本日ご紹介するコレクションはイタリーは有名ミルの「カノニコ」社からファッション雑誌を賑わせている今年大ヒット予想の「ブークレ織り」でファンシーなツイードオーバーコート。

 

 

「ブークレ織り」とははてなマーク

緯(よこ)糸にブークレ糸を用いて平織や綾織にした毛織物。

 

以前までは婦人服専用(レディース用)として主に使用し、ふっくらとしていてニットウェアの雰囲気を持つ絶妙にゴージャスなコート地。

 

ここ最近になって男性用としても使用されるようになった新商品。

 

「ブークレ織り」に使用する糸は芯(しん)糸に太い糸を巻きつけ別糸で押さえて小さな玉状の輪奈をつくった糸で,織ると布面に輪奈が出てアストラカン風になります。

 

再び「アストラカン」とははてなマーク
アストラハン地方に産するカラクール種の子羊の毛皮。

 

柔らかい巻き毛が特徴。

 

また,それに似せてつくった毛長のパイル織物。

 

ようするに、ニットウェアの雰囲気を持つ絶妙でゴージャスなジャケット用マテリアルなのです。

 

今回は「カノニコ社」がウェイトも重い本格的なオーバーコート用として制作されました。

 

 

オーバーコート用らしく伸縮性があり大変柔らかな肌触りで着心地も良く、擦れても摩擦しにくい耐摩擦性の特徴を持っています。

 

今回のファブリックのウェイトは550gで、柔らかな色合いのヘリンボーン柄・千鳥格子で構成し、大変モダンです。

 

 

 

また、ブークレ・ヤーンがチェックやマイクロ・デザインをぼかしているため抽象画のような躍動感をもたらし上質な生地の美しさと個性を引き立てます。

 

今回制作しての感想は、目起毛しているせいしょうか目着ているとまるで小動物の音譜「ウサギ」音譜を抱いているような、肌触りが想像以上にと~っても滑らかで、ラブラブ気持ちがいいですラブラブ

 

どの色のファブリックで仕立ててみてもと~ってもお洒落な時代を先取りした、都会的でアーバン風なタウンコートになりますし、ビジネスにしても問題なく使用可能です。

 

当店にサンプル用として常時、展示しておりますのでどうぞご来店いただき素敵なオーバーコートをご覧ください。

 

 


ラブラブレディースも素敵ですよラブラブ

 

次のご紹介商品はダブルフェイス

表側と裏側が違う柄のダブルフェイス。

 

アンコン仕立ての場合、発揮する素材です。

 

アンコン仕立ての詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/unconovercoat.html

 

 

次の商品は雨や雪の場合、ぬれずにすむオーバーコート地。

 

どの商品も、オーバーコート地には最良の素材です。

 

これから寒くなる冬に向けてオーバーコートを仕立ててみませんか。

 

 

スペシャルプライスの詳しい事はhttp://www.tailorwatanabe.com/special-price.html

 

 

グーグルマップでテーラー渡辺の店内が見られます。

https://goo.gl/maps/TBGgG6WZn1n

 

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

 
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html