「人が人をつくる」 ネッツトヨタ南国研修 | 京都ビスポークのオーダースーツ日記 [Tailor Room]

京都ビスポークのオーダースーツ日記 [Tailor Room]

小さなお店にオーダースーツの楽しさ満載!!そんな京都烏丸三条にあるビスポークテーラー 【 京都ビスポーク 】 の日々を綴るブログです。


テーマ:

こんにちは、京都店 酒井です。 私達は先日、四国にございます「店内に1台も車がないショールーム」で有名なネッツトヨタ南国様へ、代表 髙橋・堂島 八木橋店長・京都店 酒井・間宮、そして私で研修に行ってきました。

 

 

 ネッツトヨタ南国とは、四国高知県 高知空港から約30分のロードサイドにあるトヨタ車を販売するディーラーです。車が売れないこの時代に売れに売れているという、一風変わった独自のお客様サービスを行うカーディーラーで、これまで数々のメディアに取り上げられてきました。

 

全国のトヨタ販売会社(約300社)の中で、顧客満足度がダントツ日本一を誇るディーラー(会社)なのです。その独自のサービス方法や経営理念を世に広めるべく、企業向けに勉強会や研修会も日々行われています。

 

何故、今回ネッツトヨタ南国の研修に参加したかと言いますと、私達の日々のお客様のためのサービスを今一度見つめなおすため。一度頭をほぐし客観的に見る事でいつもの自分達のオペレーションをさらみ磨きをかけ、より快適にお客様に感じていただけるよう本物の従業員満足から生まれる個々の自主性が生み出すネッツトヨタ南国さんの皆様から刺激をもらう為に研修に行きました。

 

 

 

京都ビスポークのお客様からこんな事をよくお聞きします。

「いつ行ってもお店が混んでて…」

「いつもバタバタしているので、落ち着いて接客を受けたい」

「混み合っている時の採寸までの待ち時間が1~2時間と長い」

「店内に物が多く、圧迫感がある」

 

 

京都ビスポークの立ち上げ当初(約7年前)は、まだオーダーが今ほど一般的でなく、イタリアンクラシコなどが一般化してきたころだったと思います。その当時、私は東京のオーダーサロンで勤務しておりましたが、思い返せば当時の日本はここまでオーダースーツ業界は忙しくなく、服に拘りがある人々がオーダーをすると言う時代だったと思います。 

 

 

 

オーダースーツが普段の既製服を買う感覚と同じくらい手頃になった昨今、京都ビスポークオープン当初の来客数・注文数からは桁外れに増え、今の店舗規模では間に合わなくなってきました。 しっかりとした良質なご案内ができるようにと、大阪 堂島店・2年前には三条店をオープン致しましたが、しかしながら京都店・堂島店のご来店数も幸せな事に年々増え続けております。

 

代表 高橋の意志や採寸技術、経営理念を受け継いだスタッフは限られた人数の為、混み入った小さな店内では全てのお客様に均等にオペレーションが出来なくなる状況が続いております。たくさんの寛大なお客様から許しとご理解をいただき甘えさせてもらい、今までその状況をなんとか乗り越えてきました。

 

その為、人手が足りずスタッフの人員配置の都合上、三条店は一時的に閉めていることが多く、皆様には大変なご迷惑をおかけしております。 数年前から店舗開発の話し合いは続けられておりましたが、しかしながら私達にとって思い入れのあるこの地を去るのではなく、あくまでもこの地をベースにお店を構え、運営の形を時代に合わせアジャストさせながら、選ばれたスタッフ数名でこの地で営業をしていく事を選びました。 

 

 

 今の時代、携帯やパソコンでたった5分で服が買える時代です。 そんな中、私達が日々目指すのが「あなたから買いたい」と思っていただけるご案内です。 本当の仕立て服はインターネットでは買えません。人の手を通じ人の心を通じお客様に仕立て服の良さ・なぜ身体に合わせるのか?と言う理由・身体に合わせるとどんな良いことがあるのか?というメリットを、私たちはお客様にお伝えしたいと思います。 私達のご案内で新たな発見をしていただき、共感をしていただき、体に服を合わせる事で見栄えや着心地が変る・仕事や生活が変る など色々な視点からの「変わる」良さを体感していただきたく思います。

