マスター室業務を経験させていただき・・・ | 大栄カントリー倶楽部ブログ

大栄カントリー倶楽部ブログ

大栄カントリー倶楽部のコース状況や競技情報、様々なインタビューやエピソードなど、ゴルフ場の楽しい出来事を日々綴ります。
著作権及び肖像権に触れる文章や画像は、速やかに削除致しますのでご連絡ください。


テーマ:

 右足の踵の痛みから痺れと酷くなってしまった為、キャディ業務を退職しマスター室へ配属していただける事となってから、今日まで約1年4ヶ月が経ちました。振り返ってみると遅いようで、あっという間に時が経ってしまった気がします。

 同じゴルフ場といえど、全く異なる業務内容の為に緊張と不安の毎日でした。

朝の準備や帰りの後片付け、キャディさんのスタート付け、お客様の流れやご様子、その日毎の日時業務に加え競技やコンペ等、1日の中で本当に色々な仕事があるのだなと思いました。

一つ一つを覚える事に精一杯になってしまい、きちんと行えず迷惑をお掛けしている事も未だにあるかと思います・・・。

又、キャディをしていた時には見えず知らずにいた、「マスター室」という部署の大切さを段々と知ることができたのと同時に、支配人を筆頭に上司の方々、マスター室や他の部署の先輩方の今までとは違った大変さも学ぶことが出来ました。

 どのような企業でも同じことかもしれませんが、それぞれの部署でそれぞれの仕事があり、人と人との関わり合いや接すること、コミュニケーションのほとんどで日々の業務を行えていると改めて考えました。お客様も一緒に働かせて頂いている方々にも、一日の終わりが笑顔となっていただけたのなら何より嬉しく感じます。

 最後に長く拙い文章で申し訳ありませんが、「一期一会」を念頭に、笑顔と感謝の心を忘れずに、日々を過ごして参りたいと想います。

本日のブログは、渡部由紀奈が書きました!

 

寒風に頭の薄さを感じながらグリーンの速さをスティンプメーターで計測する魚谷キャディマスター、私の仕事の師匠です。

 

とんぼさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス