9月17日(日)太子ホールはゆっくりと再始動します! | ライブっていいよね♪

ライブっていいよね♪

滋賀県でミニホールの番頭やってます。


テーマ:

 

申し訳ありません。長文になります。

言いたいことは最後にありますので、前半読み飛ばしていただいても構いません。

 

 

 

太子ホールでの主催ライブは、昨年10月16日に開催した「呉ひとし、中村ゆきまさ魂の二人会生音」以来実に11ヶ月ぶりとなります。

 

2016年1月に空調や音の騒音問題で活動を休止、決まっていたイベントやライブ約10本も開催中止や会場変更などの対策に追われ、、フライヤーなどもすでに作ってあったのに、準備も着々と進めていただいていたのに、、その節には本当に多くの人々にご迷惑をおかけして、、

本当に穴があったらずっと隠れてしまいたい…

 

 

一時はこのままフェードアウトも考えましたが、

転機になったのは今年のびわこジャズ東近江2017の会場として復帰したことでした。

 

多くの来訪者の方に喜んでいただけたこと、また多くの繋がりあるミュージシャンからも「何かあったら手伝いますから」など温かい声もかけていただいて、再度なんとか立ち上がろうと思いました。

 

 

ただ、太子ホールの現状は、DIYで空調の室外機を防音素材で囲んだりしたのみで、予算も不足している中で全くと言っていいほど新たな対策を講じておりません。

 

 

それでも、昼間なら、大音量でなければ、というお話をいただきました。

また太子ホールそのものも土日を中心としたイベント休止後1年半が経過した今も、土日祝の利用はあまりなされていない現状もあります。

 

 

ホントこれだけの能力ある施設を眠らせておくのはもったいない!

私もそう思いますが、周囲からもそんな声をいただくようになり力をいただきました。

 

 

そんな感じで今年度から、

貸切を中心に、音を出すイベントも開催してきました。

 

 

そうした現状を踏まえまして、

アコースティックの小音量イベントを、

土日祝などの昼間限定で、

月一程度で、

自主イベントを再開することといたしました。

 

 

もちろん、苦情主様との完全解決に至っていない中での開催ですので、果たしてどうなのか、相談しながら開催していけたらと思います。

 

 

 

そしてひと月後、再スタートのアフタヌーンLIVE SHOW!を開催します。

 

出演は、後日一組ずつ詳しく紹介していきますが、

 

・北海道から毎年帰ってきてくれていたキクチシノブさん

・〝絵れ氣ギター撫で朗読・略して撫読”という独自のスタイルを確立して詩の朗読活動を続けている東京の守山ダダマさん

・石巻生まれ仙台在住、震災でご実家を流されるなど大変な思いを飲み込み歌い紡ぐIkasama宗教さん

・私と京都の音楽的繋がりを作っていただいた京都の重鎮オイワさん

・「太子ホール復活するなら出るよー」と言ってくれた、今や京都で飛ぶ鳥落とす残念ソングの〝横綱”ザンネンズ

 

この5組で太子ホールブッキングライブはリスタートします!

 

 

 

 

まだまだ離陸しようとするばかりでこの先どうなるのか全く霧の中です。一旦やめた飲食を月イチ程度のイベントのために仕入れなど準備できるのかわかりません。

 

でも、

「やっぱり八日市には太子ホール、太子ホールには音楽が必要やわ」と、多くの皆様の声を得られ、そのことで、

 

じゃお金かけてでも対策やっていこうか

 

というムーブメントに繋がることを夢見てスタートいたします!

そのためにもどうぞ音楽に地域に愛ある皆様のお力をお貸しください。

 

 

ぜひ、多くの音楽ファン、滋賀県を、東近江を、八日市を愛する人に、この声、この音が届きますように。

 

心より祈っております。

 

 

―――――――――――――

 

9月17日(日)開場14:00開演14:30

 

出演

オイワ(京都)

ザンネンズ(滋賀/京都)

Ikasama宗教(宮城)

守山ダダマ(東京)

キクチシノブ(北海道)

 

料金1,200円

中高生・65才以上1,000円

 

 

―――――――――――――――

太子ホール 

滋賀県東近江市八日市町12-12 

TEL/FAX :0748-25-2805 

オフィシャルサイト

facebookページ

――――――――――――――――

 

番頭さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス