当店に「アイビージャケット」をご要望の方がご来店。

 

私の高校時代はアイビー主流。

 

「アイビー」が大好きで今でも「メンズクラブアイビー特集号」を大事にとっておりました。

 

もう、ずいぶんをぼろぼろになりましたが、大事にとっておきました。

 

約40数年に全商品の「アイビー特集」の本はとっといていましたが、残念なことに2号から5号までの物をすべてなくしてしまっていました。

 

それがある関西の方が私に全商品すべてプレゼントしてくれました。

 

昔の恋人に再び、あったようで私も涙涙でした。

 

その他にも昔の「アイビー」関連のファッション雑誌はたくさん残しております。

 

 

 

お客様から2018年、今年の「アイビー特集号」をプレゼントしてくれました。

 

 

大事にとっておいた、トラッドのバイブルと言われている「トラッド歳時記」「TAKE・IVY(テイクアイヴィー)」なんて懐かしいね。

 

 

裏にはたくさん専門書はありますが、一応わずかですがディスプレイとして現在、当店のショールームに展示をしております。

 

 

 

そういえば、高校時代「アイビー」「トラッド」が大好きで、「メンズクラブ」を毎月購入しては、むさぼるように、読みふけっていたよな・・・・。

 

今の方にはわからないかもしれませんが、50代、60代の人がこの本をご覧になると、きっと懐かしがるんじゃないでしょうかね。

 

 

アイビーのジャケットと言えば、「フォックス」の「フランネル」でしょう。

 

 

 

 

 

バンチブックから「グレンチェック」をチョイス。

 

早速、アイビーの昔のアイビーの型紙を引用した現代的な「アイビージャケット」を正確に再現いたしました。

 

アイビーのシルエットの定義をご紹介。

 

 

 アイビーのシルエット

アイビーの全体に長方形型のシルエットを表している。

 

つまり、肩幅がせまく、胸ダーツも入れず、本来ズン胴ですが、現代的な「アイビー」は一応ズン胴といいながら軽く絞りを入れております。

 

ディテール・デザイン

肩線
ナチュラルショルダーが身上です。

 

従って、肩幅は狭く、パットは薄く(時にはぱっとなしのこともあります)。

 

抵抗のない自然な流れるような線を出しています。

 

脇線
「ストレート・ハッキング」

つまりズン胴な線が現れてくる。それが為には、胸のダーツをはぶき、脇ぐせだけで形を整えます。

 

ボタン間隔
必ず3ボタンで、間隔は10.5センチから12センチまで。 着丈の長さによって変化させます。

 

ベンツ
背中の中央には、必ず馬乗り(ベンツ)を開けますが本格的にはフック・ベンツと行って、鎋型にドッグレッグした、持ち出しのついたベンツにします。

 

ステッチ
前端、ポケット口、フラップなどにはインチ巾のミシンステッチをかけるのが本来のジャケット。

 

 

ポケット

ジャケットの場合は胸ポケットはパッチで、脇ポケットはフラップ付きのアウトラインポケット。

 

裾のカット
いわゆるラウンド・アウェイといって、大きく丸く裁ち落とすのが特徴。

 

しっかり、アイビーのスパイスを施した現代的な「アイビージャケット」を制作いたしました。

 

どんなに時代が変わって、デザインがめまぐるしく変化をしても「アイビー」「トラディッショナル」は不変でファッションの基本です。

 

一度、アイビーのジャケットを制作してみませんか。

 

グーグルマップで店内が見られます。

 

https://goo.gl/maps/X1vb5Xmwcgn

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html