研修生 丹波久 快挙! | 大栄カントリー倶楽部ブログ

大栄カントリー倶楽部ブログ

大栄カントリー倶楽部のコース状況や競技情報、様々なインタビューやエピソードなど、ゴルフ場の楽しい出来事を日々綴ります。
著作権及び肖像権に触れる文章や画像は、速やかに削除致しますのでご連絡ください。


テーマ:
$プロモ大栄カントリー倶楽部
体は、小粒だが性根は大きい。今後に期待する!

今年度から千葉県中部東プロゴルフ研修会に入会して、研修生としてプロを目指すことになった「丹波久」くんが、この度、オークヒルズカントリークラブで行われた研修会で2位タイの好成績で初陣を飾りました。
OUT33+IN36=69で優勝者に1打足らなかったようです。
とにかく、先輩の研修生よりいい成績を出したのだから「良くやったと褒めてやりたかった」
しかし、プロに成るには、やはりこの研修会では上位3位ぐらいに常時入っていないと登竜門はくぐれません。年に一度しかないプロテストは、逃せば来年に持ち越しになります。
3年逃せば3年先、5年逃せば5年先、10年逃せば10年先、どうせテストを受けるならこの1年に懸け、1年でクリアーしなければ「出るのは金とため息ばかり」
長く研修生をやっていれば、いつか受かるとの保証もないプロテスト。
それだけに集中して短期間にプロテストに合格しなければ、歳と共に体力も衰えてくる。
一番怖いのは、体力の衰えと共にやってくる気力の衰えだろう。

「一生懸命やっている」聞こえはいいが、結果が伴わなければやっていないことに等しい。
歳をとっても研修生を続けている研修生には気の毒だが「いい加減に見切りをつけろ!」と言いたい。
40過ぎて潰しが効かない研修生では、結婚すら出来ないだろう。
厳しい言い方をすれば、「ゴルフ場の吹き溜まりになるような人生を歩むなよ」と言いたい。
夢を見ることはいいことだが、夢を見過ぎることは決して本人のためにならない。
「いつまでにプロになる」と期限の切れない研修生は、たいがいがプロに成れず挫折している。
夢にも期限があり、それを過ぎると古くなって黄ばんだ写真のように色が褪せてくる。
人生でもそうだ。目標を持ったらいつまでにやると期限を守らなければ結果が出てこない。
他にも研修生は、4~5人いるが、「いつまで続けるの?」と言われないように、自分に目標と期限を守ってしっかりとプロの道を目指して欲しいと願っている。

$プロモ大栄カントリー倶楽部
コース管理の鬼沢君、なかなかのバリカン捌きだ!

ニコニコランキングに参加しています。
1個でもポチッしていただけると励みになります!
↓    ↓    ↓
ほのぼのブログの決定版!
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ場・ゴルフコースへ
モバ☆ブロ~3D検索
有名人x人気ブログ

ブログのルーツは、このランキング!
人気ブログランキングへ
ありがとうございます!

とんぼさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス