>>最適表示のメインサイトはこちら<<

こんにちは。
防災の地震関連27弾です。
今回は災害が迫ってきている際に人は
本当に正しい行動が取れるのかという事に
ついて一緒に見ていきましょう。

 

人は非常時に動けるのか?

緊急地震速報が鳴った時にマニュアル通りに
人は動けると思いますか?過去の大きな地震が
あった際、コンビニなどの監視カメラの映像を
見た事がある人は多いと思います。

 

どういった行動を取っていましたか?
人はすぐに安全な場所に逃げ出しません。
しばらくその場でじっと見ています。
固まっているような状態です。

 

 

店内の陳列棚から大量に商品が崩れてきて店の窓ガラスが
割れ始めてようやく行動に移すような感じです。
客観的に見て遅すぎると思いませんか?

 

自宅で大きな揺れを感じたら可能な限り玄関ドアや居室の
ドアを開けてください。玄関ドアは余裕がなければサムターン
だけ回して少しでも隙間を確保するのも一つの手です。

 

玄関というのは比較的安全だといわれています。
柱が多いので全壊に近い状態でも玄関だけは被害が少な
かった家は過去の大きな地震でたくさん確認されています。

 

2階建ての一戸建てで2階にいたら1階には降りない方が無難です。
2階はほぼ無傷で1階部分がペシャンコになった家はたくさんありました。
1階にいれば外の安全な所に避難するといいと思います。

 

その際は上からの落下物に気をつけ頭を保護しながら外へ出てください。
建物に耐震性が十分あるような建物の場合は無理に外へ出るよりは
建物の中の比較的安全な場所で待機する方がいいと思います。

 

 

津波の影響を受けそうな地域であればずっと家の中に
いてはいけないなど行動は変わってきます。あなたが旅行を
している時に大きな地震を経験するかもしれません。

 

今自分がどういった場所にいるのかで行動の取り方が変わってくる
という事なのです。とっさの時に正しい判断ができるようにしておく事です。

 

大きな揺れがあった時に自宅にいる場合、すぐにテレビを
つける人は多いと思います。揺れが激しいときはとにかく
安全を確保してください。テレビなどは揺れが完全に
収まってから観ればいいのです。

 

それにすぐに被害の大きさは伝わりません。
実際、阪神淡路大震災の時も地震直後はどこかのお年寄りが
揺れで転倒したとか小さな情報しか放送されていなかった記憶です。

 

 

数時間以上経過してようやく高速道路が長距離に
わたって転倒しているとか広範囲にわたって火災が
発生しているという映像が流されていた感じでした。

 

また、本当に被害が大きい時はその地域一帯が壊滅状態
なのでその地域の正確な情報はすぐに入って来ない可能性が
あるという事も覚えておいて下さい。

 

大きな地震が起こった際には本来一番被害が大きい地域の
震度が発表されるはずです。でも千葉県、埼玉県、神奈川県の
震度が6と発表されているのに東京だけまだ震度の発表がないとしたら
東京が地震でやられてしまった可能性があるという事です。
情報発信そのものができないという事が考えられるのです。

 

人はなぜ避難しないのか?

人間は一人でいる時は避難できても集団でいると、避難しなけ
ればならないのに避難しない人というのが実に多いらしいのです。
なぜだと思いますか?

 

みんなでいるから大丈夫といった安心感も1つあると思います。
それもありますが、やはり自分だけ周囲とは違う行動を取って
しまう事が恥ずかしいという思いがあるようなのです。

 

 

集団同調性バイアスというものが働くからです。
災害現場ではこういった事は本当に多いのです。

 

もし興味があるようでしたらYoutubeなどで災害の動画をいろいろ
見ることをオススメします。自分が「ここは危ないのでは?」と
少しでも思えば自分の勘を信じて逃げてください。

 

もしそういった行動を取って実際は大丈夫であってもいいと思います。
逃げておけば良かったと後悔するよりはマシです。

 

本当に死を感じた時にはぜひ「逃げるぞ!」と周囲に
聞こえるように行動するのがいいと思います。
それにより周囲の人の命を助けることにも繋がるからです。

それと消防隊員や警察官、行政、マスコミなどが大丈夫ですと
言ったからと言って100%信じない方がいいという事です。
専門家が言っているから避難しなくても大丈夫だと決めつけるのは
怖いことです。こういった判断ミスをエキスパートエラーといいます。

 

人間が判断する事に100%はないという事です。
公表される被害規模はあくまで想定です。
目安程度に考えるべきなのです。
専門家に言われても自分が危険を感じたので
あれば自分を信じて避難してください。

 

 

 

以上、防災の地震関連27弾でした。
いかがでしたか。
人が緊急時でも逃げない?そんなアホな!
と思うかもしれません。

 

でも実際に過去起こった世界中の災害で死んでいった
人はどう考えても今逃げないとダメでしょうといった
状況でも周囲が逃げなければ自分も一緒にじっと
座ったままという映像がたくさん残っているのです。

 

こういう意識は変えないと非常に危険だと思います。
それではお部屋探しの方、応援しております

>>最適表示のメインサイトはこちら<<

 

>>最適表示のメインサイトはこちら<<

こんにちは。
防災の地震関連26弾です。
今回は避難して自分の身の安全が確保できた
後に可能であれば行いたい事に関してです。
それでは一緒に見ていきましょう。

 

身の安全が確保できた後にしたい事

大きな地震が発生したら広場など安全な避難場所へ行く
という事は誰しも幼い頃から誰かに口を酸っぱくして言われて
いる事だと思いますが、それは半分は正しいといった感じです。

 

というのも大きな地震が発生すれば自宅が壊れて生き埋め
になっている人があちこちに出るかもしれないからです。
火災が発生してしまうかもしれません。
でもあちこちの地域で混乱しているのです。

消防車や自衛隊などすぐには来てくれませんので火は近隣に
住む人が助け合って消さなければなりませんし、下敷きに
なって身動きが取れない人を助けなければならないからです。

 

実際、過去に起こった阪神淡路大震災の時も家屋の
下敷きで生き埋めになった人は3万人以上いましたが
27000人程は家族や近隣住民の手によって助けら
れているのです。こういった時は一刻を争うのです。

 

監察医の報告でも、地震発生から14分以内
亡くなられた方が多いといわれているくらいなのです。
皆が広場へ行ったきり、しばらく戻って来なければ
おそらく助かるはずだった人も助からないでしょう。

 

人は非常時には冷静に判断する余裕はあまりありませんので、
これまでの刷り込みだけで反射的に行動に移してしまいます。

 

当然大きな津波が来るような場合は戻ってはいけませんが
そのあたりは臨機応変に行動する事が求められてきます。

 

人を救助するために必要な物

いくら体力に自信がある大人の男性であっても
人を助ける際に一人でしかも素手で救出するには
限界があります。何人かの人手が必要ですし
何らかの大がかりな道具も必要になってきます。

 

想像してみてください。
家屋の下敷きになっている人をどうやって救出しますか?

 

2階建ての家で上から見て簡単に救出できる状態であれば
おそらく下敷きになった人は自力でも脱出できる可能性が
高いでしょう。しかし実際は1階に閉じ込められていればまず
2階部分の床をはがして降りていける穴を作らなければなりません。

 

床がフローリングの場合であれば板を外し、1階の天井
部分の壁紙クロスなども外していかなければなりません。
そんな事を手作業でできるとは思えません。

 

 

多くの家庭では家庭用の小さな工具ぐらいしか置いて
いないはずです。ですから、まず工事などで利用するような
大きな工具を探す事から始めなければなりません。
簡単に見つかると思いますか?

 

小さな工具で作業すると工具が簡単に壊れます。
何十キロ何百キロの物を持ち上げたり、大きな
柱などを切らなければならならないのです。

 

多くの方は災害に備えて食料や水などは備蓄して
いると思います。しかし住宅が壊れて人を救出するための
道具などは備えていないと思います。本当に深刻な
状態になった時にどこまでできるか想像してみてください。

 

多くの人は非常時に消防隊員など専門家が何とかしてくれ
ると決めつけていると思いますが実際はそうはいきません。

 

火災が発生した時にバケツに水を入れて勢いよく燃えて
いる火に近づいて消す作業も勇気がいりますし重労働です。
訓練をした事がない人にとっては上手く火に水をかけられ
るかどうかもわかりません。

 

 

避難するだけでなく自分たちで人を救出するにはどういった
準備が必要なのかシュミレーションしておくといいと思います。

 

マンションなど集合住宅であれば管理組合でそういった道具を
一式用意すれば一人当たりの負担も少ないと思います。
公的な支援はすぐには期待できないと考えておく事が大切なのです。

 

避難所生活

避難所生活は同じ境遇の人がいて安心というのはあるでしょうが
室温も快適とはいえませんし騒音の問題もあります。何といっても
プライバシーがありませんから精神的にかなりきついと思います。

避難所には、基本的にお風呂はありませんのでバスに乗って
遠くまで行く人もいるくらいです。トイレも寝泊まりしている広い
体育館から遠く離れた場所まで行かなければなりませんので
相当過酷な毎日が待っていると覚悟が必要です。

 

仮設住宅

しばらくすると仮設住宅も用意されます。
地域によって条件は異なるかもしれませんが原則2年までです。

自宅が全壊もしくは全焼、流出してしまった人や大規模半壊し
取り壊しを予定しているような人、道路が寸断されていて
自宅へ戻れない人など物理的に住めない人が対象です。

 

家賃は無料ですが電気代などは入居者負担です。
駐車場代や管理費なども負担しなければならない場合もあります。
自宅を修繕している最中に利用する事などはできないと思って下さい。

 

 

 

以上、防災の地震関連26弾でした。
いかがでしたか。
人は災害時に避難する事で頭がいっぱいです。

 

でも自分の身の安全が確保できれば今度は
自分が助ける側にまわらなければならない
という事も頭の片隅に置いておいてください。
それではお部屋探しの方、応援しております

>>最適表示のメインサイトはこちら<<

 

 

>>最適表示のメインサイトはこちら<<

こんにちは。
防災の地震関連25弾です。
今回は大きな地震などが起こり避難する際に
気をつけたい事に関してまとめてみました。
それでは一緒に見ていきましょう。

 
避難する際は欲張らない

災害が発生した時に財産を失いたくない気持ちはわかりますが
一刻を争う時であれば欲張ってあれもこれも持ち出そうとしないことです。

 

苦労して手に入れた物であれば気持ちはわからなくもないですが
そういった行動を取って死んでいった人が多いのも事実です。
必要最低限の物だけにして下さい。

 

貴重品は日頃からリストを作って盗難の心配がなさそうな
安全な場所に一カ所にかためておいてもいいと思います。
急いで逃げる際にはそれだけを持って逃げるのです。

ある程度リスト化して管理をしておくといいと思います。
証書番号や連絡先をメモしておくと被災しても
その後の手続き等がスムーズです。

 

車の登録番号、クレジットカード番号、
保険証番号、銀行口座番号、印鑑登録番号・・・

 

不用品は処分し整理整頓

家の中に物があふれていれば年に一度は処分した方がいいと
思います。まだ使えそうな物で捨てるのに抵抗がある物は出張の
リサイクルショップを利用したり、インターネットでヤフオクや
メルカリなどを利用して販売してもいいでしょう。
ひょっとしたら、お宝が眠っているかもしれませんよ。

やはり家に物が多すぎると地震が起これば非常に危険です。
棚の上に重量物を置いていないでしょうか?

 

私の実家にもありましたが、昭和の時代に誰かからもらった
鮭をくわえた木彫りの熊とかガラスケースに入った人形とか
棚の上に置きっぱなしになっていないですか?(笑)

揺れて落ちてきたら危ないですよ?
基本的に落ちてきてケガをしそうな物は上には置かないでください。
そういったものは非常時に人間を襲います。

 避難所へ向かう準備

自宅では生活ができないと判断し避難所へ
行く際にどのような手順を踏めばいいのでしょうか。

 

ガスの元栓を閉じ、配電盤にある電気の主電源のブレーカーを
OFFにします。地震により壊れた電化製品がコンセントに
つながれた状態で停電が復旧してしまうとそれにより
発火し火災が発生した事例は過去にたくさんあります。

