将棋と韓国語と少女時代

オヤジが好き勝手なことを書いているブログです


テーマ:

 女流王座戦は加藤女王に軍配が上がり、里見女流王座は2連敗で後が無くなりましたが、まだここから3連勝の逆転は有ると信じていますので、頑張って欲しいです。静岡の前夜祭で応援に行く俺の出番がようやくやってきたとも言えます(別に言えないけど…)。将棋連盟のHPに渡辺女流初段による戦前の展望記事が有るのですが、説得力が有るのは加藤さんは持ち時間の長い将棋ほど力を出すので、奨励会(持ち時間1.5時間?)で三段と初段ほどの差が出ないはずとの見解。あと、加藤さんは最近朝日杯で男性棋士にも勝たれたり好調のようですし。(とは言え、奨励会では4月に初段復帰し、そこから9月までは10勝13敗、10月に入って以降3勝3敗なので、何をもってどういう基準で強いとか弱いとかがまったくよく分からないけど。。)

 今日の里見さんは後手番で、中飛車から5五歩の位取りをしたので、結果的にはゴキゲン中飛車と合流と言えるでしょうか?加藤さんは居飛車穴熊。今日の里見さんは、じっくり粘っこい差し手が多かったようですが、全体的には加藤さんにうまく指されてしまったようです。対局直後のインタビューで少し差し手がちぐはぐになったと言われていたので、善悪抜きにして結果としては、いつものように積極果敢に攻め込む感じが無かったのかなと。ニコ生でずっと佐藤和俊六段の解説を聞いていましたが、どこで形勢を損ねたのか分からないものの、気づいたら少しずつ押されてしまったような感じでした。と言うことなので、elmoで解析をしてみることに。ソフトは大概振り飛車に厳しいので、14△5三銀の辺りで331点とやや先手持ちながら、まあ互角という気がしますが、47▲7五歩で111⇒-227点と少し後手側に振れ、その後も一進一退と言う感じでした。手を渡したような62△1四歩でも30⇒144点でそんなに変わらずで、逆に次の63▲6二歩は渋い手のようでしたが、-194点と下がりelmoは気に入らなかったようです。評価値が動いたのは、80△3五歩で、-82⇒373とちょっと先手に振れ、その後は徐々に形勢が先手側へと傾いていきました。elmoの推奨は80△4二金で、その後▲2三角成、△5一飛、▲3四馬、△5四飛・・・と続いたようです。第三局は10日後ですね。女流名人戦の時もそうでしたが、里見さんの底力に期待。

 今日はニコ生で電王トーナメントの予選リーグも有りました。夜に見始めたので、結果しか分かりませんが、決勝トーナメントに残った12チームで、一位通過は7勝1分のPonanza、2位は初出場というYorkieというソフトで6勝1敗1分、3位が6勝2敗のelmo、4位が同じく6勝2敗のやねうら王withお多福ラボでした。やねうら王は優勝候補の呼び声が高かったのですが、リーグ初戦でまさかの敗戦となり(そこだけスマホで女流王座と同時観戦していた...)、どうなることかと心配しましたが、2敗で収まり、ツイッター情報によると、横歩取り定跡に弱点が有り2敗ともそこが原因なので、今日徹夜?して明日までにプログラミングの変更をかけると言っていました。すごいですね。明日の決勝トーナメントが楽しみです。

 私はと言えば、ブログ関係の皆さんが使われているようなので、渡辺竜王監修の「将棋・ひと目の手筋」を昨夜買ってきて、解き始めました。第一章の駒別の手筋がようやく終わり、9割くらいは解ける感じで楽しいです。あと、最後にこの本もそうなのですが、将棋の本にはまえがきは有るけど、ほとんどの場合あとがきが無い。本編の将棋の中身の記事があって、最終ページがそこでぷつっと終わってしまうパターンがほとんど。棋士の先生方は本編に心血注ぎ、読者へのメッセージはまえがきに書いたからそれでいいでしょうということかもしれないけど、それは書き手の論理。読者はまえがきを読んで、本編を四苦八苦してなんとか読破し(難しすぎて、しないことも有るかもしれないけど)、最後まで行きついて、そこで最後に著者の一言が欲しいものなのです。小説などの場合はまえがきが無い代わりに、本当に面白い本の場合その小説の世界にまだ浸っていたいという気持ちで解説記事を読み小説の背景や作者のことを知りたいと思って読んだりするもの。うちに有る本で、飯野七段の詰将棋本には短いけれどもあとがきが有って、自分の子供である詰将棋作品たちとまた遊んでやってください、と書かれておりすごく心に残るし、あと戸辺七段のDVD中飛車本もその本の生い立ちが特殊なせいもあってか、ちゃんとあとがきがある。あとがきはちゃんと書きましょう。

 とか、なんか変なブログになっちゃったな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヤッスーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。