結果、スピッツのパクりみたいなタイトルになっちゃったので、せめてオールひらがなで。

さて。
僭越ながら私、Facebookもたしなんでおるのですが。 
あ、まあ自分の書き込みはほぼせず、情報収集か友人との連絡の取り合い位にしか使ってないんですけどね。

とあるお友達が先日、こんな日記を書いておりまして。

【お友達が我が家に赤ちゃんを連れてきて、私はお友達とお喋りを楽しみながら一日中赤ちゃんを観察していました。
赤ちゃんは自分が安心でいるために、ただそれだけのために泣いたりわめいたりして安心でいる状態を作ろうとします。 

大人も結局同じで、生きているとなんやかやと複雑なことが上乗せされていくけれど、結局みんな安心を得るためにもがいています。
《安心》である状態は《美しい》《豊か》な状態で、それはつまり《愛》なんだな、と。】

スゴく純粋で綺麗な魂を持った人だなあ、やさしいあのこは元気かなあ、最近会って無いけれど、と思いながらお友達の文章を読ませてもらいました。
*うろ覚えなので、もしかして解釈がちょっと違うかも。

私達は《安心》である時が一番落ち着く。
それは、私の正体が《安心》であるから。
だって、自分と違うものが混じってたら違和感覚えるでしょ?
喉に魚の骨が刺さったら違和感覚えるみたいな感じ?例えが強引?笑。

《安心でない状態》は私ではないのです。

そして《安心》とはつまり《愛で満たされている状態》であり、つまり私とは《愛》なのです。

そうなんですのよ。
私は私自身に落ち着いていいのです。
私の意地悪なところもコンプレックスもシャイなところも、認めて受け止めて抱きしめて愛でてあげたらいいのです。

私が私自身に心地よく落ち着けますように。


と、真面目なお話しを書きながらチーズケーキを食らう。



OM



スピリチュアルランキング

つぶやきランキング