阪神大震災ではこういった通電火災によりあちこちで
火災が発生したのです。ですから避難所などから自宅へ
戻った時も全ての電化製品のコードがコンセントから抜いて
ある事を確認してから主電源のブレーカーをONにしてください。

 

家から出た時に壊れていなくても避難している
間に余震で壊れてしまう事もあるからです。

 

揺れている時に余裕があればドアを開けて出口を確保してください。
家を出て街中を歩く際に上から何が落ちてくるかわかりませんから
必ず頭を保護できる物を携帯しましょう。

 

ヘルメットが無い場合はクッション性のある帽子か
座布団などもあれば活躍すると思います。
街灯が夜にどれほど正常に機能しているかわかりません。
懐中電灯があるとより安心かもしれません。

自宅の玄関ドアには家族が無事かどうか、どこに
避難しているのか、何か貼っておくと周囲が安心できます。

 子供の引き渡し

平日の昼間は親子が別々の場所にいる事がほとんどだと思います。
小さなお子さんがいる場合は不安だと思いますが日頃から
子供の引き渡しに関して話し合っておくと安心です。

子供が幼稚園などにいる間に地震が発生し両親が
帰宅困難者になった際に誰が迎えに行ってくれるのか。
保育所と幼稚園や小学校とではルールが違うかもしれません。

 避難所の種類

避難所には一時避難場所、広域避難場所、
防災拠点(避難所)などと種類があり被害の
状況によって避難する場所が異なります。

 

一時避難場所や広域避難場所は公園などになり
ますし収容避難所は学校や公民館などになります。

 

集合住宅の場合はまとまって避難所に行くと
情報伝達の面でもスムーズになりますし顔見知りが
いれば少しは不安が解消されるはずです。

避難所は希望すれば全員が過ごせる訳ではありません。
自宅が全壊したなど物理的に住めない人が優先です。

 

食料などの配給は避難所に届きますので届いた時に
もらえるようにしておく事が大切です。しかし前提として
自宅で自力で数日間は過ごせるように準備はしておくべきです。

 

 

 

以上、防災の地震関連25弾でした。
いかがでしたか。
いざ避難するとなると何か大切な事を忘れて
いるのではないかと色々と気がかりになります。

 

やはりそういった頭が混乱している時に思い出す作業は
スムーズにできませんので日頃からメモしたり
一部でも記憶しておく事が大切です。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

>>最適表示のメインサイトはこちら<<

 

>>最適表示のメインサイトはこちら<<

こんにちは。

防災の地震関連24弾です。

今回は大規模な地震が発生した際のマンションに

おける避難方法についてまとめてみましたので

一緒に見ていきましょう。

 

耐震ドア

マンションで避難する事を考えてみましょう。

最近のマンションでは玄関のドアも耐震ドアになっています。

過去に大きな地震が起こった際に玄関ドアが開かなくなった事例が

いくつもあったからです。正確にいうと耐震枠付き玄関ドアです。

 

地震で玄関ドアの枠が多少歪んでしまってもドアが開けられるように

扉と枠との間に多少隙間を設けた耐震枠付きの設計になっているのです。

これにより家の中に閉じ込められる事を防ぎます。

 

 

まず大きな揺れを感じたら身の安全を確保する事が先決ですが

少しでも余裕があれば玄関ドアや家族のいる居室のドアを開ける

ようにしてください。窓がない部屋の場合は特に注意が必要です。

 

もし耐震ドアに対応していなくて開かなくなってもベランダから

避難する事ができるようになっています。ベランダからどのように

避難できるのか事前に頭に入れておきましょう。

 

ベランダの隔て板

ベランダには隔て板というものが必ず設置されています。

これは隣の家のベランダとの間に設けられた板の事です。

緊急の際に蹴破って隣の家のベランダへ避難する事ができます。

 

 

しかしこの板は簡単には壊れません。長ズボンを履いた状態で足で

思いっきり蹴破るか、何かハンマーのような工具で叩き破るしかありません。

板ですから壊した時も綺麗な穴が開くとは限りません。

 

尖ったギザギザ状になっている穴を通る時にケガをしてしまう事も

考えられますので十分注意して上手く活用してください。

 

ですからこの板の付近には日頃から絶対に何も物を置かないように

しておくべきです。もしベランダに長年不用品を置いているのであれば、

いい機会ですので不用品を処分してもいいかもしれませんね。

ベランダの避難ハッチ

ベランダからの避難方法として避難ハッチもあります。

ベランダに設置された折りたたみ式のはしごの事です。

これは一般的に角部屋のベランダにしかないと思います。

 

 

隔て板を蹴破って隣の家のベランダへ行っても、そこの家の人が

不在であるとか、怪しんで中へ入れてくれなければ共用廊下側へ

出て避難する事はできませんので角部屋のベランダまで隔て板を

次々と蹴破って行く事になります。

 

避難ハッチの使い方ですがベランダの床にフタがあってそれを

開けると自動的に下階へはしごが下りていきますので、

そのはしごを使って下階のベランダへ降ります。

 

はしごを下す際には念のため下へ声を掛けてから下すように

してください。これらの操作はメーカーによって多少の違いは

ありますが大まかな操作方法はこのような感じです。

 

フタに使用方法が貼られている場合もありますし、

もし無ければ取扱説明書などで確認してください。

 

小さな子供やお年寄りにとっては避難が難しいと思います。

そういう事も想定して家族構成によっては命綱の代わりに

なるものも用意して併用すればいいかと思います。

 

この避難ハッチが正常に使用できるかどうかは年に1回ほどの

頻度で消防点検の際に業者が行ってくれるはずです。

 

居住者名簿

こういった避難用の設備を使用するのは健常者の大人でも

不慣れで大変です。高齢者や要介護者や小さなお子さんが

いるご家庭では逃げ遅れる可能性が高まりますので非常時に

助けてもらえるように事前に管理組合に伝え居住者名簿などに

その旨記載しておいてもらいましょう。

また近所の方にも相談しておくと安心だと思います。

 

室内ですべき防災対策

室内も普段から大型家具の転倒がないように固定したり、

高齢者向けに廊下などに手すりを付けておきバリアフリー

対策をしておくと急いで動かなければならない時も安心です。

 

 

夜中に停電が起こった際にも非常灯として使える物も用意

しておくといいでしょう。またカーテンや寝具、カーペットなども

防炎加工であれば火災が起こった際も時間稼ぎになるはずです。

エレベーターは使用しない

共用廊下まで避難ができてもエレベーターは使用しないでください。

かなり高層階に住んでいる方であれば使ってしまいそうになりますが

非常時は使ってはいけないと強く決意してください。

 

大きな揺れがあったら自動的に運転中のエレベーターは

最寄りの階で止まったり、停止中であれば安全を考え

使用できなくなる機能もあります。

 

 

しかし旧式のエレベーターであれば使えてしまいますが非常時は

使わないで階段で避難するという事を覚えておいてください。

 

万が一乗っているエレベーターが止まっても緊急連絡先の

ボタンがありますので電話が無くても外部の保守サービス会社

と会話ができますので落ち着いて状況を説明してください。

 

 

 

以上、防災の地震関連24弾でした。

いかがでしたか。

玄関ドア側から避難ができなくなると絶対に

多くの方はパニックになると思います。

 

一度ベランダ側を使って避難するシュミレーションを

家族でやっておくと少しはマシになると思いますよ。

それではお部屋探しの方、応援しております♪

>>最適表示のメインサイトはこちら<<

 

 

>>最適表示のメインサイトはこちら<<

こんにちは。
防災の地震関連23弾です。
今回は地震により被災した時の食事の取り方に
関して簡単にご紹介したいと思います。
それでは一緒に見ていきましょう。

 

備蓄する食料と加熱器具

飲料水や食料の備蓄は10日間分もあれば安心できるレベルです。
やはり本格的な公的支援が始まるまでは家族や近隣住民とで
お互いに助け合って自力で何とかしなくてはなりません。

 

備蓄する食料は防災セットなどで売られている物では不安があります。
その食料が自分の苦手な食料かもしれないからです。
普段から自分が好きで食べている種類のもので保存期間が
比較的長いインスタントの物を備蓄するのがいいと思います。

 

電気とガス、水道が止まってもカセットコンロ(ボンベも予備を
保管しておきましょう。使用期限があるため備蓄する際は
古いものから順番に使用しておきましょう)があれば備蓄していた
ペットボトルの水でお湯を用意しインスタント食品や
レトルト食品を温めるだけで食べられますので便利です。

食事というのは単にカロリーを摂取してお腹を満たすという
単純な行為ではありません。自分好みの美味しくて温かい
料理というのは人の心を癒してくれるからです。

 

ただでさえ被災して気持ちが落ち込んでいる時に温かみがなく
好みの味ではない食事が続けばますます元気がなくなっていきます。

 

水道も使えない状態が続けば衛生面で心配ですので食中毒
などの二次災害が起きてしまう可能性があります。そんな時でも
病院でどれだけスムーズな対応をしてもらえるかわかりません。

 

ですからこういった状況での食事で火を通す事はとても
大切な事なのです。お湯がすぐに手に入らないからといって
粉ミルクを水で溶かして赤ん坊に与えていたという人も
過去の震災でいたようですが粉ミルクの中には様々な菌
いますので必ずお湯で溶かして使用するようにしましょう。

 

 

冬だけに限らず季節を問わずすぐにお湯を確保できる
準備は必要だと思います。カセットコンロを使用する際には
換気を忘れないでください。換気扇が使えない状態で
あれば窓を開けて定期的に換気を心掛けてください。

 

屋外で使用する場合でしたら風が気になると思い
ますが風防機能が付いているコンロもありますので
そういった商品も検討してください。

 

水道、電気、ガスの中で都市ガスの復旧は一番遅い
といわれていますので電気式の加熱調理器具があれば
自宅でしばらくの間は何とかなるはずです。

 

ホットプレートや卓上のIHクッキングヒーター、電気ポット、
電子レンジなどがあるだけでもかなり安心です。

 

栄養を考えた食生活

あとどれくらい経てば普段通りの食生活に戻れるかわかりま
せんから備蓄する食料も栄養が偏らないよう工夫しましょう。

 

 タンパク質や脂質

血液や筋肉など体をつくる材料になる栄養素です。
卵、大豆、鯖の缶詰、鶏ささみ肉、乳製品・・。

炭水化物

体を動かすエネルギー源になる栄養素です。
白御飯、パン、麺類、鯖の缶詰、イモ類・・。

ビタミンやミネラル

体調を整えるための栄養素です。
野菜、果物、ゴマ、キノコ類・・。
昆布のおにぎりや、アサリやシジミ、ワカメが入った
味噌汁などいいと思います。サンドイッチも野菜の
具材が色々入っていれば手軽に取れてオススメです。

 

 

調理器具や食器の洗浄方法

調理する際に断水と排水禁止が重なり、水が一切使えない

状態が大変です。使用した調理器具や食器を洗う事ができません。

 

このような状況ですから使用する調理器具や食器の使い方を
見直す必要が出てきます。雑菌が付きやすいまな板は使用しな
いでキッチンばさみを使用し、食材をあえる際にもビニール袋の
中でボウル代わりにして混ぜていきます。

 

手が洗えませんから基本的にはビニール手袋を使用しての
調理になってきます。使用する食器もラップなどを上から敷いて
食事が済めばラップだけ交換していくようにすれば解決します。

使い捨ての紙のお皿やコップも便利ですがこのような生活が
長期化すると維持する事も難しいですしゴミも増えます。

 

料理で使用した調理器具はウェットティッシュで拭き取り最後に
アルコールのスプレーを吹きかけて除菌するようにしてください。

 

キャンプ生活の経験

このようなライフラインが整備されていない生活は不便さでは
キャンプに似ています。どのように工夫できるかで感じ方が違ってきます。

実際キャンプ用品は災害時に活躍するものも多いのです。
屋外のテントで寝泊まりしてアナログで不便な方法で
調理をする事を一度でも体験すれば工夫も生まれますので
比較的被災した時のストレス軽減につながっていきます。

 

学校の行事や家族で行われている泊りのキャンプ生活の
体験は決して無駄にはならないのです。

 

 

 

以上、防災の地震関連23弾でした。
いかがでしたか。

 

レジャーを通して楽しみながら一度でも
不便なキャンプ生活を経験すればいざという時に
様々な工夫が生まれるはずです。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

>>最適表示のメインサイトはこちら<<