GWに入って仮想通貨の低迷期は完全に抜けて、

上昇してきましたね。

 

SBIが夏に仮想通貨取引所を運営し始めると

発表しており、上昇傾向になっていくでしょう。


 

今回は仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引の違いについて

説明していきます。


 

現物取引とは

 

現物取引とは株や金など実際に投資対象となる現物を

日本円やドルなどで購入してその価格が上昇すると収益が確定できる

取引です。


 

株などで一定量を保有していると金利がついていくものがあり、

これをインカムゲインと呼ぶのですが実際に仮想通貨でも

インカムゲインで収入を手に入れる方法もあります。


 

ですが一般的なトレードは買ったときの値段よりも

高い値段で得ることが出来た時だけであり、これをキャピタルゲインと呼びます。

 

現物取引のメリットは

 

現物取引のメリットは損失を出してしまった場合でも

最低限の損失で済みます。


 

例えば1BTC=10万円の通貨を10万円で購入した時に、

ビットコインが1BTC=5万円に下落した場合、5万円の損失になります。


 

現物取引のデメリット

 

現物取引のデメリットは買いからしか入ることが出来ないのが

デメリットです。


 

もし高騰して高値で購入して下落してしまうと

損失します。


 

その一方でレバレッジ取引は

買いと売りの選んで購入することが出来ます。


 

レバレッジ取引とは

 

レバレッジ取引は自己資金以上の取引をすることが出来て、

レバレッジによって証拠金の何倍もの取引を置こうなう事が出来ます。


 

レバレッジ取引には

「差金決済取引(FX)」、「信用取引」、「先物取引」の

3つの取引方法があります。


 

差金決済取引(FX)

 

差金決済取引(FX)は現物の受け渡しはなく、

証拠金を預けてその5倍、10倍などレバレッジをきかせて

取引をしてその利益だけが資金に移動する取引方法です。


 

信用取引

 

信用取引とは差金決済取引とは違い、

資金やビットコインを借りて取引をする方法です。

 

取引所からビットコインを借りている状態なので、

もちろん返済しなければいけなく、返済期限も決まっています。


 

期限を過ぎてしまった場合は

借入をしてポジションを維持することが出来ます。


 

借入が出来なかった場合は

返済のためにポジションは決済されます。


 

先物取引

 

先物取引は将来の売買についての

 

現時点での約束を取引する取引方法です。


 

先物取引は信用取引とは違い、

お金を借りるわけではありません。

 

特定の期日(限月)に決められた価格や数量で取引され、

限月前に決済することも可能です。