期間限定!雪の大谷を歩く~黒部立山アルペンルートその3 | 台湾人と国際結婚28年~楽しむ365日

台湾人と国際結婚28年~楽しむ365日

台湾と日本、似ているようで、まったく違う国?!
外国人の夫やその家族とのつきあい方はどうなの?

 TODAY'S
 
春の2か月間だけ雪の大谷

 
 

雪の大谷ウォーク
 

黒部立山アルペンルートの続きです。

 

大観峰駅にあった雪のトンネルがこちら。

 
黒部立山アルペンルート 室堂 雪のトンネル

黒部立山アルペンルート 室堂 雪のトンネル

思ったより、小さくて、短かった・・・。
 
雪のポケットもありました。

黒部立山アルペンルート 室堂 雪のポケット

 
この大観峰駅から立山トローリーバスに乗ります。

立山の真下のトンネルを抜けて室堂駅に到着。
 
そこで、見つけたポスターに感動した件はこちら
↓↓↓
 
 
ここ、室堂駅は立山ホテルもあるし
他より大きめの売店やレストランもあります。

そして、私が一番楽しみにしていた、これがある~
 
雪の大谷」!!!!

 
今回、夫の目的が黒部ダムで、私の目的は雪の大谷でしたから。

黒部立山アルペンルート 雪の大谷 雪壁

4月下旬から6月下旬までの2か月間
片側車線が歩行者専用になっています。
 
黒部立山アルペンルート 雪壁 雪の大谷

3年前に義姉がここを訪れたときは、道路も積雪していたらしい。
 
でも、この雪の壁だけでも大満足です。
500メートルほど歩きます。
 
帰りは同じ道路を戻るのでは芸がないだろうということで
雪道を歩くことにしました。

黒部立山アルペンルート 雪の大谷
 
これが結構、きついことにあとで気づきます。

雪が思いのほか深くて、足元をすくわれそうになるので
かなり脚力が必要です。

年配の方も歩いていましたが、大丈夫かなと思うほど
翌日、しっかり筋肉痛になりました。

映画「八甲田山」の行軍みたいだと思った自分に
古っ~と自分でツッコむ・・・。

この雪道をしっかり歩いたせいか
お腹が空いてきたので、ここで昼食。

立ち食いそばの山菜が思いのほかボリュームがあって
お出汁も美味しくて、大満足です。

店内が混みあっていたので、写真は撮り損ねました。

さて、お腹もいっぱいになったところで
腹ごなしもかねて、集合時間まで少し歩きます。
 
室堂駅の最上階からでたところにも
雪のパノラマがあり、別の雪壁もありました。

黒部立山アルペンルート 室堂
 
黒部立山アルペンルート 室堂

黒部立山アルペンルート 室堂 立山玉殿の湧き水

立山玉殿の湧き水、こちらは雪に埋もれて
飲むことができませんでした。
 
青い空に白い雪、このコントラストが写真の何倍も美しかった!

最高のお天気です。

雪の照り返しがかなり強かったので
夫は上着を脱ぎ、顔はすっかり日焼けしていました。
 
 

高原バスと立山ケーブルカー

 

室堂駅から美女平駅まで、高原バスにゆられて約50分。

途中で日本一の落差を誇る「称名滝」も見れました。

 

写真を撮るには座席の位置が悪かったのですが
バスが止まってくれるので、しっかり見ることはできました。

美女平駅からは立山ケーブルカー

立山駅へと降りていきます。

黒部立山アルペンルート 立山ケーブルカー

このケーブルだけが頼り・・・とまたしてもビビっている私。

ここもたった7分ほどなので
あっという間に立山駅へ到着しました。

黒部立山アルペンルート 立山駅

立山駅は標高475メートル。
下界に下りると、鮮やかな新緑が目に飛び込みます。

 

立山駅 熊王の水

熊王の水。

こういう山ならでは、自然の恵みですね。

そして、大阪へ戻るバスに乗り込みます。

 

途中、石川あたりの海岸線の景色も素晴らしかったです。

 

 

 

1泊2日のショートトリップですが

思い出はたくさんできました。

黒部に行きたい!と言ってくれた
夫に感謝します。

 

あと何回、夫婦で日本を旅行できるのかわかりませんが
行けるときに行っておかないと。

 

特に行軍のような旅行は、足腰が元気でなければできないと
思い知らされた今回の旅です。

 

 

 関連記事:落石のため不通ニュース!黒部立山アルペンルートその2

 関連記事:黒部立山アルペンルートその1

 
 >> 台湾人と結婚した方、国際結婚の方、そうでない方も コメント、ご質問メッセージ大歓迎!

 >> はじめましての方は 自己紹介 もご覧ください。 


 >> 台湾公認インスタグラマー   台湾ときどき大阪のスナップ公開中

  

 >> 過去ブログ 国際結婚萬歳~我愛台湾!日本人妻が見た台湾 もお楽しみください。

 

  >> clubhouseのクラブフォローをお願いします。

 

 >> 楽天ルームでは台湾関連の本を中心にコレクションしています。
      


 >> ランキング参加していますので応援ポチお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(台湾・香港・中国人)へにほんブログ村   国際恋愛・結婚ランキング