たぐちのミニ四駆

たぐちのミニ四駆

秋田県で活動しているミニ四レーサーの端くれです。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
いつぶりの更新だろう・・・笑

さて先週、花巻市で開催されたAdvanced M4 Challenge Cupに参戦してきました。

ここいらでは数少ないフラットコースの大会です。



フラットコースですのでコースアウトする可能性が低く、セッティングの基礎を学ぶにはもってこいですね。

普段走らせることのできないフラットですのでセッティングの確認をしながら走らせました。

マシンは今回のために新車を製作。



特にタイヤに関しては今回は全て自作。
恥ずかしながら今までは頂いたものを使っていました(オイッ


お試し程度に作ったことはありますが、じっくり作ったのは今回が初めて。
おかげさまで少し径が小さく(34.60mm)なってしまった笑


第1ヒート

前日の夜に使用するバッテリーを放電→充電

会場に到着次第、完全放電→充電

モーターは受け取り次第アルカリで慣らし。
まだ勉強中なので順方向のみ。

スラストは右が4度、左が3度くらいでスタート

爆弾は例によってN-Paさんからお借りしてアタック!


スピードもまずまず

LCも決まって幸先よくタイムを残す。

31.038秒(6.95m/s)


第2ヒート


LCは余裕があるように見えたので右前のスラストを4→3.5度くらいに

電池は同じものを完全放電→充電

マシンの状態はできるだけ一定にして、セッティング変更による結果の信頼度?
を上げたかったので一日を通して同じ電池を繰り返し使用しました。
(これで一定になっているかは定かではないですが・・・)

結果、LCは若干浮き気味になっているものの何とか踏ん張る。

30.560秒(7.06m/s) (-0.478秒)



第3ヒート

右前をさらに薄紙一枚減らしアタック

放電→充電

LCフライ!

CO


第4ヒート

右前を元に戻し、放電→充電、モーターを回し続ける

LCフライ!

マシンの速度が上がったのか、LCの抜けで踏ん張れずにスル~とアウトリフトしていく感じ。

さっきは運が良かったのでしょう笑

第5ヒート

ここでLCの挙動を見てくれていたMA2のなゆさんからアドバイスを頂き、
ローラーの高さをワッシャ―2枚分変えてみることに。

放電→充電

モーターもガンガン回す。

慣らしではモーターの回転数が上がっている感覚はなかったのですが
タイムは縮まっていたためアタリが出てきたのだと思います。
(他に何かタイムの縮むセッティング変更をした記憶もないですし・・・電池??笑)

スマホのアプリで回転数を測りたかったのですが、周りの異音も拾ってしまい上手く測れませんでした。


29.963秒(7.20m/s) (-0.597秒) 



結果
最終的に第一ヒートより1.075秒のタイム更新となりました。

今回の1位は埼玉のサクライさん。

遠いところお疲れ様でした。じっくりお話できなくて残念・・・次回は必ず!





やはりフラットではコースアウトする可能性が立体に比べて低く、
セッティングの違いがタイムに現れるので勉強になりますね。

またCOするのもLCが多いのでそこに集中できるのもいいです。


実は今回参加するにあたって、タイヤのグリップとギアの違いによる
挙動(速度)の変化を感じること。

と自分の中で設定していたのでそれに対する達成度は50%くらい。

でもローラー高さによる挙動の変化を感じられたのはよかったです。

この経験は次に活かします。


以上、お疲れ様でした!
次回もよろしくお願いします(^_^)/






くどうくんオメ!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス