君たちがいて僕がいたⅡ | 大栄カントリー倶楽部ブログ

大栄カントリー倶楽部ブログ

大栄カントリー倶楽部のコース状況や競技情報、様々なインタビューやエピソードなど、ゴルフ場の楽しい出来事を日々綴ります。
著作権及び肖像権に触れる文章や画像は、速やかに削除致しますのでご連絡ください。


テーマ:
プロモ大栄カントリー倶楽部

今年は空梅雨かと喜んでいたら、花の土曜日に雨でキャンセルが続出して悲しい結果となりました。
何とか明日は曇り予報なので胸を撫でおろしましたが、集客数の落ち込みには予断が許せません。
明日は、理事長杯の予選と年1度の社員総会もあるので雨にはなって欲しくないと願っています。
1年中で一番緊張するのは、この6月の社員総会と3月の決算日がノー天気なボクでも気を使います。
特に今年は、東日本大震災のおかげで頭がいくつあっても足らないほど各部門に神経をとがらせています。

お天気の良い海を航海するには自動運転でもなんら問題は生じないのですが、東日本大震災のおかげで仕事の量が数倍も増えてしまいました。確かに「ピンチはチャンス」という言葉がありますが、この重圧に耐えられない経営者は大津波後の無用の瓦礫になってしまいます。被災地の震災後の後遺症や復興に比べれば、まだ恵まれていると思いこの難局に立ち向かっていこうと社員を鼓舞しています。

「愚痴を言う暇があったら、もっと体と頭を使え!」確かにいい言葉ですね。
愚痴を言っても1銭の得にもならないと思いながらも、送られてきた「北総会の来場者数調査表」を見ると、33ケ場中、前年対比、来場者を伸ばしているのは2ケ場だけでした。
統計的に見ると「キャディ付接待コース」でプレー料金の高いゴルフ場は、軒並み来場者が減少しています。セルフ主体で営業力のあるゴルフ場だけが来場者数については勝っています。
「プレー単価と来場者数は、常に反比例する」これは、ゴルフ場の方程式のようなもので誰にも分かっていることです。

クオリティよりもリーズナブルが喜ばれる時代だけに、接待コースと言われるゴルフ場は苦戦を強いられる時代になっていると思います。
特に、当倶楽部のように一般社団法人のゴルフ場は、非営利法人なので俱楽部会員のプレー権を侵害するようなことがあってはなりません。また、最も重要なことは預託金の保全にあります。
コースやキャディがいいのは当たり前のことであって、健全な運営がなされてこそ盤石な倶楽部になります。これからは不透明な景気の動向を無視しての倶楽部運営は大変難しくなると思います。
軽費ばかりを削減して、そのゴルフ場までが世のゴルファーに削減されては笑い話にもなりません。
いずれにしても体力(資金)と知恵の無いゴルフ場は、淘汰されてしまいます。
試練に耐えながらこの難局に立ち向かうことも人生の醍醐味かも知れません。

雨でアフレのキャディさん達に、会員に送付する優待券の袋詰めを手伝って貰いました。キャディさん達もお客様があってのゴルフ場だということは十分認識をしていますので、せっせと袋詰めに励んでくれました。「努力する」ということはすばらしいことだと思います。そして、この職場は良い仲間(同僚)に恵まれています。「君たちがいて、僕がいた」だから、みんなで頑張れる!

$プロモ大栄カントリー倶楽部

ニコニコランキングに参加しています。
1個でもポチッしていただけると励みになります!
↓    ↓    ↓
ほのぼのブログの決定版!
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ場・ゴルフコースへ
モバ☆ブロ~3D検索
有名人x人気ブログ

ブログのルーツは、このランキング!
人気ブログランキングへ
ありがとうございます!

とんぼさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス