本日のお客様

 

イギリス王室御用達ファブリックメーカーの「モエスマー」コートコレクションからチョイスしてオーバーコートをご注文。

 

 

「英国王室御用達」ファブリックメーカー「モエスマー」オーバーコートコレクションの詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category7/moessmerovercoat.html

 


  ヨーロッパ、北イタリアの南チロル地方のローデンクロスを中心にした最高のオーバーコートコレクション「モエスマー」社。

 

モエスマー社は、北イタリアに位置し、南チロル地方のプステリア渓谷の美しい大自然のもとに小さな職人企業として、1894年創業されました。

 

当初は、ローデンクロスというチロル地方の紡毛織物独自の技術でしっかりと縮絨された、防水性と防風性に富んだ生地のみを生産しておりましたが、現在ではその技術を基に、北イタリアのブルコニコという小さな町で、48000㎡の敷地の中で約130名の従業員を有し、年間生産約800.000mを誇るメーカーにまで、発展をとげました。

 

 

原毛の繊毛、紡績、染色、織り、仕上げに至るまで自社で完結できるヨーロッパでも数少ない一貫紡の生地メーカーであります。


古くは、ハクスブルグ王朝御用達の生地メーカーであり現在では、LOUIS VUITTON(ルイビトン)・BRUNELLO CUCCINELL(ブルネロクチネリ)I・ARMANI(アルマーニ)・PRADA(プラダ) etcのナショナルブランドからも絶大な信頼を得ております。

 

メーカーであるので最高級素材でプライスも抑えめです。

 

モエスマー

ブークレ風のホームスパン・ツイードオーバーコート。

 

ブークレのように伸縮性があり生地の中にネップが入ったオームスパンツイード。

 

アーバン風の都会的でファンシーなオーバーコートをご希望の方には最良のコート地です。無地からヘリンボーンに至るまで他を寄せ付けない圧倒的に個性的なコートを仕立てるには最高のファブリックです。

 

無地からヘリンボーンに至るまで他を寄せ付けない圧倒的に個性的なコートを仕立てるには最高のファブリックです。

 

モエスマー
 
モエスマー
 
モエスマー

 

 

今回オーバーコートのデザインは「バルマカーン」の「ラグランコート」。

 

通常の上着と同じショルダーのセットインショルダーに比べやや、楽に着こなせ、ビジネスはもちろんのことセーターの上からでも羽織るように切ることが出来る繁用性のある肩のデザイン。

 

 

昨年に比べ、今年はラグランショルダーが流行のようです。

 

 

今までと違った趣のラグランショルダーのオーバーコート。

 

ブークレ風のホームスパンツイードコートはいかがでしょうか。

 

 

スペシャルプライスの詳しい事はhttp://www.tailorwatanabe.com/special-price.html

 

 

グーグルマップでテーラー渡辺の店内が見られます。

https://goo.gl/maps/TBGgG6WZn1n

 

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

 
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html