GWが終わったと実感・・・ | 兵庫県の乗馬クラブ 明石乗馬協会オフィシャルブログ

兵庫県の乗馬クラブ 明石乗馬協会オフィシャルブログ

明石を中心に神戸から姫路まで幅広く通って頂きやすい乗馬クラブ明石乗馬協会のオフィシャルブログです。
”明石乗馬協会”のスタッフが随時更新していきます。


テーマ:

5月10日(金) 晴れ

 

皆様、こんにちは

金曜日担当の三木翔一朗です。

 

先週の金曜日はGW真っ只中で明石では部内戦の「ARAHF」で賑やかでしたが、

本日の明石は??

 

あれアセアセ誰もいない!?

 

ご安心下さいニヤリ

GWが終わって明石の人気が落ちたわけでなく、午後は会議やら施設の掃除でレッスンがないだけです

毎週金曜日は会員様がより快適に乗馬を楽しんでいただくために午後から掃除をしているのですニヤリ

別に仕事をサボっている訳でないですから!

 

そんな金曜日の午後は自馬さんが練習に来るので割りと賑やかです。

バリーナのブラッシングをしているNちゃん馬

 

ちゃんと声を掛けたらポーズをとってくれるNちゃんおねがい

これは将来は大物になる気がします・・・

Nちゃんとバリーナのコンビでの競技デビューもそう遠くなさそうですOK

 

GWが終わった週末もいい天気で絶好の乗馬日和なので、

ぜひぜひ馬に会いにご来場下さい馬

 

ではでは良い週末をおいで

 

お知らせ

 

お祝い令和元年記念「ヘルメットSALE」開催中お祝い

5月1日~5月31日までヘルメットSALE開催中ですチョキ

暑い時期を「快適」に過ごせるヘルメット揃えました!

一部商品は15%OFFラブ

買い替えるなら今がチャンスです!

 

ちなみに・・・

昔に比べて乗馬用ヘルメットの性能も上がり、安全性と快適性に優れているヘルメットが増えました。

現に明石の会員様も良いヘルメットを着けている方が多いです。

もともと衝撃から頭を守るために頑丈な作りなのでヘルメットが壊れることはめったに無いです。

壊れることがないので買い換えるタイミングもない方が多いのですが・・・

疑問に感じたのが、そもそものヘルメットの寿命はどれくらい???

 

調べてみると・・・

かぶったり脱いだりを繰り返すことで少しずつ内部の衝撃吸収ライナーにダメージが与えられ、劣化が進んでいるヘルメット。

その寿命は購入し、使用をはじめてから約3年と言われています。

だけど、毎日馬に乗る人と週に1回乗る人とでは使用頻度が違うし、劣化の進み方もやはり違ってくるから、

“3 年”といっても非常にわかりにくいのも事実。

そこで交換の目安は、アゴヒモを見よう。

このアゴヒモの端が毛羽立ってきたら、それだけかぶったり脱いだりを繰り返した証拠。

そろそろ交換時期だと思っておくといいだろう。

またヘルメットは大きな衝撃を“たった一度”受け止めるようにしか作られていない

つまり、一度大きな落馬や事故でぶつけて衝撃吸収ライナーが凹んだヘルメットは、

外装に大きな損傷がなくても、もう正常に機能できなくなっています。

 

ヘルメットは安全のための大事な道具ですので、この機会に自分のヘルメットの状態を確認しておきましょうグッ

危ないと感じたら5月のセール中がチャンスですよキラキラ

 

▼△▽▲▽△▼△▽▲▽△▼△▽▲▽△▼△▽▲▽△▼△▽▲▽△▼△
  乗馬が初めての方には、乗馬体験・ライセンスコースを開催。
     神戸・姫路方面からでも通うことが出来ます!

会員様には、競技会から外乗・ツアーまで楽しみ満載!
★ 
乗馬クラブ 明石乗馬協会へ(←HOME馬 
見学等、お一人様でもお気軽にお問合せ下さい。
▼△▽▲▽△▼△▽▲▽△▼△▽▲▽△▼△▽▲▽△▼△▽

 

 

乗馬クラブ明石乗馬協会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