田吾作「今回は田吾作ファームで栽培中の唐辛子の生育を紹介する。」



「唐辛子も他の夏野菜と同様に日照不足の影響を受けていたが、投光器の光を照射するようになってから元気に育っていった。」



「そして白色の花を咲かせた唐辛子は、結実して辛味を感じさせる赤色に染まっていった。」



「唐辛子は1種類を栽培している。」



「品種は鷹の爪である。」





鷹の爪





鷹の爪の花





田吾作「唐辛子の花はピーマンやパプリカの特徴とほとんど同じである。」



「何故ならピーマンやパプリカの祖先は唐辛子だからだ。」



「ピーマンやパプリカは辛味が少ない唐辛子の一種と言うことができるだろう。」





鷹の爪の未熟な果実





田吾作「そして花が枯れて結実すると緑色の果実を付ける。」



「このときに唐辛子は環境によって、完熟したときの辛味が変わってくる。」



「唐辛子は暑い地域では辛くなり、寒い地域では辛くならない性質があるからだ。」





鷹の爪の完熟した果実





田吾作「そして完熟するとお馴染みの赤色に染まる。」



「唐辛子が辛味の主成分であるカプサイシンを含んでいるのは身を守るためだと思われる。」



「果実を食べた動物が辛味に驚いて吐き出し、そこに種が落ちて発芽するという仕組みなのだろう。」










田吾作「このように唐辛子は数は少ないながらも収穫することができた。」



「試しに鷹の爪を食べてみたら、未熟な緑色の状態で想像を絶する辛さになっていた。」



「完熟した赤色の状態は、ブート・ジョロキアやキャロライナ・リーパーを感じさせるほどだった。」



「日照不足で唐辛子本来の辛味を引き出せたのは、土作りが良かったからだと思われる。」



「田吾作ファームの唐辛子の栽培は来年に続く……。」
















人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フォローしてね…

読者登録



如月祐介のブログ 「東方零式幻想歌」


LINE公式アカウント 「ハムスター通信」


歌詞の通信販売 「ジャパネット如月」


植物の通信販売 「ジャパネット田吾作」



日用品の通信販売 「ジャパネット花子」


如月祐介のキッチン 「花子クッキング」