皆様おはようございます。

いつもいいね。と、台湾情報、台北情報のバナーをクリックしていただき、ありがとうございます。

「一府二鹿三艋舺!!! 制覇してください!!」

という友達キャサリンの指令により鹿港に出没。

昔のお話ですが、鄭成功が台湾の南から北に向かって開墾を始めた時代のこと。

当時の産業であった蔗糖と鹿皮を外国に輸出していました。

量が多くなるにつれ、港を整備しだしました。
 
一府二鹿三艋舺というのは先に南から北に向かって港の整備を始めた場所の事です。

一府とは台南府城(府城は台南のことです。大阪府と言うのと同じような意味です。)
の安平を一番先に開港しました。

二鹿は彰化鹿港 のことです。
昔は梅花鹿という鹿の皮をヨーロッパに輸出していました。
天后宮には海の安全祈願の媽祖様がお祀りされています。

最後に三は台北萬華の港でした。
萬華のことを艋舺(ばんか)とも言います。

そういうわけで、一府二鹿三艋舺と呼ばれています。


台北人、とっくに全て制覇していますよ。
おねがいおねがいおねがい

前置きが長く長くなりました。

鹿港の摸乳巷に出没。

{2794B77A-1DC5-46BA-BE68-AF6EE509B45B}

鹿港老街の地図が書いてあります。

こちらは老街からはちょっと距離がありますよ。

{59799366-FD2A-45EF-B122-692559791733}

摸乳巷。
直訳すると、胸をさわる小道。爆笑爆笑爆笑

道が狭いので、すれ違う時に女性はお胸を保護しなければなりませんよ!笑い泣き笑い泣き笑い泣き

下のは落書きしないでください。という警告。

{AF274EA4-3482-473F-9EBA-322133A3DE05}

道幅50センチ無いくらいですね。

{CB762A70-5EA0-49AE-B29A-CE9D8AFBE635}

上には男女ペットボトル。

下のはうえを見上げた空。

{41528277-6109-410F-9AC3-F62CF4CCF1BE}

植物が生い茂っています。

壺が並んでいるところも。

{DD7C41D4-A9D5-4CF0-A8C0-76C18538A962}

途中にはちょっとしたお土産を売っているところも。
朝早すぎて、準備中でした。爆笑爆笑爆笑

{3BE42A21-BBBB-4B18-B5BD-86CC0640A0D9}

こちらは出たところ。
というか、どっちからはいってもアリですけどね。ウインクウインクウインク

結局誰ともすれ違いませんでした。

{70A6E763-F998-49CF-8FCA-238C893662A4}

{DB535EDE-D4A1-4CD5-942A-5E2DC3001314}

摸乳巷の由来が書いてあります。

{A720AB72-BC5F-4529-937D-D661B9F99514}

出たあたりの屋根の上に寄生している元気の良い植物。びっくりびっくりびっくり

壁に根っ子が張り付いています。爆笑爆笑爆笑

{045A1AC6-A7BB-4195-994C-FDDF4CAC7D9C}

以前の住宅跡の壁。

{342A0E37-BF46-4322-960F-2149931682B1}

鹿港老街の摸乳巷のような細い路地は実は台湾にはいっくらでもありますよ。

ちょっと裏通りに行けば、建物と建物の軒下がどこでも摸乳巷!爆笑爆笑爆笑

でも、こんなにきれいに整備はされて無いですね。爆笑爆笑爆笑

それでは、また。

いつもご訪問ありがとうございます。

いつもいいね。と、台湾情報、台北情報のバナーをクリックしていただき、ありがとうございます。

 ランキングに参加しています。

下のマンゴー豆花と、ダンツーメン写真の台湾情報、台北情報をクリックして頂きますと、台湾に関するブロガーさんのブログがご覧になれます♡
 
台北人のFacebookはこちら

インスタグラムにはブログにはないお写真もあります。良かったらフォローして下さいね。
 


にほんブログ村


にほんブログ村

AD

コメント(4)