田吾作「2020年5月28日に種まきをした枝豆が発芽しなかった。」



「今年は雨が多いので種が腐ってしまうのと、日照不足のため発芽に苦戦しているのだ。」



「そこで3回目となる枝豆の種まきをした。」



「枝豆は3品種を栽培することにした。」



「品種はビアフレンド、房成茶豆、たんくろうだ。」





ビアフレンド


房成茶豆


たんくろう











田吾作「本来枝豆は4月下旬に種まきをしてポットで苗を育ててから植え付ける。」



「ただマンションという限られたスペースではポットを使った苗の育成ができない。」



「そこで収穫期は短縮されるが、種まきの時期を5月にずらして種まきをしたのだ。」



「ただなかなか発芽しなかったため夏まきになってしまった。」



「これはこれで条件を満たせば発芽すると思う。」











田吾作「これが南側のベランダの枝豆を栽培するプランターだ。」



「今回もひとつのプランターで3品種を栽培することにした。」



「枝豆は緑豆と茶豆と黒豆をひとつのプランターで栽培する。」



「各品種の味と生育の違いを比べてみたいと思ったからだ。」



「それぞれが交雑したら品種改良だと前向きに考えるつもりだ。」











田吾作「枝豆の栽培に適した酸度は6.0~6.5pHなのでちょうど良いと思う。」



「化学肥料は植え付け2週間前に緩効性の肥料を投入した。」



「これに加えて開花や結実を促進するリン酸を多く含んだ緩効性のようりんを隠し味に投入した。」



「豆科の作物は根粒菌によって自ら窒素を作り出す。」



「そのため窒素過多にならないように肥料は最小限にするのがポイントだ。」





土壌酸度計


マイガーデン ベジフル


ようりん












田吾作「種は事前にメネデール100倍液に30秒ほど浸した。」



「いつもは30分だが今回は30秒である。」



「メネデールは植物活性剤でサプリメントのような効果を発揮してくれるのだ。」



「植物に元気がないときにも使えるので何かと重宝する。」













田吾作「次に種をジベレリン50ppm液に30秒ほど浸した。」



「ジベレリンは植物自身が生長する際に分泌する成長ホルモンだ。」



「これを人工的に与えることによって植物の生長を促進させることができる。」



「種まきの際にジベレリン処理をすると発芽率と生育を向上させられるのだ。」













田吾作「更に種を酸化チタン1000倍液に30秒ほど浸した。」



「種に酸化チタン処理をすると太陽光に敏感になって発芽しやすくなるのだ。」



「田吾作ファームは日照不足のため普通に種まきをしてもなかなか発芽しない。」



「そこで試験的に田吾作ファームでも酸化チタン処理を試すことにした。」














田吾作「こうして3回目となる枝豆の種まきが終わった。」



「今回は投光器と酸化チタン処理をしたので発芽すると思う。」



「ただ今年は雨が多いので種が腐ってしまうことが心配だ。」



「いつになったら梅雨が明けるのか気がかりだ。」



「枝豆が元気に発芽する日を楽しみに待っている。」

































人気ブログランキング: 家庭菜園


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村: プチ農業


フォローしてね…

読者登録: フォローする



ペタしてね

ペタ: ブログから



如月祐介のブログ 「東方幻想的歌詞」