田吾作「今回は田吾作ファームで栽培中のリンゴンベリーの苗の植え付けを紹介する。」



「リンゴンベリーはヨーロッパが原産で、地域によっていろんな呼び方をしているコケモモの一種だ。」



「生食には適さないがジャムやジュースやシロップなどに適しているので、興味があれば鉢で気軽に栽培してみるのがいいだろう。」



「リンゴンベリーは1種類を栽培している。」



「品種は野生種のリンゴンベリーである。」





リンゴンベリー
田吾作「これがリンゴンベリーの栽培スケジュールだ。」



「苗は12月上旬から3月下旬に植え付け、9月上旬から11月下旬に収穫期を迎える。」



「日照条件は夏は半日陰の風通しが良い場所、冬は日当たりが良い場所が適している。」



「水やりは加湿が苦手なので、土の表面が完全に乾いたらたっぷりと与える。」



「肥料は3月上旬から3月下旬、9月上旬から9月下旬に与える。」










田吾作「これがリンゴンベリーを栽培するための鉢だ。」



「事前に堆肥と土壌改良剤を土に混ぜて連作障害対策をした。」



「連作をすると土の中の悪玉微生物が増えて、植物が病気になりやすくなってしまう。」



「つまり土の中に善玉微生物を増やすことによって、悪玉微生物が駆逐されて連作障害が発生しにくくなるのだ。」



「そのため事前の土作りの段階で善玉微生物を増やして、連作障害になりにくい環境を整えることにした。」










田吾作「リンゴンベリーの栽培に適した酸度は4.0~4.5pHだ。」



「酸度はピートモスと硫安を使って酸性に傾けた。」



「農薬はベニカXガード粒剤を使って虫と病気の対策をした。」



「肥料は苗の植え付け2週間前に遅効性の有機肥料、1週間前に緩効性の化学肥料を使った。」



「酸度の調整についてはサカタのタネの家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信、植物に必要な栄養素については住友化学園芸の肥料成分の働きを読んでほしい。」









田吾作「苗は事前にメネデール100倍液に30分くらい浸した。」



「これによって苗は栄養を補給できて生育を向上させることができる。」



「メネデールは植物活性剤でサプリメントのような効果を発揮してくれるのだ。」



「そのため一般的には植物に元気がないときに、葉面散布や灌水して使うことが多い。」



「希釈倍率の計算は、農家の味方の農薬希釈 自動計算を使うのが便利だ。」










田吾作「こうしてリンゴンベリーの苗の植え付けが終わった。」



「リンゴンベリーは耐寒性と耐陰性が強いので、日照不足の田吾作ファームは栽培に適した環境だと言えるだろう。」



「その一方で耐暑性は弱いため、これからの時期は植物の状態をよく見極めて栽培しようと思っている。」



「このように植物は必ずしも日光と水を好むとは限らないので、それぞれの性質をよく調べて栽培することが大切だ。」



「田吾作ファームのリンゴンベリーの栽培は続く……。」























人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フォローしてね…

読者登録



如月祐介のブログ 「東方零式幻想歌」


LINE公式アカウント 「ハムスター通信」


歌詞の通信販売 「ジャパネット如月」


植物の通信販売 「ジャパネット田吾作」



日用品の通信販売 「ジャパネット花子」


如月祐介のキッチン 「花子クッキング」