}
{9942E22A-988D-4155-9543-7DD4E94FC428}
置いてみたり
{9BA0FC94-FF45-4753-92CC-F5A456F257B4}
{730CEBFE-4605-40E0-8707-E0E62526DD0D}
{417A949B-3E20-466E-9F73-C08A3DB7B62B}
{13A5C266-7D9B-4C3C-BE28-BB65B08D799D}
アサガオのしぼんだ花のカタツムリでしたかたつむりかたつむりかたつむり


作り方の動画はこちらです。
https://twitter.com/kusabanaasobi/status/1029169701727789056


【追記】
咲いている姿を載せ忘れました…
{0737C236-21B9-4C83-B42D-43694EBC6D13}
ピントが変ですね汗


ノブドウの実でグラデーション遊びをしました。
{C1F4BACB-53B3-43D2-BE03-BF9E747F26D4}
ノブドウ の実がとても綺麗だったので何色あるのだろうと思い並べてみました。
{EB451CC6-A78A-4EF8-AC79-7133DBDDF46D}
{AF57E69F-C6A0-46D8-B4D9-C3887CC25060}
並べたままではつまらなかったので、エノコログサの茎に通してみました。
{487EBA8A-4354-483E-8BDD-9753B905D536}

虹のように(虹虹とは違いますがあせる)なりました^ ^
{5CA87CFB-5C19-427F-942A-33649BD20B13}
{AE3A1306-3379-4FB1-BF45-B43A4F0841AE}

今度はそれを輪っかにしようと思ったのですが、エノコログサの茎は硬すぎて、うまくできなかったので芯をヘラオオバコの茎に代えて輪っかにしました。
{9B7308EB-B3D4-46D6-8387-B093C4A757E2}

色とりどりのノブドウの実…
{8BF661DC-97DC-4C96-8BBB-7C5805946E7B}
ちなみにこちらはネズミさんです。
耳と鼻になる実は軸を少しだけ残して採り、白い実に軸を挿しています。


{87E9F498-3632-4A6B-BCD3-59D1219AAC3F}
ちなみにちなみに、こちらは今日作ったものではありませんが、ノブドウのツバメさんです。
実の軸の穴から葉の茎を挿しています。
葉は葉脈にそってツバメっぽく割いています。

ノブドウの実ホント大好きです♡


{E963E2BA-0A86-4B9C-B61C-F7C4AD41E99C}

最後になりましたが、ノブドウの実は真ん中に種があるので茎を通すときは軸の付いていたところを渡すような感じで通しました。
{6A97F7C8-B736-4814-88E3-C158287B82EE}
表がととても綺麗になるからです(o^^o)
{3D9DBDAA-2BA7-42EE-8C9D-9E411DF30FD1}
ノブドウの実を並べていたとき空は夕焼けが綺麗で、どうしたらいいのか分からないほど幸せでした。
フウセンカズラでカボチャの馬車をつくりました。

その1
{438265E4-D4FB-47ED-8446-D31DE489BE4C}

その2
{FEA188D8-1CA4-432B-98F8-34962EF40468}

近くの線路の脇に毎年フウセンカズラが育つ場所があります。
去年も何かできないかと花や実や葉を観察したのですが何も思いつかず、諦めていました。

ところが今朝、ツイッターを見るとコメントに「フウセンカズラで何か遊べませんか?」という質問があり、俄然やる気になりました!

{1E8722C2-ECE0-4478-9018-46CAA52BDDDA}
花も実も種もこの上なく可愛いフウセンカズラさんです。

これで遊べないのはとても苦しいですし、New草花あそび研究所の所長として恥ずかしい…と、まずはネットの画像を見ながら何を作るか考えました。

すると可愛い風船が『カボチャの馬車』の人が乗るところハロウィンに見えてきました。

花にはクルンとしたツルがあり、それもカボチャの馬車のイメージでした。

ということで、つくりたいものが決まったので早速実験をしました。

花の少し下に二本の短くて固めのツルが付いています。
{0FB41545-92D4-4D7C-A7C5-3A4B4A50294D}

なんとなく茎を輪にすると花とツルとを脚にして輪が立ちました。
{70401061-9101-4500-98E4-ADC56469B369}

ツル同士を絡ませて車輪にしました。
それを二つ作って…
{FFF13900-6C5E-4DC2-98C2-A616342E62BC}


間に風船の実を置いてカボチャの馬車(その1)です。
{FBA80879-59B8-4D6A-A253-84030C938957}
これは置いてあるだけで、くっついてはいないので、どうにかくっつけてみました。

花の茎三本を手をつなぐように絡ませて
{8FC6AB92-097D-4E84-B86A-79C36348E201}

三角錐っぽくします。
{19C3CBF4-5DB7-449B-9B1C-509B851E4170}

茎を一本下ろして入り口にします。
{6333CD89-F187-4C36-B1A0-5B92ED596A15}

風船の実も三角なので、実の谷折り線に合わせるように茎を沿わせて実を置きます。
{6A404AF1-3EB7-4D8E-9881-73D0AEAC5971}

下ろした茎を戻します。
{857152F2-481B-4F1E-9EC8-73C3BC65386C}

裏から見るとこんな感じです。
{A5FC5ABF-78F6-46D6-A58B-DD59CDA3C5D4}

さっき作った車輪を花の茎(ツルより写真で上部分)に引っ掛け、なんとなく車輪の位置に来るように整えます。
車輪は3つしかつきませんあせる
(このあたり改善の余地ありです…)
{5CC76984-F773-4109-8556-6A9A245758B0}
このままでは手を離すと実が落ちてしまうので

花の茎で巻いて結びました。
{3BBB645B-0651-4FAE-A99D-BA5E2FA71128}

風船の実は軽いのでそっと置くと車輪の上に乗りました。
{EB2F5881-8BD9-4920-AFAC-2E4E2DB4EF3C}
今日のところはこんな感じです。

カボチャの馬車と分からなくても、なんだか可愛いので壁に掛けて飾りました。
{400735A7-4087-4756-AB01-079FC5DC141A}
可愛い花やツル、実、種(見ただけだけど)を堪能できて今日も満足ですクローバー
コメントくださったshokokさん♡ありがとうございます音譜クローバーラブラブ