 

 

 さて前置きが長くなりましたが、ネッツトヨタ南国が実践されている事とは、「人が輝く職場づくり」です。

新入社員時から新入としてではなく、 「1人の経営者」 としての目線を持たせる教育をされております。上司先輩から言われてサービスを行うのではなく、自ら考え「どうしたらお客様が喜んでくれるか」を1人の経営者の目線で考えます。

それを繰り返すことで、感性が研ぎ澄まされ視野が広くなり、スキルも上がります。

 

しかし右も左も分からない新入社員に 「経営者の目線」 でと、いきなり言われても難しい事です。 まず社員がその考えを持てるようになる為に、日々の仕事にやりがいや価値を感じ職場を好きになってもらえるよう 「心が通い合う職場作り」 を目指し、定期的に新入主導の全員参加イベントでコミュニケーションを図るほか、個人行動を少なくしチームで動く、皆で共感できる大きな夢や目標を持つ など思考のベクトルを合わせ協調性を高め、個々の能力を十二分に引き出せるような取り組みをされております。

 

店内で働かれているスタッフの方々はその思いが根付いていて、背筋がピンと伸び自発的に行動し、疲れ知らずのとても美しい笑顔をされていました。 京都ビスポークの4倍以上はあろう広い店内が 「自分たちの部屋」 のように見え、そこに私達が招かれたように思えるほど、働いている姿が楽しそうで活き活きとしてました。

良い環境や物を作り上げるのは決して機械ではなく、やはり「人」なんだなと再確認致しました。

 

 

 そしてネットトヨタ南国の会社施設として事業所の隣に保育所を作り、ネッツ在職者や近隣の方々のお子様を預かり、保育園も運営されております。 出産後、勤務時間の都合上転職をせざる負えない方々もたくさんいる中、仕事復帰を歓迎してくれる会社の風土はとても素晴らしく、在職者からすると安心をして長く働ける環境だと思います。 年々この会社で働きたいと言う希望者が増え続けているのがよくわかります。

 

組織も輝ける未来と職場作りを目標とし全面的にバックアップする構図は、良い人財を育て、良い会社を作り、良い店を作る。

そしてお客様と互いに尊敬の感情で繋がり合い、自分の存在価値をそこで改めて実感する事ができます。

 

 

 

 京都ビスポークに今いるスタッフは、服が好きでその思いを人に伝えたい者ばかりです。 高橋の仕立て屋に対する思いと、専門的な知識教育を理解・共感した者がお店で働いております。私がいつも思うのは、服飾業界・美容業界などのファッション業界全般は、専門職でありながら日常生活の中に自身の仕事の要素を最も取り込める職種だと思います。 ある種自分達の趣味も色濃く含まれた仕事だと思いますので、「服は好きではない、しかし仕事だから仕立て屋さんで働く」と言う気持ちを持っていては、京都ビスポークのスタッフは務まらずお客様にお店の姿勢や情熱は全く伝わりません。 常に私達が熱くいる事が大切です。
 

 

 今回の研修ではネッツトヨタ南国のスタッフ皆様の輝く姿を見て、自分自身の足りない所を探す手助けをしていただきました。 京都ビスポークで働く上でスーツを通じどのようしてお客様の幸せに貢献できるか、会社に貢献できるかを考えさせてもらえた刺激的な1日でした。

 

 

 

ネッツトヨタ南国
高知本店:高知市南川添4-28
TEL:088-884-5110(高知本店代表)

http://www.vistanet.co.jp/

 

 

 

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

誰もが手にすることができる安心な価格で思う存分オーダースーツの楽しさ素晴らしさ、

そして身に着ける醍醐味を知ってもらいたい…それがKYOTOBESPOKEのコンセプトです

 

オーダースーツ お仕立て上り価格 38,000円+TAX~(basicline)

オーダーシャツ お仕立て上り価格  5,800円+TAX~(basicline)

 

オーダースーツとオーダーシャツ専門店 京都ビスポーク

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

京都ビスポークさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります