「テーラー渡辺」ではまたひとつ、ニューコレクションが入荷いたしました。


その名は「フィンテックス・オブ・ロンドン」。


昔から「フルハンドメイド」を経験されておられる方でしたら、間違いなくご存じの最高級マーチャントブランド。


「FINTEX(フィンテックス)」といったら、○越、高○屋、伊○丹の超有名デパートの特選品コーナーのショーケースに大事に大事に展示されていた、あこがれのファブリックでしたよ。





FINTEX of LONDONは

1881年にイギリスで創設されました。

ファミリーで始めたFINTEXは優れた英国製の紳士の衣服として世界中の名門テーラーや、有名ブランドメーカーに取り扱われており、欧州の王侯貴族の方々を始め世界中のVIPからも「フィンテックス」を絶賛され、そして愛されております。



最高の品質を提供することにだけこだわることが、誰もが認めるワールドリーダーとしてその地位を確かなものにしました。


そして1990年には、FINTEX of LONDON は輸出における偉大な業績をたたえられ、「英国クイーンズ・アワード」の栄誉を受けました。



すべてが数百年にわたる織物の知識と経験が宿る英国の中心で作られており、たぐいまれな品質を確かなものにしています。


FINTEXの服地で作られたスーツは、ノーブルで気品をもった仕上がりで、あなたの人生に喜びをもたらすでしょう。



今回ご紹介するコレクションは高級服地発祥の地、英国でファッションの正統派を貫くスーツ地。

それはイングリッシュ・フィンテックス(ENGLISH FINTEX)です。


伝統を守りながらも新しいデザインや上質な素材を追及し続けているフィンテックスならではのコレクション。


ウェイトが235g、290gのSUPER100'sを用い、オール・イヤー・アラウンド。
つまり一年中、シーズン問わずに着用可能なコレクションです。




色柄は「FINTEX」のステイタスを踏襲しているオーソドックスなブラック、ネイビーやグレーをメインカラーとし、無地・ストライプ・ヘリンボーンのベーシックなパターンで信頼のおけるクラシックなデザインで構成されています。


当店に寄って、この最高品質のコレクションをご覧になってみてはいかがでしょうか。


昨年8月8日発行「オーダーメイド・ガイド2」に「テーラー渡辺」の記事が掲載されました。

詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/ordermadeguidegapjapan.html
昨年3月1日発行の「カンパニータンク・インタビュー」についてはこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/companytankjouhousi.html


当店が載っている「東京オーダーメイドガイド」のホームページが開設されることになりました。
http://ordermadeguide.com/tailor/


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html





AD



「スキャバル」新コレクションの中に「イートン」コレクションがあります。





ETON(イートン)

各界に多くの著名人を輩出している英国一の名門カレッジ『ETON(イートン)』。


その誇り高いETON校から名をとったこのコレクションは、知性とファッション性に溢れた都会の紳士をイメージして創作されました。



数あるスキャバルコレクションの中でも非常に人気の高い、真髄とも言えるコレクションです。滑らかなドレープ性をもつスーパー130s'ウールのミディアムウェイトの280gと長期間着用していただけるクオリティに仕上げました。


スマートでファッショナブルなストライプやシャドーストライプ、控えめで上品なソフトチェック、ピックアンドピック(=ピンヘッド)や無地調など、伝統を大切にしながら現代性も表現した繊細でニュアンスのあるデザインが揃っています。



控えめなネイビー・グレーのダークカラーを中心に、淡いブルーや鮮やかなネイビーは他とは一線を画すスタイリッシュな着こなしをお楽しみ頂けます。


力によって生み出された今回の『MAJESTIC』。


数々の著名なラグジュアリーブランドと共有した歴史、そして現代的なファッションセンスを十二分に感じることができる仕上がりです。


デザインは「ネオブリティッシュモデル」

古きよき英国(グレート・ブリテイン)に回帰してクラシックなサヴィルロウ風をイメージしたデザイン。
通常よりも大きくシェイプされたウェストラインが現代にはとても新鮮、そして構築的に作りこんだ肩回りなど、男性的な美しさが引きたつデザインでもあります。
袖のダブル・カフスを美しく見せるフレアースリーブで、今注目の完璧なモデルです。



「ネオブリティッシュモデル」において特徴的なのがピークドラペル。


厳格な英国人らしく「ネオ・ブリティッシュモデル」のピーク衿はしっかりと鋭角なピーク衿にしました。そのことにより全体的にシャープな印象に見えるスーツになりました。



スキャバル、コレクションに関する事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/scabal.html


昨年8月8日発行「オーダーメイド・ガイド2」に「テーラー渡辺」の記事が掲載されました。

詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/ordermadeguidegapjapan.html
昨年3月1日発行の「カンパニータンク・インタビュー」についてはこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/companytankjouhousi.html


当店が載っている「東京オーダーメイドガイド」のホームページが開設されることになりました。
http://ordermadeguide.com/tailor/


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html



AD



2014年秋冬物コレクションにおいて、 ドーメル社は新たに撥水加工を施したシンプルな無地コレクションを開発いたしました。


トレンドのホップサック、ツイルそしてシャークスキン織りで取りそろえております。


〈アイコニック ナノ〉はオーストラリアのウール協会の協力を得て開発された2014年春夏の新コレクションアイコニックに続いて、更に革新的な服地を追求しフィニッシング方法を改良することで生まれました。



通常のテクノロジー仕上げは繊維粒子に直接加工を施す為、通気性を保ちながらも撥水効果をもたらし、水滴が服地の表面を転がり落ちる程の威力を発揮します。



又、汚れの付着も防ぎ、環境にも影響の無い加工材を使用している為、服地を水、汚れから守るだけでなく環境を守る新しいエコロジー技術にもなっております。



また織りを改良したことによりスーツ、ジャケット、パンツそしてレディースウェア、スプリングコートにも最適な服地となっております。


「アイコニック・ナノ」でスーツを一着いかがでしょうか。


「ドーメル」秋冬物コレクションに関する詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/do-meru.html


昨年8月8日発行「オーダーメイド・ガイド2」に「テーラー渡辺」の記事が掲載されました。

詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/ordermadeguidegapjapan.html
昨年3月1日発行の「カンパニータンク・インタビュー」についてはこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/companytankjouhousi.html


当店が載っている「東京オーダーメイドガイド」のホームページが開設されることになりました。
http://ordermadeguide.com/tailor/


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html



AD



本日、ようやく自分着用の「ダイドー・リミテッド」「インペリアル・ゴールド」の三揃えを仕立て上がりました!!


「インペリアル・ゴールド」「服地の皇帝」。


その名にふさわしく、他に類を見ない最高の品質と品位。




この服地で仕立てる事が出来て、私は最高に夢のような気持ちです。

それはなぜか。

私が若い頃、この服地が登場した当時、服地メーカーの二大双璧である「御幸毛織」の「ナポ○ナ」に対抗してこのコレクションが出たのです。


当時は「服地の最高峰」と言うことで一着につき大変高価な金額で取引していた品物でした。(当時のことを知っている方でしたら、ご存じの通りフルハンドメイドでシングルスーツ・オーダープライス¥380000以上はしていたはず・・・・。)


今回「ダイドーリミテッド」のある倉庫に眠っていた品物を放出することになり、現在このコレクションは生産が中止している事もあって、国内では現存する最後の最高級服地として販売することになりました。




ライニングはサンドストーム(砂嵐柄)のようなジャガード織りのキュプラ裏地。



今回のスーツ、フラワーホールと、袖の一番下を「ショッキングピンク」にて「ハンドメイド」で仕立ててみました。



なかなか綺麗なボタンホールになったようです。



素材も良いから仕上がり上々。


皆さんも仕立ててみると良いですよ。


この服地も品切れになれば今後織ることもないので、この機会に是非。



「ダイドー・リミテッド」「インペリアル・ゴールド」特別価格にてお仕立ていたします。の詳しいことはこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/daidhlimitedimpeialgold.html


昨年8月8日発行「オーダーメイド・ガイド2」に「テーラー渡辺」の記事が掲載されました。

詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/ordermadeguidegapjapan.html
昨年3月1日発行の「カンパニータンク・インタビュー」についてはこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/companytankjouhousi.html  


当店が載っている「東京オーダーメイドガイド」のホームページが開設されることになりました。
http://ordermadeguide.com/tailor/  


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  







タリア ディ デルフィーノにおいて最高級マテリアルに相応しいニューコレクション「Capolavaro」。


只今、売れております!!


タスマニアンウール100%驚異のスーパー160s'の糸で織り上げているオールシーズン可能の最高素材。

軽くしなやかな素材で、先染めの色糸の繊細な発色で微妙な光沢感、ドレープも表現しています。



写真をご覧になっていかがでしょうか。


素晴らしいドレープ、たわみは半端ない凄さがありますよ。

クオリティーは最上級で糸目の細かさでその肌触りは卓越した滑り感があります。


何とも言えない肌触りでしょう。


スーパー160s'の繊細さから皺になり難いとは言えない難点がありますが、復元力は高く、少しの湿度を加えれば一晩つるしておくだけでノーアイロンで皺が消える優れた素材。


通常スーパー160s'であればハイプライスになりますが「タリア ディ デルフィーノ」は自家工場を持つミルがゆえに低価格により販売できるのです。



この生地でオーダースーツをお仕立てするとノーブル(高貴な)な雰囲気の高級スーツになりますよ。


カードサンプルを収納した豪華なバンチ・ボックスにて展開致します。


色柄は全30色柄。


あなたも一着いかが。


「タリア ディ デルフィーノ」に関する詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/taria.html


昨年8月8日発行「オーダーメイド・ガイド2」に「テーラー渡辺」の記事が掲載されました。

詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/ordermadeguidegapjapan.html
昨年3月1日発行の「カンパニータンク・インタビュー」についてはこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/companytankjouhousi.html  


当店が載っている「東京オーダーメイドガイド」のホームページが開設されることになりました。
http://ordermadeguide.com/tailor/  


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  







昨日、某テレビ局から番組の出演依頼がありました。


ちょこっとしたコーナーの話ですが当店を取り上げてくれるそうです。


10月、11月に雑誌の掲載もあったりで当店を取り上げてくれるのは、ありがたいことです。


あと、来年の1月にも、3ヶ月にかけて続けて雑誌の掲載依頼の話があるようです。


本日のお客様

「ホーランド&シェリー」「スーローン・スクエア」コレクションからチョイスしてオーダースーツをご注文。





【ホーランド&シェリー】のスーローン・スクエアはロンドン特別区内の公園でその周辺エリアは世界的ファッションブランドの店舗やロンドン屈指の高級住宅街、チェルシーとベルグラヴィアといった閑静なアパートメントが建ち並ぶ高級感溢れる町並みとなっています。




英国ファッションや流行で使用されるスローニーやスローン・レンジャーといった造語の由来にもなったエリアの総称でもあります。





その名前を冠したこの品質は250g~280gの100%スーパー130s'ウーステッドの高級合素材です。目付より爽やかさを感じる素材で、しっかりした打ち込みでも細番手のスーパー130の柔らかさを十二分に活かした高級スーツ地です。

今回は裏地はオフィシャルライニングでお仕立て中。


しかも色は紫。


衿穴の「フラワーホール」を「青紫に」

袖釦を本空きにしてしたの色を「青紫」にして欲しい。

とのご要望。



「ハイグレード縫製」なので「ハンドメイド」でボタンホールをかがりました。




とってもおしゃれな一着になりました。


昨年8月8日発行「オーダーメイド・ガイド2」に「テーラー渡辺」の記事が掲載されました。

詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/ordermadeguidegapjapan.html
昨年3月1日発行の「カンパニータンク・インタビュー」についてはこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/companytankjouhousi.html


当店が載っている「東京オーダーメイドガイド」のホームページが開設されることになりました。
http://ordermadeguide.com/tailor/


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html





秋田県からシーズン毎に当店にご来店いただき、ご注文なさるお客様。


先日「ドーメル」秋冬物コレクションの中で「ヴィンテージ スポーテックス」をご興味をお持ちになり、メールで「そのサンプルをブログで掲載して欲しい」。とのご要望。


早速、写真撮影をして載せました。




「ドーメル」「ヴィンテージスポーテックス」は1922年にドーメル社より発表された誇り高い歴史をもつ〈SPORTEX〉に、耐久性を失うことなく現代的な軽さ(380/12.5oz)を実現する改良を加えました。



重圧感が漂うこの服地は日本市場でのトレンドを意識したデザインとなっております。捻糸を用いたグリーンカラー、ストライプなど厳選した6色柄を展開します。




ややかすれた、クラシックな雰囲気を持った「ヴィンテージ スポーテックス」。


その6色全部です。


秋田県の○○様、いかがでしょうか。


ドーメル秋冬物コレクションの詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/do-meru.html


昨年8月8日発行「オーダーメイド・ガイド2」に「テーラー渡辺」の記事が掲載されました。

詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/ordermadeguidegapjapan.html
昨年3月1日発行の「カンパニータンク・インタビュー」についてはこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/companytankjouhousi.html


当店が載っている「東京オーダーメイドガイド」のホームページが開設されることになりました。
http://ordermadeguide.com/tailor/


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html







本日はスーツ、ジャケット、そしてコートに最適なコレクション。

HERITAGE FLANNEL(ヘリテージ)フランネル。

〈FN1001〉シリーズをご紹介。


原毛は若い羊の毛のみを使い。ショートタイプの65mmの長さに切り揃え糸を形成しています。


フラノ用として作られたこの糸は毛羽を出しやすく起毛加工に適しています。



また起毛商材の天敵である毛玉(ピリング)も置きにくいという点があります。



従来のミルド加工に特殊な起毛加工。


強縮絨加工等を添加して防しわ性をアップさせると共にソフトな風合いとフォーム感を表現しています。



〈FN1001〉は54番双糸で450g/mに設定しています。


スーツブレザーパンツにはもちろん一番適している「オーバーコート」には最適です。


色は全商品10色からを選んでください。


昨年8月8日発行「オーダーメイド・ガイド2」に「テーラー渡辺」の記事が掲載されました。

詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/ordermadeguidegapjapan.html
昨年3月1日発行の「カンパニータンク・インタビュー」についてはこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/companytankjouhousi.html


当店が載っている「東京オーダーメイドガイド」のホームページが開設されることになりました。
http://ordermadeguide.com/tailor/


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html










本日のお客様


「ホーランド&シェリー」から「クラシック フランネル」コレクションからチョイスしてオーダースーツをご注文。


英国高級服地マーチャントのホーランド&シェリー社は、1836年にロンドン、ボンド・ストリートにて創業され、170年の長きに渡りその高品質な服地を提供しております。

現在の本社はスコットランド、エジンバラ近郊のピープルズと言う町にあり、ロンドン、サビルローにはロンドン営業所、また世界50カ国に直営の現地法人か専属契約の総代理店を設け全世界に向けその多彩な服地コレクションを輸出しております


また英国内外に直営の織物工場も有し、服地のみならずインテリア素材など多岐に渡る事業を展開しております。



濃紺色のチョークストライプがら。


ライニングは山吹色のペイズリー柄。


アダルトな雰囲気でとってもお洒落な一着になりました。


昨年8月8日発行「オーダーメイド・ガイド2」に「テーラー渡辺」の記事が掲載されました。

詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/ordermadeguidegapjapan.html
昨年3月1日発行の「カンパニータンク・インタビュー」についてはこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/companytankjouhousi.html


当店が載っている「東京オーダーメイドガイド」のホームページが開設されることになりました。
http://ordermadeguide.com/tailor/


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html








フォックス ブラザーズ社は1772年。

トーマス・ファックスという人物によってに英国・南西部のウェリントン・サマセットで「フォックス・ブラザーズ」として創業した老舗のミル(自家織元を持つ会社)です。


また、第一次大戦時には英陸軍のサプライヤー契約を獲得し、カーキ色のウール地を大量納入していたと言います。


しかも、この「フランネル」と言う名前も1950年代までは商標権を保持していたほどの織り元です。


同社を代表する「フランネル」は、サヴィルロウのテーラーの間では定番の冬物服地として長く愛されてきました。


そして英国の王室「ウィンザー公」。映画俳優の「ケーリー・グラント」なども「フォックス・ブラザース」のチョーク・ストライプのフランネルで誂えたスーツを愛用していたことで有名です。


あの「ウィストン・チャーチル」も、ここのチョークストライプのフランネルを着ていましたっけね。


昨年、イギリスはサビルロウにあるあの有名な「ヘンリープール」に飾っていた「チャーチル」のダブルのスーツも「フォックス・ブラザース社」だったしね。


今回のお客様、濃紺色でお仕立て、スーツにもブレザージャケットにも使用できる応用範囲のある一着になりました。



ライニングは「リアブラウン&ダンスフォード」赤のペイズリー柄でお仕立て。


衿穴の「フラワーホール」は赤のペイズリー柄と同じワインレッドにご指定。



「ハイグレード縫製」なので「ハンドメイド」でかがりました。


最後の止めはピンク色のご希望。


うまくバランスよく仕立て上がりましたね。


「フォックスフランネル」特別価格に関しての詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/foxflannelspecialprice.html


昨年8月8日発行「オーダーメイド・ガイド2」に「テーラー渡辺」の記事が掲載されました。

詳しい事はこちらまでhttp://www.tailorwatanabe.com/category1/ordermadeguidegapjapan.html
昨年3月1日発行の「カンパニータンク・インタビュー」についてはこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/companytankjouhousi.html


当店が載っている「東京オーダーメイドガイド」のホームページが開設されることになりました。
http://ordermadeguide.com/tailor/


テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html