痛みの話の続き | 西荻窪にある大安吉日治療店のブログ

西荻窪にある大安吉日治療店のブログ

身体に関する話を中心に
ゆるくゆるくガチにやります

あわよくばこれを機にお客さんが増えて売り上げを上げる目的でブログを始めました。

個人、個人の手の届く範囲で右肩上がりになりますように。
是非ともご贔屓にー!

三方よしにー!

no nukes!!

押忍

 

こんにちわ

 

大安吉日治療店です。そういえば来年新店舗を出す予定です。

色々と準備している事をコツコツやってきちんと花咲かせようと思う今日この頃です。

 

皆さん、健やかにお過ごしください

 

ほんじゃーまぁ、痛みの話を続けます!

 

①炎症由来の外傷系

②なんらかの神経痛(デルマトーム参照)

③内臓の関連痛

④リウマチ等の病気由来

とここまで書いたとこでしたね。
 
そんで大事な⑤の話ですね
 
ここに入る⑤とは
 
⑤酸欠由来
となります。ええ、めっちゃシンプルな話ですけど、痛みはもうこの5つでほぼ確定というか我々の商売柄この5つで事足りるんじゃないでしょうか?
 
もうそのまま血行が悪いと痛くなりますよーって話をきちんと明確に、科学的に説明すると「酸欠」というキーワードは切っても切れないです。
 
 
酸欠と一口に言っても身体の色々な部分や状態に左右されます
 
例えば
そもそも呼吸が浅くて、全体的に酸欠傾向にある場合
アルコールはまぁぼちぼちとして
タバコは本当に害しかなく、タバコ吸ってる人は40代以降で自覚症状が急に出ます。
酸欠言うてるんだから、煙吸うとかそりゃーねーみたいな話ですよね。
カフェインもそれで言うと酸欠を強くしますね。
 
他にも身体の状態的には良くてもデトックスがうまくいかなくて酸欠になる
水分不足で血液の状態がとか
体内の酸化作用で酸欠(サビるような酸化だと、酸素が足りないって話ね)
 
さぁそして酸欠で痛みを出すと言う事は何かが脳に信号を送るわけじゃない?
 
その流れは・・・・
結論から言うと
「真皮、筋膜、関節包」となります!!
 
さあこの説明を次回しますね。ではではー
 
 
補足