目の前の扉が 閉ざされる時
必ず別の扉が 開かれます

何かを失わなければならなかったのは
あなたが これから 
もっと必要な何か
特別な何かに出会うからです

そして 
その何かと出会ったとき
これまでのすべてが 
起こるべくして起きたのだと知るのです


( しみず たいき )
 


 
すでにお正月気分も消えて、
これからだと感じてる人も多いと思いますが、
2019年 あけましておめでとうございます🎍


2019年は 元号が変わりますが、古来、天皇即位から大嘗祭までの天皇は半天皇とよばれ、半天皇が天皇になる儀式が大嘗祭です。
 
そして 今年の大嘗祭からはじまる 新しい時代は 新たな26,000年のサイクルの開始の大きな節目であり、物質文明を支えてきた8の龍と今後 精神文明を支えていく9の龍のタイムラインが交差します。
 
龍蛇族の頂点にいるアヌンナキ(8のエネルギー)が最も恐れたのが 日本のアラハバキ(9のエネルギー)と云われています。(以前の日記 〜火星人の支配を止めたユダヤ人と日本人〜を参照)
 

(注:龍の起源は この宇宙に拡がる螺旋のエネルギーの総称であり、この螺旋のエネルギーに人間が意味をつけたものが龍です。)





▼.大嘗祭に祭られる 秘神



大嘗祭とは、より公的な意味をもつ新嘗祭で、収穫祭でもあり、天皇の即位式です。


大嘗・新嘗ともに、祭りの内容はほぼ同じで、祭儀の重要な神事であり、ハイライトは、ユキ殿・スキ殿で行われる、宵・暁の御饌の供進です。


「宵」は、「亥の刻」で 

午後10時を中心とする前後2時間。

「暁」は、「寅の刻」で、

午前3時を中心とする前後2時間を指します。

 

そして ここからが重要なのですが、


大嘗祭に祭られる主神は、宇宙の神である、
北極星の神
(太一の神)であり、


そして、究極的には、

北極星の神と、 天照大神、
天皇霊の、三位一体からなる神霊(ヌース)を、
現身(うつしみ)の天皇が祭ります。

 

北斗七星は、北極星を中心に、1時間に15度ずつ動き、1昼夜でその廻りを1回転します。北斗七星の近くには アルクトゥルスが輝きを放っています。

 

北天の極にあって、動かない星・北極星に対して、

その周りを動く北斗七星は、 ひしゃくの形から、

北極星(天)の食物(御饌)を司る星として、

伊勢神宮の外宮の神に習合されて祭られました

 

古代の人々の宇宙観において、宇宙の中心にあって動じない星・北極星に、至高の神の存在をみたのです。


究極的には、北極星とそのまわりを動く北斗七星やアルクトゥルスに 宇宙の根本原理をみたのです。

 

日本の大嘗祭において、北極星と北斗七星の神が、
秘神として祭られていることを知ることは、日本人のルーツを知ることにもつながっていくでしょう。

 

 







これから私たちは 全く新しい流れへと入って行こうとしていますが、これは 今までの古いやり方や在り方が通用しなくなる事も意味しています。


つまり、今までの常識、観念、概念、法則が通用しなくなります。


たとえば 今までの様に 努力や根性や一生懸命さが 未来を拓く・・・こうした やり方や在り方は、反って結果を小さくし 『誰かに認められない(愛されない)と自分には価値がない』というジレンマを生じさせる事になりかねません。


なぜなら これからの世の中は 「軽やかさ」や「シンプルさ」や「喜び」が主流になるからです。 

 

これまでの地球は オリオンの働きによって男性性思考と文明の進化を促され、重い周波数で存在していた為に、前者の様な生き方もありで それが通用していました。 


つまり「重い周波数」なわけですが、だからこそ 重たい地球と同調し ある意味 安定できていたのです。


しかし オリオンのベテルギウスという星が 最後(超新星爆発)を迎えていることの一つの側面は、物質文明から精神文明へのシフトの時期が到来しており、ずっと闇の役割を担ってきたルシファーが 本来の光の天使に帰還することを意味します。


その意識の変容(放蕩息子(ルシファー)の帰還)は 
あなたという 一人の宇宙の中で起こります。

世界が変わるから あなたが変わるのではなく、
あなたが変わるから、世界(見え方)が変わるわけです。
 
この惑星 テラ(聖なる女性性の意識)は 波動をあげる事を決め、どんどん軽やかさに反転している中、 重さとは反対へと流れています。 
 

そうすると これまで8のエネルギー(一神教的支配、コントロール)を使ってうまくいっていた人々は 摩擦を起こし、カルマの清算(浄化)をする事になってしまうわけです。 


これからの新しい時代の生き方、在り方を顕現してゆくには、古来の日本語の精神に宿っている「9の精神(空け私)」 つまり「主語(I)がないから守護(愛)があるの精神(反転した目覚めの世界)」を思い出す必要があります。







2019年は 
新しい地球の周波数に同調していく人と
まだ眠っていたい人に、
パラレルに分かれていきます。

 

なぜ こういう話をしつこくするかと言うと、周波数(あなたのトーン)を 変えるチャンスは、この物質世界に生まれたときだけだからです。

 

肉体を離れると自由にはなりますが、生きている間に築いてきた波動のまま自由になります。(そこは類は友を呼ぶ世界で 自分と同じ波動の世界へと向かいます。)

 

また この時代に多くの魂たちが地球上に生を受けたがる理由は、いまが この地球上で肉体を持ちながら目覚める最後の機会であり、長い歴史の間に蓄積してきた多くのカルマを解消できると魂は知っているからです。

 

これまでは何回も何回も生まれ変わりつつ、少しずつ解消してきましたが、今回はそのような状況ではありません。
 
しかも 地震の多発するこの時代の 『日本を選んで生まれてきた』ことの意味も考えてみてください。

危機の機は、チャンス(機会)と読みます。
危機のときこそ 人間の意識は 目を覚まします。
 
これまでの1万3千年間は 眠った意識で生きられるように あなたの中の顕在意識と潜在意識、あなたの内なる神とルシファーが分離して 葛藤してきたのですが、その時代が終わります。
 
光に照らされることで 闇が表面化してきますが、
試練や大変なことは
あなたを裁くために起きるのではなく、
新しい自分に目覚めるために起きます
 
闇の必要性を認めたときこそ
彼(ルシファー)の果たしてきた役割が終わる時であり、

神から分離して 自ら神になろうとした
彼本来の偉大な魂が輝き出すときなのです。
 
 

 

 

※【新春 トーングラム基礎(理論)中級(実践)講座
 
新しいスタートを切ったばかりの流れの中で行う 今回の講座では、アシュターのメッセージやシリウスのエネルギーを降ろす 量子ヒーラをゲストにお迎えして、

古いネガティブなパターンを浄化し、新しい流れに乗って行く為のワークも行っていきたいと思っています。


今までの人生が どのようなものでも、今年から変えて行ける 本当に大きなチャンスの時です。 本気で自分を 人生を変え、心から望む新たな人生のスタートを切りたい方は 是非 この磁場(機会)を利用して頂けたらと思います。


2019年 そして 26,000年という惑星レベルの新たな周期を、最高のスタートを切る事で始めませんか


 
1月11日 残席 残り僅か→満員御礼 キャンセル待
 
 
1月25日  満員御礼→キャンセル待 受付中
 
 

 

 

 
 
 

今年もよろしくお願いします
{2666C1F1-2DAE-478A-A88D-1A12CFD55C56}