本日のお客様

 

イギリス王室御用達ファブリックメーカーの「モエスマー」コートコレクションからチョイスしてオーバーコートをご注文。

 

 

「英国王室御用達」ファブリックメーカー「モエスマー」オーバーコートコレクションの詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category7/moessmerovercoat.html

 

 


  ヨーロッパ、北イタリアの南チロル地方のローデンクロスを中心にした最高のオーバーコートコレクション「モエスマー」社。

 

モエスマー社は、北イタリアに位置し、南チロル地方のプステリア渓谷の美しい大自然のもとに小さな職人企業として、1894年創業されました。

 

 

 

 

当初は、ローデンクロスというチロル地方の紡毛織物独自の技術でしっかりと縮絨された、防水性と防風性に富んだ生地のみを生産しておりましたが、現在ではその技術を基に、北イタリアのブルコニコという小さな町で、48000㎡の敷地の中で約130名の従業員を有し、年間生産約800.000mを誇るメーカーにまで、発展をとげました。

 

 

原毛の繊毛、紡績、染色、織り、仕上げに至るまで自社で完結できるヨーロッパでも数少ない一貫紡の生地メーカーであります。


古くは、ハクスブルグ王朝御用達の生地メーカーであり現在では、LOUIS VUITTON(ルイビトン)・BRUNELLO CUCCINELL(ブルネロクチネリ)I・ARMANI(アルマーニ)・PRADA(プラダ) etcのナショナルブランドからも絶大な信頼を得ております。

 

メーカーであるので最高級素材でプライスも抑えめです。

 

モエスマー

ブークレ風のホームスパン・ツイードオーバーコート。

 

ブークレのように伸縮性があり生地の中にネップが入った「ホームスパンツイード」。

 

ホームスパンとは?

 

英語で直訳すると「家庭で紡いだ」と言う意味。

 

広義には、手で紡いだ太く節のある糸や、それで手織りにしたざっくりとした織物を言う。

 

他の言い方では「ソルド・アンド・ペッパー」とも言う。

 

「塩とコショウ」の意味で、塩とコショウを混ぜたようなネップの入った「霜降り調の生地」の総称を言う。

 

ネップの入った「ホームスパン」はおもに「ドニガルツイード」を代表するように、冬物の生地として定番ですね。

 

ネップが入ることにより、目ためがソフトで優しい雰囲気のレディースオーダーコートにするには最適なマテリアル。

 

そして、アーバン風の都会的でファンシーなオーバーコートをご希望の方には最良のコート地です。

 

無地からヘリンボーンに至るまで他を寄せ付けない圧倒的に個性的なコートを仕立てるには最高のファブリックです。

 

モエスマー
 
モエスマー
 
モエスマー

 

今回はレディースオーダーのステンカラーコート。

 

 

ホームスパンなのでネップが入ることにより、ややぼかしたソフトな雰囲気。

 

 

ブークレ風のホームスパンツイードでレディースのオーバーコートはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

グーグルマップで店内が見られます。

https://goo.gl/maps/X1vb5Xmwcgn

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html