にゃんとおわかれ

テーマ:

 

 

 

 

 

2018年5月2日正午 にゃん天国にいきました。

 

 

 

 

 

2月入ってすぐの鼻詰まりがずっと治らず、注射すると鼻詰まりは緩和するけど2~3日経つとまた発症を繰り返し。

鼻は詰まってるけど元気だし、それなりにご飯も食べるし安心していましたが、3月に入ってからは注射しても点滴しても症状がよくならず、ご飯を食べない日も続き、口呼吸になったり、病院通いや投薬(←これが一番だめだった)のストレスもかなり溜まってました。

3月半ばには目の瞬膜が出っぱなしのホルネル症候群も発症し、良くなるどころか益々悪化。

 

元野良なので年齢も分からないし(年末年始に歯が数本抜け落ちてたのでかなり高齢だったのかも)さすがに二ヶ月も風邪が治らないのもおかしく、エイズ発症したんじゃないかとも思っていました。

注射も薬も全く効かず、3月末には強めの注射を打ってもらいました。この注射が効いたようで口呼吸も鼻詰まりも治まり、自分でご飯を食べたり水も飲むようになって回復しているんだなと安心しました。

 

 

 

 

 

こんなふうに毛づくろいするのも元気があるから。

4月入ってからは毛づくろいしている姿は一度も見ませんでした。

 

 

 

 

 

けれど注射から二週間経つとまた再発。この注射は通常であれば一ヶ月は効くそうなのですが二週間しか効きませんでした。

それともう一つ気になることもあって4月半ばに再度病院へ。

気になることとは、左側の首の辺りの毛が微妙に膨らんでいて、触ると右側よりも固いというか張っている感じ。

触っても痛がる様子はないけど触診した先生の顔色が変わり、すぐ検査。

膿か何かなら良いけど悪いものだったらかなり危ないらしく、検査結果は後者の悪性腫瘍でした。

あと1ヶ月くらいだと余命宣告されました。

 

きちんとした病名を知るには大きな検査をする必要があり、また、手術したからといって腫瘍を摘出できるかどうかも分からないし、治るとも限りません。

栄養のあるものを食べさせて自宅でゆっくり過ごすのがいいというのが先生の考えで、話を聞いてる間涙が止まりませんでしたが私も同意見でした。

とりあえず前回と同じ注射をしてもらい、ご飯を食べてないので点滴もしてもらいました。

 

 

 

 

 

左目にホルネル症候群発症した直後の写真。

左耳は右耳に比べて常に熱かったし、この後みつかる腫瘍も左側。

いつもなら車に乗せると3秒に1回のペースでにゃーにゃー鳴くのに、2月半ばからは口は動かしているけど声を出して鳴かなくなり、たまに鳴いても声がかすれてました。

猫風邪のせいだと思っていたけど、もしかしたら腫瘍が原因だったのかなと今になって思ったり…。

 

 

 

 

 

注射して呼吸は落ち着きましたがご飯は食べてくれず、水は飲みたそうにして水の前まで行くけど結局飲まず。

とにかく栄養をとらないことにはまた病院で点滴になるので、シリンジ(注射器)にご飯を入れて強制給仕。

投薬ほどではないけど無理矢理口の中に入れられるのが嫌いなので、あまり時間をかけてストレスにならないように少量でもカロリーの高いものを食べさせました。

 

注射の効果は10日ほどで切れ、4月終わり頃には急激に足腰が弱まり、少しの段差でもふらついたり歩き方もヨロヨロに。

瞬膜は治まってきたけど瞳孔の大きさはまだ左右違っていたり、黒かった肉球は褐色になっていたり、蓄えがあったのでガリガリではなかったけど2月に5kだったのが3.5kまで落ちました。

 

 

 

 

 

左目の瞬膜は隠れたけど眼球は少し奥に引っ込んだまま。

 

 

 

 

 

5月2日

普段居ない場所に寝たり、落ち着きなく移動を繰り返していたので定位置の場所に置いたら眠ったようでした。

が、一定の間隔で咳をし始め、おかしいなと思って抱き上げたときには左目の瞳孔が開いていて、何度かけいれんしながら徐々に右目も遠くを見始め、咳が止まると動かなくなりました。

 

 

 

 

 

2月入ってすぐの頃。まさか3ヵ月後に亡くなるなんて思いもしなかった。

 

 

 

 

 

悲しいし、辛いし、寂しいけど、安心した部分もあります。

というのも、起きているときも寝ているときもずっと伏せの体勢ばかりしていて、(呼吸困難とかなにかしらの負担があって他の体制はしたくてもできない状態だったと思います。)また、口呼吸をしているときは寝落ちすると口呼吸ができないようで、寝る→口呼吸止まる→息できず苦しくて目覚める→ろくに寝てないから眠い→寝る→以下繰り返し。という日もあって、もう体が冷たくて硬くなっていても、横たわっている姿を見てやっとゆっくり眠ることができてよかったと思いました。

 

 

 

 

 

喧嘩で血だらけのにゃんを病院に連れていき、飼うことにしたのが2012年の4月終わり。

たった6年で死別すると思わなかったし、めいが死んでからまだ3年も経ってないのに…。

火葬してもらい、めいの隣に骨を埋めました。

 

 

 

 

 

めいもにゃんもいなくなり、「犬と猫と美味しいものと」ブログはこれにて終了します。

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

風邪が治らない猫

テーマ:

薬飲ませる前も飲ませた後もこんな感じに・・・。ストレス溜まってるだろうな・・・(-"-;

 

ブログは少しお休みします。へばヾ(・д・。)

 

 

 

 

 

中国料理 広州

営業時間/昼11:00~15:00 夜17:00~22:00

定休日/月曜日 ※祝日の場合翌火曜日

青森県青森市橋本3丁目2−4

017-773-5553

 

 

 

 

 

駐車場は店の前に軽自動車2台と少し先に駐車場あります

 

 

 

 

 

ひき肉丼と坦々麺のセット

 

 

 

 

 

エビチリ卵丼

 

 

 

 

 

イカの柔らか香り揚げ

 

 

 

 

 

エビマヨ(小)

どれも美味しかった(๑´ㅂ`๑)♪

 

 

 

 

 

薬を飲んでくれない猫

テーマ:

チュールに混ぜてラクに飲ませられたのは最初の3日くらい・・・

つか、週に一度のオヤツを毎日あげたら飽きたのかもw

レトルトに混ぜたりささみに混ぜたりカツオ節で包んだり色々試したけど全く駄目

鼻詰まってるくせになんで分かるのか・・・

どうやってもいやがるなら小細工無し!薬だけ無理矢理口の中に突っ込んでる

早く治ってくれぃ!!