語林教室の林先生が書いてくれた、五月天歌詞講座の内容を一部、ご紹介します!
今天,我很榮幸跟大家分享一下林老師的五月天歌詞講座的一部分。


超人」,一個寂寞的英雄


 

《超人》 是冠佑作曲,阿信填詞的一首歌。

2005年,五月天擔任了某金飾廠商的這一年的代言人。為此,他們創作了這首歌,還拍了MV,其中出現了Miracle品牌的金飾品。MV故事發生在2055年的台北,五月天成員都變成了機器人,製作金飾。有一位經營花店的青年,把這個金飾送給女友後,終於贏得了她的心。 而在工作中的阿信,想起了以前的女友,卻流下了眼淚後來,有人給那女友送去了一台平板機。女友在平板機中看到了阿信寂寞的樣子······總之,MV中沒有出現「超人」。


《超人》 は冠佑作曲、阿信作詞の一曲。

2005 五月天はアクセサリーブランドの広告塔になりました。そこで、この歌を創り、MVを撮り、その中にMiracleのアクセサリーを登場させたのです。MVによると、舞台は2055年台北。五月天のメンバーは皆ロボットに変わり、アクセサリーを制作しています。花屋を営むある青年が、アクセサリーを彼女に贈った事で、ついに彼女のハートを射止めた(これが広告の主題)。一方で仕事中の阿信は涙を流し、以前の彼女を思い出しています。後に、ある人が彼女にタブレットを渡し、目にする阿信は淋しそうな姿……つまり、MVの中で"スーパーマン"は登場しなかったのです。


歌中這樣描寫超人: 

「世界如果被殘酷攻擊,只要給我一個電話亭,把內褲當外衣,如果你能夠開心,展開披風,帶你飛行」

「電話亭」是超人變身的地方吧。「把內褲當外衣」指的是超人把那條紅色的短褲穿在外面。許多台灣人都覺得這很不可思議。「披風」是マント。然後,歌詞提到 「無助的能力」。「無助」不是「沒有幫助」,而是「どうしようもない」。比如說,「他怎麼跑也追不上電車,只好無助地笑了。」 請看歌詞:

「誰賜予我這一身 無助的能力,神也不能阻擋 你想離開的心」 超人一方面有強大的能力,但是對於「她」,他沒有辦法,總是很無助。


歌の中でスーパーマンはこのように描かれています。「 世界がもし残酷な攻撃を受けるなら、僕に電話ボックスだけ下さい。パンツを外に履く。喜んでくれるなら、マントを広げて 君を連れて飛ぼう」"電話ボックスはスーパーマンに変身する場所でしょう。"パンツを外に履くはスーパーマンが履いてる赤いショートパンツを指す。多くの台湾人は不可思議に思うあの姿。

そして歌詞は 「無助的能力」に言及します。「無助」は、助けがないという意味ではなく、「どうしようもない。」 例えば:他怎麼跑也追不上電車,只好無助地笑(彼はどんなに走っても電車に追いつけず、どうしようもなく笑うしかなかったのように使います。 歌詞に戻ろう

「誰が僕の身にどうしようもない能力を与えたのか。神でさえ阻止出来ない あなたの離れて行く心」 スーパーマンは強大な力を持つ反面、彼女に対してはなす術がなく、いつもどうしようもない。


阿信和冠佑為什麼要寫這樣一個寂寞的英雄呢冠佑說:「想表達很多人在追求理想與目標的途中,所會遇到的空虛與寂寞(“没有意思)也就是,一个人追求理想的同要失去什么的。阿信說得更直接,他說:「就像五月天一樣,外表看起來是炫麗的,但我們還是努力做犧牲自己照亮別人的 "超人",就像我們現在用盡全力準備演唱會一樣。」

阿信在他的書中說「用超人作為一種比喻,我想寫出很多男生面對愛情的心聲。「神的孩子都在跳舞」裡面,我是到最後才發現寫了很多「英雄」。「英雄」都很苦情,或者說,苦情是英雄不可或缺的因素呢?」(《Happy Birth‧day 搖滾詩的誕生和轉生》)也許,在每個英雄的心裡,都著一份遺憾吧。


阿信と冠佑はなぜこのような寂しい英雄を書いたのだろう。冠佑曰く表現したかったのは、多くの人が理想や目標へと向かう途中に出逢うむなしさや寂しさ」これはつまり、理想を求める時に、どうしても手放さなければいけないもの阿信がよりストレートに言う所では、「まるで五月天と同じように、外から見ると輝かしくても、僕らは自分を犠牲にして他の人の為にスーパーマンになる努力をしてる。今、全身全霊の力でLIVEを準備してるのと同じように。阿信は、本の中でこう解説しています。「スーパーマンを一種の例えとして、書き表したかったのは、多くの男性の愛情に対する心の声。「神的孩子都在跳舞」のアルバムの中には、最後まで来てやっと気付いたんだけど、たくさんの「英雄」が出て来る。「英雄」にはみな苦い経験がある。もしくは、い経験こそ英雄に欠かせない要素なんだろうか?」おそらく、すべての英雄の心の中には、無念な思いがあるのだろう。

 

順便說廣告中,與歌詞不同,結局是美好的。當時Miracle的廣告詞「掏心鑄金送情人」。從阿信的心中取出思念,打造成金飾,送女孩,而女孩也向阿信回贈金飾,兩人終於修正果!

ちなみにCM広告は歌とは違い、ハッピーエンドに終わっています。この時のMiracleのキャッチコピーは、「心を取り出して金のアクセサリーにして恋人へ送る。阿信の心の中から取り出した想いで作ったアクセサリーを女の子に渡し、その子もアクセサリーを阿信にあげたのでハッピーエンド。





なぁるほどーーー そんな意味があったとは…と毎回新発見盛り沢山の講座です。背景だけでなく、言葉の意味と使われ方を教えてもらい勉強出来るのが素晴らしすぎます。


遠方の方にもぜひ読んでもらいたいなと思い、載せさせてもらいました桜


中国語教室 語林

AD