韓国の耐震事情について | 耐震診断・耐震補強・改修工事の一般財団法人耐震総合研究所のブログ

耐震診断・耐震補強・改修工事の一般財団法人耐震総合研究所のブログ

耐震総合研究所は、耐震診断・耐震補強・改修工事を低コストで行い、構造的に優れた補強はもちろん、デザイン性も重視した改修を提供する専門家集団です。耐震診断・無料相談会のお問合せはお気軽にどうぞ。日本全国、最短1日での提出も可能です。 


テーマ:
今回は、お隣韓国の耐震事情のお話です。

ソウル市内にある公共の建物で、2009年までに建てられた1005ヶ所の
建物のうち、約7割の建物が耐震設計を採用されていないようです。

1988年に耐震設計の法的基準が定められ、2005年には地上3階以上、
または面積が1000m2以上の建物については、耐震設計が義務付け
されています。

日本と違い、地震大国ではありませんので、そこまで必要ではないの
かもしれませんが、もしもの時の備えとして、公共施設だけは耐震性を
確保していただきたいと思います。



一般財団法人耐震総合研究所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