こんにちは。

今回は24時間換気システムの種類と

メリット・デメリットに関してです。

 

24時間換気システムをご存知でしょうか。

操作パネルのスイッチを押す事で居室やリビングに

設置された給気口から少しずつ外気を取り入れ、浴室、

洗面所、トイレにある換気扇で排気し換気するシステムです。

 

排気する場所は臭気や水蒸気などの発生があり

強制的な排気が必要な場所が適しているので、

このような場所に設置されています。

 

今ではすっかり当たり前の設備となった24時間換気システム

ですがこの換気システムは1種類だけではありません。

 

換気システムは1種、2種、3種の3種類あります

マンションなどでは基本的に1種か3種のどちらかになります。

それでは1種、3種それぞれのメリット・デメリット

について順番に見ていきましょう。

 

1種換気システム(給気と排気の両方を機械で行う)

タワーマンションや寒冷地などで多く採用されているタイプです。

メリット

1)安定した確実な換気が行える。

2)外気温度の影響が気にならない。

デメリット

1)コストが高い。

3種換気よりも初期費用(建築費)や

ランニングコスト(電気代)がかかる。

 

第1種換気の場合は換気扇に全熱交換器機能を備えたものを

採用する場合がほとんどです。全熱交換器は換気の際、

排気する空気から熱と湿気を給気する空気に戻します。

換気による熱のロスが少なくなるので省エネに有効なんです。

全熱交換器は紙でできています。

 

排気と給気が全熱交換器の中で混ざることはありませんが

紙でできているため、熱と湿気は仕切りを透過するので

熱と湿気が交換されます。

 

一般的には全熱交換器は70%の熱を交換します。

つまり外気が0℃、室内が20℃の場合、外気が

14℃になって室内に入ってきます。

 

全熱交換器は、湿気と一緒に匂いも戻してしまいますので

24時間換気システムで全熱交換器を採用する場合、匂いの

発生するトイレと、大量の水蒸気が発生するお風呂は

局所換気にしなくてはなりません。

 

全熱交換器を使うと冬の冷たい外気を給気する際、部屋の

暖まった排気の熱を取り込むことができ暖房効率が良くなります。

 

2種換気システム(給気だけ機械で行う)

居室の一方の壁に給気口を設け、給気口部分に取り付けた

給気ファンによって強制給気を行い室内に空気を取り込み、

取り込まれた空気は室内を循環し、気圧が高まってくると

自然的に排気口から空気が排気されるシステム。

 

2種換気は病院の手術室やクリーンルームなど常に室内を

清浄に保つ必要のある場所で使われています。

 

 

3種換気システム(排気だけ機械で行う)

現在最も多くのマンションで採用されているタイプです。

メリット

1)コストが安い

2)結露にも強い。

デメリット

1)外気温度の影響を受けやすい。

2)換気の安定性は1種ほど高くない。

3)外気を直接給気するのでフィルターが汚れやすい。

 (※フィルターに関しては別の記事で説明します)

 

 

排気に関してのみ機械による強制換気を行い、給気に関しては

自然換気を行う仕組みです。給気にダクトを使わないので

コストが安く済みます。浴室上部の天井内スペースを

使用できるため省スペースでの設置も可能なんです。

 

各居室に設置されている給気口は径100mm以下クラスが

多いので鉄筋補強が不要でコストも安いのです。

 

ただ給気口が自然給気なので機械排気口の位置関係や外部の

風の方向等によって給気機能が低下する恐れがありますし、

冬場寒いからといって外壁に設けられた給気口(レジスター)を

閉じてしまうと24時間換気が働かなくなってしまいます。

 

マンションなどでは基本的に第1種か第3種のどちらかになります。

それぞれにメリットやデメリットがありますので一概にどれが

一番良いとは言えません。しかし第1種は給気と排気両方を機械で

行なうため当然電気代などのランニングコストが余計にかかります。

 

しかし自然換気をスムーズに行なうのが難しい家で確実に換気を

行いたいのであれば第1種換気システムは十分価値があるといえるでしょう。

 

一般的に24時間換気は常時運転にするように言われますが疑問です。

梅雨時に空調が利いた快適な室内に不要な湿気を室内に入れたくなければ

24時間換気システムは停止させるのが正しい利用方法だからです。

臨機応変に対応する事で最適な状態を保つ事が可能になるのです。

 

 

 

 

以上、24時間換気システムの種類と

メリット・デメリットに関してでした。

いかがだったでしょうか。

 

新築当初は建材などからの化学物質の揮発やコンクリートからの

水蒸気の発生がありますので計画的に換気を行う必要があります。

お金や血液などと同様に空気も流れを良くする事は非常に大切です。

 

こういった設備に投資するなどし、良くない空気を

溜め込まない健康的な生活を送りたいものですね。

 

今後も日々更新して増やしていきますので、

また見に来てくださいね♪

http://oheyasagashi-otasuketai.com/

 

 

 

こんにちは。

今回は24時間換気システムに関してお話させていただきます。

24時間換気システムという設備をご存知でしょうか。

 

従来の自然換気とは異なり強制的に室内の空気の入れ替えを

自動的に行う事を可能とした換気設備のことです。

 

今では新しく建設された住宅には必ず設置されています。

昔の日本の住宅は通気性の高い建築資材の使用や建築構造、

そして隙間風が入ってくるような家も多かったので

自然換気が出来ていました。

しかし住宅性能の向上に伴い機密性が高くなっていきました。

気密性が高いと外からの騒音を和らげる事が出来るほかに

空調の効率も良くなります。

 

しかしそれに伴い換気不足になりますので建材や家具などから

発生するホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物や湿気、調理や

暖房をした時に発生する二酸化炭素などもたまりやすくなりました。

 

そんな気密性の高い住宅に住む事によってシックハウス症候群、

アレルギーなどの症状を訴える人が増えていきました。

 

 

 

住宅の高気密・高断熱化が進み、新建材と呼ばれる化学物質を

含有した建材が多く用いられるようになると部屋の空気が汚染され

人体に健康障害が出るようになりました。そういったものを

シックハウス症候群と呼びます。

 

しかしシックハウス症候群の要因はそれだけではなく様々なのです。

新築やリフォームをしたときだけの問題だと思われがちですが

建材以外にも要因はあります。例えば家具や絨毯、カーテン

などからも接着剤や難燃剤、防虫剤などの化学物質は揮発しています。

 

住宅の高気密・高断熱化が進みましたが換気対策が遅れたために

室内空気汚染の原因となってしまっていました。計画換気の必要性

への認識が不足していたのです。

 

そこで平成15年に建築基準法の改正があり、一戸建てや

マンションなどの住宅は全て24時間換気システムの設置が

義務付けられるようになりました。

 

この設置により居室の空気が2時間に1回入れ替わる

ようになりました。特にマンションは機密性が高いので

ドアや窓を閉めると、ほとんど空気が流れません。

 

窓を開けて自然換気を行なおうとしても周囲に遮る建物等がなく

角部屋でもない限りうまくいかない場合も多いのです。

スムーズな換気ができない住居には特に意味がある設備といえます。

しかし24時間換気システムの設置義務化に伴い建築コストは

高くなりますし電気代というランニングコストも新たな問題となります。

 

24時間換気システムには3種類の仕様があります。

(※その違いやメリット・デメリットに関しては別の記事でご説明します)

この換気システムは入居後に変更が出来ない部分ですので

入居前にそれらの違いを十分把握し検討する事をオススメ致します。

 

 

 

いかがでしたか。

参考になりましたか?

今後も日々更新して増やしていきますので、

また見に来てくださいね♪

http://oheyasagashi-otasuketai.com/

 

 

 

こんにちは。

今回はマンション最上階に住むデメリット

に関してお話させていただきます。

 

前回のメリット編はいかがだったでしょうか。

最上階のデメリットの話をすると「最上階は悪い所なんて

あるはずがない!」と思い込んでいる人もいます。

 

いくら最上階といえども必ずデメリットは存在します。

それでは順番に見ていきましょう。

 

地震が起こった時は一番揺れる

1995年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災などは

特に多くの人の記憶に鮮明に残っているのではないでしょうか。

大地震を経験した事のある方は上層階を敬遠する可能性は高いです。

エントランスから部屋までが遠い

1階のエントランス付近で忘れ物に気付いた時などは

特に実感するのではないでしょうか。

エレベーターが止まると生活に大きな支障をきたす

災害時、停電によりエレベーターが止まると

そのマンションで一番影響を受けることになります。

災害時のエレベーター使用について事前に確認しておきましょう。

エレベーターのない物件であれば大きなデメリットになる

いくら最上階でもエレベーターが設置されていない

マンションでしたらその魅力は半減です。

 

毎日昇り降りする際にも大変ですが大型家具や家電を購入し

搬入してもらう際に送料で割増料金を取られる事もあります。

台風の影響を受けやすい

高層階へ行けば行くほど、とにかく風が強いので雨風の

叩きつける音で眠れないなんて事もあるかもしれません。

 

それに強風によりベランダに出している物が落下して

下にいる人に危害を加えるなんて事にならないためにも

全て部屋の中に入れる手間も出てくるかもしれません。

1階まで降りるのが面倒

日々のゴミ捨てが面倒だと感じる人もいます。

タワーマンションなどでは各階にゴミステーションが

設置されている所もありますので契約前に確認が必要です。

 

