究極の物理勉強法~たとえ話と微積分で高校物理が楽しくなる

物理の予備校講師で『微積で楽しく高校物理が分かる本』の著者の田原真人が、物理の学び方のコツを紹介。物理が分からない人は、公式を丸暗記するのを止めて、解法体系を学びましょう。必ず道が開けてきますよ。


テーマ:

田原です。

こんにちは。


今日は、物理の数式処理と数学の数式処理の違いについて書きたいと思います。


数学で登場する数式と違い、物理の数式は、「解釈されるもの」です。


物理の数式には、その数式が表す「自然現象のイメージ」が張り付いているのです。


ですから、数式を変形すると、それに伴って、「自然現象のイメージ」も変化します。



丁寧に式変形すると、イメージが可能な数式だけを経由して、イメージを動かしながら、数式を処理できるようになります。


このようなことができると、何がよいかというと、


数式処理を間違えたときに、変なイメージが出てくるので、すぐに気づくことができるのです。


また、普段からしっかり対応させておくと、イメージだけを正確に動かすこともできるようになります。


数式とイメージの対応に気をつけて、解いてみてくださいね。


関連するたとえ話「式変形ロボ・ウカルンジャー」はこちら



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

田原真人@きっと物理が好きになるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。