朝起きた時、時々「あれ?ここはどこ?」って思うことがあります。

 

三拠点生活(東京・福井・軽井沢)をしていると、移動した次の日とかは特に。

 

昨日もそうでした。

おとといの夜、軽井沢に移動してきたばかり。

 

そうして「ああ、軽井沢にいるんだ。」と思うと、自分の中に新しい空気が入ってくるような清々しい気持ちになります。

 

軽井沢に家を借りたのは、東日本大震災の後。

東京でフリーランスとして働くジャーナリストの夫とイラストレーターの私は、東京でもし災害があったら、仕事場も家も失ってしまいます。

さらにその頃は大型犬と小型犬の2匹を飼っていたので避難生活も大変・・だからリスクを減らすために借りたのです。

 

軽井沢に来ても、もちろん仕事はしていますが、打ち合わせなどがないので、じっくり考える時間がいっぱいあって、夫は本の執筆などもはかどるようです。

 

私は今回、東京での予定が入っていたので、夫より2日遅れで軽井沢到着。

急ぎの仕事が入ったのでそれをやります。

挿絵の仕事ですが、線画なので先日手に入れたばかりのiPad Proが活躍してくれます。

 

 

こちらはまだ雪が残っています。

おとといの夜、軽井沢駅に着いたらみんなまだダウンジャケットを着ていました。

 

軽井沢の春はもう少し先のようです。