またオートロックであれば新聞の受け取りで1階まで行く必要があります。

ただしタワーマンションでも各住戸まで届けてくれるサービスもあります。

住む前にそのあたりの確認もしておくと安心ですね。

 

他の階より雨漏りの影響を受ける可能性が高い

屋上の防水施工の状態が良ければ問題ないのですが

メンテナンスが行き届いていないと他の階に比べ

雨漏り被害にあう可能性が高い。

 

天井が高いので空調の効きが悪い

物件によっては最上階は特別仕様のため天井が高かったりします。

空調の効率が悪くなってしまう場合があります。

 

天井が高いというのは開放感があってメリットではありますが、

このようにデメリットとなってしまう事もありますので注意が必要です。

 

価格が高い

予算に余裕があれば最上階に住みたいという人は多いものです。

一般的に物件価格は1階上がるにつれて数十万円高くなる事は

珍しくありません。予算には限りがありますので

価格が高いというのは当然ながら大きなデメリットです。

 

屋上の断熱性能によっては夏は暑い

屋上が緑化されていたり、その他対策が施されていれば問題ない

と思いますが断熱性能が甘かったりすると昼間日差しを浴び続けた

建物のコンクリートが熱を持ったままになり夜になっても

室内の温度が中々下がらないといった事が起きます。

 

昔と比べると建築技術の向上により改善はされていますが断熱性能に

問題がある物件ですと最上階は避けた方がいいかもしれません。

空き巣に入られやすい

屋上へ上がれる可能性が少しでもあれば、そこからベランダへ

降りてきて浸入されてしまう事が考えられます。泥棒も最上階には

比較的お金持ちが多いという事はわかっているからです。

 

最近ではセキュリティーが強化されたマンションが多いですが

住んでいる住人が高層階だから窓を閉めなくても大丈夫だろうと

過信してしまうので被害者も多いのです。

 

セキュリティーが強化された物件に住む事も重要ですが

その前に住人の安全意識を高める事が大切です。

自分の出している騒音を自覚しにくい

集合住宅で最上階にしか住んだ事がない人であれば、

どの程度の音を出すと下の階の人に迷惑になるのか想像できないので、

気付かないうちに下の住人に酷く恨まれているという可能性もあります。

 

屋上に共用施設がある場合は騒音被害にあう

大規模マンションなどでは共用施設が充実しています。

屋上が居住者のコミュニケーションスペースとなっている場合もあります。

その場合、大人数の足音や声などが響く場合があります。

 

イベント事がある日は特に覚悟が必要となるかもしれません。

どういった共用施設があるのか入居前に確認しておきたいですね。

 

 

いかがでしたか。

参考になりましたか?

今後も日々更新して増やしていきますので、

また見に来てくださいね♪

http://oheyasagashi-otasuketai.com/

 

 

 

こんにちは。

今回はマンション最上階に関してお話させていただきます。

マンションの最上階にどのようなイメージをお持ちでしょうか。

 

タワーマンション最上階などは何不自由なく年中パーティー三昧で

優雅に暮らしている人種を想像しますか?

 

 

実際そういうほとんどの人は仕事が忙しくて

そうではないと思いますよ。

それでは順番に見ていきましょう。

 

1階からの騒音被害を受けにくい

1階では大型トラックやバイクが走っていたり

車のドアの閉める音なども結構うるさかったりします。

人が話をしている声も結構聞こえるものです。

 

商業地域であれば近くの店からの騒音やニオイ、夜になれば

過剰なまでのネオンにより生活に支障をきたすかもしれません。

 

しかし高層階へ行けば行くほど、その影響を

最小限に抑える事が可能なのです。

部屋のグレードが高い

物件によっては他の階より専有部分が広かったり

天井が高く設計されていたり、建具や設備も高級で

特別仕様になっている場合がありステータス感が得られやすい。

 

売却しやすい

最上階という希少性の高さは馬鹿に出来ません。

世の中には上階からの騒音で悩み苦しんでいる人が多いので需要があります。

 

それに上階へ行けば行くほど一戸あたりの専有面積が増え

フロアあたりの住戸数は減る場合が多いのでフロア全体が

静かで過ごしやすくなる傾向にあり重宝されます。

上からの騒音被害がない

集合住宅における苦情の第1位は騒音問題です。

しかし当然ですが上階の住民を選ぶ事はできません。

 

静かに過ごしてくれる人もいるかもしれませんが

周囲の迷惑を全然考えず毎日大暴れする人もいます。

 

最上階に住めば上からの騒音ストレスからは確実に開放されます。

大きなメリットといえます。

 

日当たりや風通しの良さ

上階へ行けば行くほど周囲の建物に遮られる可能性は

減りますので日当たりや風通しを確保しやすくなります。

優越感がある

最上階は他の下階と比べ静かですし、何といっても窓からの景色が

素晴らしいと、友人などを招いた時に羨ましがられる事が多い。

眺望の良さ

都会など建物が密集している地域では特に、低層階の場合、

窓を開ければ目の前が壁という事がよくあります。

 

上階へ行けば行くほど周囲の建物に遮られる可能性は減り、

遠くまで見渡せ実に開放的です。窓からの景色が開放的

であれば部屋の広さの体感が変わります。

部屋の広さは専有面積だけでは比較できないのです。

 

 

いかがでしたか。

参考になりましたか?

今後も日々更新して増やしていきますので、

また見に来てくださいね♪

http://oheyasagashi-otasuketai.com/

 

 

こんにちは。

前回のメリット編はいかがだったでしょうか?

今回はマンションの1階に住むデメリット

についてお話させていただきます。

それでは順番について見ていきましょう。

 

周囲の音を拾いやすい

エントランスに近いと、そこでの騒音の影響を受けやすいです。

共用廊下は近くに住人の窓があるので比較的静かにしなければ

いけないと配慮があるのですがエントランス付近ですと敷地外に

近いので少々音を出しても問題ないだろうという気持ちになり

住人同士で子供と一緒になって大きな声で会話したりして

大きな音を出してしまいクレームになっていたりします。

1階は特にエレベーターまでの通路に部屋があれば多くの人が部屋の

前を通る事になりますので音や視線で落ち着かないという事もあります。

 

駐車場での車の音も気になったりするかもしれません。

大通りに面している部屋であれば、なおさらです。

 

大型トラックやバイク、暴走族が走る事も想定した方がいいかもしれません。

電車の音とは違い24時間ですので交通量は把握しておいた方がいいでしょう。

プライバシーが確保しにくい

1階は部屋の位置によっては目の前が道路だったり人通りが

多い共用廊下だったりします。常にレースカーテンを閉めて

いないと部屋の中が丸見えの状態となりますので思っていた

部屋の明るさが望めず精神的に苦痛になるかもしれません。

 

上階からの落下物の被害がある

1階の庭には上階から色んな物が落ちてくる事があります。

洗濯ばさみや洗濯物だけならいいのですが物干し竿や傘など人に

当たれば大怪我をするような物までが誤って落ちてくる事があります。

 

酷い場合はタバコの吸い殻なんて事も。

上階で布団叩きをされて埃を自分の所に落とされる

だけでも、あまりいい気分はしませんからね。

冬場は冷気の影響を受けやすい

夏場は上層階に比べ涼しいのですが冬場は冷えやすいと

いう点があります。そのマンションの断熱構造の確認が必要です。

 

上層階に比べると日当たりが良くない

上層階に比べると下層階ほど周囲の影響で日当たりも悪くなるので

部屋の明るさがどれほど確保できるか不安な点はあります。窓の近くに

日当たりに影響が出そうな建物などがないか事前に確認しましょう。

防犯面での不安

窓まで簡単に入れるような設計になっていないか確認が必要です。

過去にそのような不安の声が多かった事もあり最近では構造上対策は

されていますが不安であれば自分で防犯グッズなどを用意する工夫も大切です。

 

虫の影響を受けやすい

蚊やその他の虫がベランダにいる可能性が高いです。

窓を開け閉めした時に部屋に入り込んできます。

換気口から入ってくる可能性もあるのでその対策も必要です。

 

湿度が高くなりやすい

1階は地面に溜まった水の影響を受けますので湿度は高くなります。

日当たりや風通しの悪い部屋があるとカビが発生する可能性があります。

湿気対策をマメに行う必要が出てきます。

 

台風による浸水被害を受ける可能性がある

台風のニュースがあった際に上層階ですと浸水の被害を心配

する事はほとんどありませんが1階ですと心配になります。

 

浸水となると被害が大きいです。最悪は生命に関わりますので、

その地域のハザードマップなどで事前に確認する事が大切です。

 

犬や猫の侵入被害を受けやすい

道路を歩いていると一戸建ての敷地内に侵入する野良猫を

見かける事があります。マンションでも1階などの低層階

ですと被害を受ける可能性が出てきます。

そういった対策も必要になってきます。

 

庭の管理が大変

専用の庭があればスペースが広がったと手放しで喜んでばかりは

いられません。ガーデニングをしなくても定期的にホースで水を

まいて掃除をしなければなりませんので面積も広くて大変です。

結構な重労働ですので自分たちで管理が行き届きそうな広さか確認して

おきたい所です。コスト面でも使用料として月々支払う必要があります。

 

 

 

 

いかがでしたか。

参考になりましたか?

今後も日々更新して増やしていきますので、

また見に来てくださいね♪

http://oheyasagashi-otasuketai.com/