最強の参考書の選び方 | ”偏差値40”からでもたった5か月以内で『65』に!難関大学に余裕で『現役』合格できる!!受験生の99%が知らない勉強のエッセンス

”偏差値40”からでもたった5か月以内で『65』に!難関大学に余裕で『現役』合格できる!!受験生の99%が知らない勉強のエッセンス

『どんな忙しい生活の中でも、1日たった30分であなただけに、超高校級の勉強力を骨の髄の髄まで全て差し上げます。』

んにちは。 さかぐちです。



今回はあなたに
あなたにとって最高に力強い、
最後まで味方の参考書の選び方を伝授します。



僕はかつて、参考書学習において、
最大の間違いを犯していたんです。



あなたがこれを知っていれば、
僕のような間違いは犯すことはありません。



しかもその参考書はあなたにピッタリの、
いつでも使える参考書になります。



愛着もわくし、受験当日に持っていけば、
あなたを知識的にも精神的にも支えてくれる
ことでしょう。



この参考書1冊でもあなたは
十分合格レベルになり、友達からも
賞賛の嵐です。



普段のテストでも最高点を続々と取れるし、
あなたの友達はあなたに参考書の選び方
を教えてもらおうとするはずです。



自分に合った参考書を得ることで、
あなたは参考書を隅々まで読むようになり、
参考書から読解力も得ることができます。



あなたは取るのが難しいはずの国語の点数を、
他の教科の勉強で上げることができるように
なるんです。



特に勉強もしていないのに点数が
上がるのを想像してみてください。



不思議に思うと同時に、
自分はできるんだと自信が湧いてきます。



あなたの急激な成長を
周りも不思議に思うはずです。



社会人になると今度は自分にあった
仕事をさがすんですが、



参考書とか情報選びが得意な人は、
総じて仕事選びも確実で、
最後まで通してできる仕事を手に入れてます。



ですが、もし知らなければ、
あなたは僕と同じような間違いを
してしまっているはずです。



その参考書は決してあなたの味方には
なりません。



そのうち他の参考書と同じように、
その本も読まなくなります。



なぜかというと、あなたがその内容を
理解できないからです。



難しい内容というわけでなく、
表現法や、その他書き方が
あなたに合っていないのです。



当然成績は上がりません。



それどころか参考書選びに悩んでいる間、
あなたの成長はストップします。



周りからも「大丈夫か…?」
と心配されながら言われる日々です。



そんなことを言われながら過ごす受験生活は
いやですよね?



参考書選びに悩む時間があるなら
もっと成長したいですよね?



大学にまわり道せず合格したいですよね?



悩む時間は今回の僕の記事で
0にしてください。



そうすればその時間、あなたの成長は
2倍に増えます。



そのための方法とは、



1.あなたがしたいことを決めて
それに関して最適の
参考書を選ぶ。



あなたは、参考書を使って、ものごとを
理解したいですか?暗記に役立てたい?
それとも問題を解きたいですか?



そのあなたの欲望を1番満たす参考書を
選ぶようにしてください。



なので、絶対に内容を確認してください。




2.自分が読んでいて楽なものを選ぶ。



どれだけいいことが書いてあっても、
読むのが苦痛ならあなたは絶対に
読まなくなります。




デザインだったり、ポイントの書き方だったり、




もちろん内容のレベルが、あなたに
あっているかどうかも必須です。




最初書いた僕の失敗とは、




表紙とかに書いてある「絶対100点!!」とか、
「必ず分かる」とかいう売り文句だけを見て
買ってしまっていたことです。




実際買って中身を見て1ヶ月もしないうちに
本棚の肥やしになった本が何冊もあります。




あなたにはそんなお金の無駄遣いはしてほしく
ありません。




あなたに合ったものだけを
合った数だけ買ってほしい。




だからまず今すぐ、
あなたが買う参考書で何をしたいのかを
決めてください。




では今回はこのあたりで終わります。




最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!!!