ボールマーク修復隊始動 | 大栄カントリー倶楽部ブログ

大栄カントリー倶楽部ブログ

大栄カントリー倶楽部のコース状況や競技情報、様々なインタビューやエピソードなど、ゴルフ場の楽しい出来事を日々綴ります。
著作権及び肖像権に触れる文章や画像は、速やかに削除致しますのでご連絡ください。


テーマ:

小林キャディマスターがグリーン上でボールマークの正しい修復の仕方を教えています。

本日からプレー終了後OUT・INに別れグリーン上のボールマークを徹底的に修復するためにボールマーク修復隊を立ち上げました。

 

最初は2人ですが、いずれは4人に増やします。

とにかくボールマークを修復していただけないお客様が多いです。

土日はともかく、平日に至ってはグリーンキーパー泣かせのボールマークの多さにガックシします。

 

小林キャディマスターがグリーンフォークで正しい芝の起こし方を懇切に教えて、その後、パターでトントン整地するように指導しています。

一人は、ゴルフ未経験者なので良く教えないと芝の根などをフォークで持ち上げて切ったりされたら困ります。

一生けん命聞いてくれたので数分で上手になりました。

 

ところが何個も直していたら手が痛くなってしまいました。

慣れないこともありますが、転圧が利いたグリーンは結構固いのでグリーンフォークの柄が短いと力がいるので大変です。

修復隊の先輩がグリーンフォークの柄を改良して長くしてくることになりました。

 

キャディも足らない、セルフもやもう得ず多くなってきていますので、せめてグリーンだけは整備しておかなければいけません。

 

紳士のスポーツも現代では手頃なスポーツになってしまいました。

せめて自分の付けたボールマークだけは修復していただきたいものです。

平日は、4人に1人がボールマークを修復していないような感じがします。

よく観ていると、やはりパットの下手な人がボールマークを修復しない傾向にあります。

パターの上手な人は、グリーンに対しても丁寧な振る舞いをします。

決して他人のラインを踏んだり、パットする人の目線に入らないところで待機しています。

 

「マナーでわかるパットの腕前」

取り合えず、人件費をかけてもグリーン上は整備してまいります。

紳士・淑女の皆様のゴルフマナーの向上に祈ります!

とんぼさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス