本日は「ドーメル」社のハイプライスの最も贅沢な商品、「インフィニティ ファイブ」のご紹介。

 

 

ハードケースのバンチケースによりカードサンプルにてお選びいただきます。

 


縫製はグレードの高い商品なので「スプレンティッド縫製」にてお仕立てをいたします。

 

 

こちらの商品は素晴らしいマテリアルなので当店でもフルハンドメイドを取り入れた最上級の仕立てである「スプレンディット縫製」にてお仕立てすることにいたしましす。

スプレンディッド縫製についての詳しい事はこちらまでhttps://www.tailorwatanabe.com/sprendidmakekyuukyokuhandmade.html

 

 

2012年、ドーメルは世界各国の最も美しい繊維と170年もの歴史をともにしたことを、多大なるほこりとともに祝いました。

 

同年のインフィニティーコレクションの生産は、一定のクオリティを保ちドーメル内で生産される、継続的な織物の随所に見られます。

 

高い基準値の達成は、その巧みな技術によってのみ合致する優雅な生地といった、コレクションの随所に見られます。コレクションは長年にわたり展開を続け、特に英国の一流の工場で織られ、その生地の丈夫さに特化した「インフィニティ ファイブ」が、今日ついにそのヴェールを脱ぎ公開となります。

 


「インフィニティ ファイブ」は、世界中から集めた最も美しいパーツたちと、ドミニク・ドーメル自身によって選ばれた、核となる贅沢な繊維の完璧な融合の、ドーメル内で最も権威のある作品です。

 

新シーズンの服地は、50%がオーストラリアのスーパー200s'のウール、35%が美しいモンゴル産のカシミア、15%がとても丈夫な中国のシルクといった、ユニークな生地のミックスによって構成されています。

 

独特かつ親和性の高いブレンドによるこの贅沢なより糸の使用は、時がたっても決して型崩れしない安定性を布地に与えた、丁寧手にデザインされた撚糸を使っています。

 

スーパー200s'のメリノウールとカシミアの組み合わせによって、インフィニティーファイブは非常に柔らかい織物となっています。

 

それは光を集め、高い品質のスーツに使われたのち、とても品期を博したスタイリッシュな反射を与えます。

 

慎み深い炉の艶は、シルクの光沢と合わさるグレーやブルーのマイクロプリント、そして同系色の濃淡の組み合わせのストライプと完璧なまでに良く合い、それはまるでヴィルトゥオーソ(超一流の演奏家の意)が解釈し再構築した繊細な楽譜のようだともいえるでしょう。


◆撥水加工
◆希少かつ贅沢なブレンド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ドーメル」秋冬コレクションのコーナーが一新致しました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/do-meru.html

 

 

 

 

スペシャルプライスの詳しい事はhttp://www.tailorwatanabe.com/special-price.html

 

 

グーグルマップで店内が見られます。

https://goo.gl/maps/X1vb5Xmwcgn

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html