太江寺が建立された山は、歴史的に見て非常に重要な

意味を持つ音無山という場所です。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、重要かと言いますと、倭姫命天照大神様と共に

今の伊勢神宮の場所へたどり着く前に、倭姫命が地元の

氏神様の佐見都日女命(さみつひめのみこと)と共に

どうしても禊の為に登る必要があった山とされているからです。

 

 

 

 

 

 

 

その時、佐見都日女命が一言も言葉を発することが

なかったので、その静かな姿を見た倭姫命が

「音が無い、、、」

と感じ、音無山、と名を付けたと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

その音無山と神宮へ続く五十鈴川の接点に

建立される太江寺は、伊勢西国三十三所観音巡礼

の第一番に指定されております。

 

 

 

 

 

 

 

この第一番の意味するところは、実は

禊の地として、伊勢神宮へ行く前に

太江寺で禊を済ませてから行く

その為の「第一番」となっており

 

 

 

 

 

 

現在では、伊勢神宮へ参拝する順番は

 

 

 

 

 

 

伊勢市二見町の二見興玉神社で禊をし

次に神宮(伊勢神宮は正式には神宮と言います)

最後に朝熊山の金剛證寺(こんごうしょうじ)

へ参るのが正式参拝とされていますが

 

 

 

 

 

 

 

実は、二見興玉神社の元のお社は

ここ、太江寺にあります。

 

二見興玉神社と共に、ここ、太江寺へも禊の地として

神宮参拝の前に、ぜひお立ち寄り頂きたい場所である

と皆様へお伝えします。

 

 

 

 

 

 

その音無山の裾野には、もう一つ、伊勢市二見町の

大事なテーマパークがあります。それが

伊勢忍者キングダムです。

 

 

 

 

 

施設内は、遊べる、体感できる、食事が出来る、癒しもある

場所が盛り沢山で、一日中遊べる内容となっています。

 

 

 

 

 

 

その伊勢忍者キングダムにて、音無山の大切さ

そして、日本の大切さを音楽で伝えようという

非常に重要なイベントがありますので、お知らせ

致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

HEAVENESE(ヘブニーズ)というツインボーカルのバンド

が演奏に来ます。プロフィールはこちらダウン

【 HEAVENESE(ヘヴニーズ)】

2012年10月、シーラ ・Eが⽴ち上げたStilettoflats Music (米国)より世界デビュー。

グラミー賞9回受賞のゴスペル界のキング、アンドレ・クラウチが
唯一プロデュースを手がけている『世界でたった一つのエンターテイメント一座 』。

ツインボーカルのマレ&クミコを中⼼に、ドラム、ベース、キーボード、サックスなどの洋楽器に、
尺⼋、篠笛、和太鼓、津軽三味線などの和楽器を加えた総勢14名によって構成されている。

さらに殺陣や忍者、在米黒人ラッパーやタップダンサーなどが加わり壮⼤なステージが創り上げられる。

千古不易の日本のソウルと、HIP HOP / R&Bが融合し、GOSPELのスピリットで紡ぎ出されるマジックがここにある。
 

2011年の東日本大震災への支援活動にも取り組んでおり、被災地での演奏をはじめ、
2011年から3年にかけて続くアメリカツアーにおいても岩手県陸前高田市の後援を受け、
世界に向けた被災地の情報発信の一端を担っている。>>> Send LOVE Project

 

 

 

 

 

 

伊勢忍者キングダムのご紹介

 

 

 

 

詳細は後援会CLUB HEAVENESEに掲載されています。

 

 

 

 

ぜひ、禊の地としてまずは太江寺へお越しいただき

伊勢忍者キングダムにて遊び、そして

神宮参拝へもお越しください。