パスポート更新

テーマ:
オーケストラの1月のモスクワ公演のビザ手続きに、有効期限が半年以上のパスポートが必要。
という事で、残念ながら一カ月その期限に足りなかったわたしのパスポートを更新する事に。

ミュンヘンの日本総領事館で、
日本の仕事の速さ、日本人の対応のきちんとさに感激して
無事申請から中5日で新しいパスポートを受け取り(同じく更新しなければならなかったドイツ人は5週間かかると言われたらしい
持っているビザも、2013年から無期限のものなのですが
パスポートが変わったら書き換えなければいけないので、その足でKVR の外人局へ。。

こちらは、いつも以上のカオス。

先週、無宗教であることの証明書をもらいに行った部署は同じ建物の外人局とは違う部門なので実にサクサクと用事が済んだので、今回もちょっと早い仕事に期待したわたしがいけなかったのかチーン

建替え工事中で、待合室は引き受け番号を引き出す機械すらなく、ひたすら立って待つアセアセ
自分の待つ場所がここで合ってるか、持ってる書類が足りてるのかと、不安なたくさんの外国人がガヤガヤしてるのに、各ゾーン担当の警備員は何もわからない

無期限ビザを手に入れてかれこれ五年ほど、この空気を味わっていなかったので、久々のドイツお役所あるあるを体感したわたしなのでした。

待つ側も、日本では想像のつかない自由さ。列からはずれて友達とキャーキャーしていたおばさまが、
あと2人!
くらいのタイミングで、
わたしここに並んでたの
と言って入ってきたり。
でも仕事のとても手早いお姉さんに当たって、自分の番が来たらあっと言う間に用事は完了。
無期限ビザを持っている場合の、パスポート更新に伴うビザの手続きは、パスポート写真と新しいパスポートだけあればすぐに完了します。
あとは6週間後位に新しい身分証を受け取りに行くだけ

EU在住なのでヨーロッパ内の移動時にスタンプはもらえませんが、中国、ロシア、アルゼンチン、チリ、コロンビアなどのビザと共に14か国のスタンプ、沢山の日独往復スタンプと、もちろん2年の学生ビザまで入った10年のパスポートを更新して、新たな10年にわくわくします。

やらなきゃいけないことを何とか済ませてすっきりしたら、
先週から予約していた美容院に髪を切りに行き♡
夜のハウスコンサートに備えてしっかり腹ごしらえすべくお昼を買って♪
{E993ECF5-E069-4A9A-A336-00F8E0F3CA84}
明日はミュンヘンフィルとの合同カルテットでクラブコンサート。
パヴェル・ハースの2番の弦楽四重奏曲、パーカッション付きグラサン
{4EF83B10-4A0E-49D3-8A3C-F8335872B59E}

その前に今夜はいつものお宅でハウスコンサートとして予行をさせていただきます。

ドイツ8年目。初めてわたし以外が全員ドイツ人という編成になりました生ビール
たのしみ!

シューマン

テーマ:
今日は今シーズン始めの定期でした。

イザベル・ファウストを迎えてのシューマンのコンチェルトと、モーツァルトのジュピターをメインにしたプログラム。

先週、高校大学の間、室内楽で本当にお世話になった岡山潔先生の訃報にふれ、

音楽を糧に今生きていること、
自分がドイツにいる事、
これまで自分が学んだこと
などなど、色々色々頭を駆け巡ったこのタイミングで
岡山先生の大好きだったシューマンが、わたしの大好きなイザベル・ファウストをソリストに巡ってきたことが何とも言えない奇跡だと思いました。

もともとは今をときめく作曲家の世界初演コンチェルトをイザベルが弾くことが目玉となるはずだった今回の定期が、先シーズンの終わりに作曲家の突然のキャンセルでシューマンに変わったという偶然まで重なった今回。

どこまでも音楽に真摯に向き合い、
自分の主張ではなくて、音楽の主張の媒体になること
イザベル・ファウストの演奏を聴いていると、いつもこの感覚にはっとさせられるのですが、 
中学時代からお世話になっている松原先生、
高校時代からお世話になった岡山先生をはじめ
自分の周りで音楽家としての道を示してくださった方々は
みんなその感覚を伝えて下さっていて、
10代の頃から、むしろ5歳でヴァイオリンを始めた最初の日から
そんな人々と出会って音楽をし続けられている自分の恵まれた環境に
涙が出るほどの感謝の気持ちを感じるここ数日です。

シューマンの心を貫くような和声や
ひたむきな情熱、時々ほとばしるようなリズムを
大学時代に岡山先生とカルテットを勉強した時よりもしっかり受け入れられるようになり
その痛みや喜びに共感できる自分があり


先生、わたしは今ここでシューマンを弾いています!
と心の底から思いながら今日の本番を終えました。

岡山先生、本当にありがとうございました!!
ご冥福をお祈り致します。



10月!

テーマ:
日本滞在記を書かぬまま、早くもドイツに戻って三週間経ってしまいました。


日本では
{531FB549-BBF0-4E74-B181-3AE7B26357C3}家に到着早々、予想をはるかに上回る元気さで走り出て来てお迎えしてくれたライト様と荷物を置くのもそこそこにセルフィ笑。
{904B321A-4BC9-4759-B9B7-783B667A2B72}
すぐにふみちゃんとまるさんにもご挨拶をして♡笑 
{C6BC1587-38B1-4190-868A-860DE17FE6C7}
5月に時間が足りずに撮り損ねていた
2匹の犬と双子の写真もようやく実現♡
良く見るとお犬様2匹がお菓子に必死過ぎてじわじわニヤリまるちゃん、もはや口開いちゃっている。

{2B561619-F3B5-4B85-BCB4-E8B8735E8BA3}
親友たちと養老渓谷に行ったり。
小学校中学校からのAB型3人B型1人な4人組は、好きな話を好きなタイミングで全員が撃ち放す、なかなかオチの来ない楽し過ぎる親友達。
全員が自分達の行く場所、帰ってからは行った場所を把握仕切っておらず
海ほたるを通って
{21BDDD6C-8154-433B-8538-A1229D9A545F}
{BFE77459-2C3F-48A4-B9F2-26564109B077}
こんな川遊びをした後での共有アルバムの題名が
ん、どこ?館山?
という。
わたしはこの旅行から、直接ドイツでお世話になっている方との食事会に参加し、皆さんに、どこ行ってたの?と言われ、
館山?千葉!アウトレット行った!と言っていたのですが
木更津でしたニコニコ

息抜きをして体を休めつつ
{3CF3806D-3BB6-47CF-BC45-A14D99E9C3D6}
ふみちゃんとのコンサートも無事終了。
お越し下さった方に感謝申し上げます。
1年休んだことで、お互いの変化を感じられて合わせがさらに楽しかったなぁと思いながら、既にやった曲も再発掘してみたくなったり。
高校時代毎日一緒に山手線に乗っていた里見有香ちゃんとも久々の共演でした。ありがとう!

台風にハラハラとしながら日本に帰国、この日はコンサート後半が記録的ゲリラ豪雨、さらにこの後向かった京都では二泊の真ん中が最強台風と、相変わらず雨雲と共に生きるわたし。
{C0120A7F-FAFC-4C3D-A58B-5DCEC9E3402C}

台風接近中の清水寺。
午前中はバッチリ観光できましたが、台風直撃の午後はスタバすらしまっていました笑。

{3DE34848-1AAD-43AA-8EB4-8DBCE1D3E88E}
ライ様の15歳のお誕生日を7日にお祝いして♡
今年のプレゼントは、六本木ヒルズのジョーカーで18.15.13歳のチワワが数年食べていると勧めてきたおじ様に乗せられて
納豆菌サプリにしましたおにぎり

ミュンヘンに帰ってからはミュンへンARDコンクールのセミファイナル、Koblenz公演、アムステルダム公演とドタバタ過ごし
今日は前ゼメスターで手違いのあったウィーンの学籍をきっちり済ませるため真っ暗な中6時半の電車で日帰りウィーンに向かっています。眠いドクロ

電車がガラガラで快適なので、
11月に集まった室内楽の音源をYouTubeで聴きつつ。。
ウェーバーのクラリネットクインテット、知ってるかなぁと思ってかけてみたら、小さい頃から我が家でよく聴いていたメロディでほっこり音譜
同僚の地元でのクラリネットクインテットコンサートに
5月に続いて再びのクラブでのクラシックコンサートでは、パヴェル・ハースのドラム入りカルテット。
友人アーティストのエキシビションではヴァイオリンデュオ♪

冬が大股で近づいてくるドイツですが、ミュンヘン生活のまとめの数ヶ月。がんばります口笛