小児科地方会

テーマ:

今日は朝から長崎大学付属病院にて「日本小児科学会学術集会長崎地方会」が開かれました。昨日の長崎大学小児科同門会に参加した後、そのまま長崎市内に宿泊していたので、ゆっくりおきた後に学術集会に参加しました。若干二日酔いが残った頭ですっきりとはしていませんでしたが、一生懸命学術的な発表を聞きました。大変ためになる発表もあり、貴重な日曜日の午前中の時間を割いて長崎市まで足を伸ばした甲斐がありました。夕方から大村市内でとある会合に出席しないといけなかったので、早めに学会会場を後にして大村に戻りました。

途中昼食をとっていないことを思い出し、なぜかうどんを食べたくなったので諫早市内のうどんチェーンに入店しました。店内の席がほぼ埋まっていて順番待ちのお客さんが待っている状態でしたが、カウンターの一人席が空いていたのでそこに座りました。その席の隣のお客さんに見覚えがありました。私が勤務医時代に未熟児室で治療をした超低出生体重児のお父さんでした。その隣ではその小さく生まれたこどもさんが並んでうどんを食べていたのでした。立派に成長し18歳になっていました。その18歳の未熟児上がりの青年は高校の調理科に進み、もうすぐ調理師の免許が取得できそうで、しかも久留米市内の飲食店への入職が内定しそうとのことでした。生きるか死ぬかの状態を生き抜き、高校に入学するだけの知的発達を遂げ、社会人として一人前に過ごしていけるほど成長してくれたことに感動を覚えたのでした。立派な調理師になれるようにがんばってほしいと思いました。ここまで小さかったこどもさんを養育された親御さんのがんばりに敬意を評すると同時に、未熟児・新生児医療に携わったものが味わえる醍醐味を改めて感じたのでした。今日はとてもいい日でした。

小児科同門会

テーマ:

今日は長崎大学小児科同門会爽快、忘年会が長崎市で開かれました。参加してきました。滅多にお足することのない先輩方と会うことができてよかったです。かつ、少し飲みすぎてしまいました。明日は日本小児科学会長崎地方会が開かれます。今日はこのまま長崎市に滞在、宿泊します。明日の地方会に参加するためです。頑張っておきます。

忘年会シーズン

テーマ:

年も押し迫り、忘年会のシーズンです。昨日は大村市医師会歩こう会の忘年会でした。市内某所に歩こう会のメンバーが集まり、今年の活動を振り返って会員同士の親睦を深めました。宴会場にはスライド映写ができるようにスクリーンとプロジェクターを持ち込み、歩こう会例会であちこちを歩いた際に撮りためた写真を映写しながら楽しみました。また恒例のクイズ大会も行われ、私は3位になり賞品をいただきました。

 

今年1年大きな怪我で途中でリタイアしたりする方もなく、 無事1年間を過ごすことができました。メンバーの皆さん、1年間ご苦労様でした。また会の運営を支えてくださっている関係者の皆さんに感謝します。来年もどうぞよろしくお願いします。

 

開院記念日

テーマ:

今日12月13日は当院の開院記念日で、今年で11周年です。昨年は節目の10周年でしたので、これまでにお世話になった関係者の方々をお呼びして宴席を設けました。今年以降しばらくは節目ではないので、お祝いの気分と感謝の気持ちを心の中でかみしめようかと思います。本日当院を訪れていただいたこどもさんだけに特別に感謝の気持ちを込めたプレゼントをお渡ししました。サンタの格好をしたスタッフが対応しました。これまで当院の活動に対してお世話になった全ての方々に御礼申し上げます。また当院をかかりつけとしていただいているこどもさんとご家族に対して感謝の意を表します。今後ともどうぞよろしくおねがいいたします。

漢字の日

テーマ:

今日12月12日は「漢字の日」だそうで公益財団法人日本漢字能力検定協会が1995年12月12日に制定したものです。日付は12と12を「いい字一字」と読む語呂合わせで、日本人ひとりひとりが毎年「いい字」を「一字」は覚えて欲しいとの願いが込められているとのこと。同協会は毎年この時期に「今年の漢字」を募集しています。平成30年の漢字は「災」に決まったそうです。確かに今年は自然災害が多かったです。豪雨、台風、地震など全国に爪痕を残し、多くの方が被災されて今でも不自由な生活を送っておられます。私たちは今年災難に遭われた方々を覚え、1日も早い被災地の復興と被災者の方々の平穏な生活をお祈りしましょう。