ちょっとグロいよねニヤニヤ
なんだろうね、色だよね。
抹茶あんみつくださいって言ったら、このグロい汁のかかった甘いものが出てきました笑。

お味は美味しゅうございましたけど。

さて。
良い子のみんな、ダルマな行いしてる?笑

ダルマな行いとは正しい行い。
ヨーガスートラが提唱する八枝則の一番最初と二番目の項目。
《ヤマ》と《ニヤマ》ね。

あ、いきなりマニアックなネタでごめん。

昔むかしのその昔、モークシャ(心も体も自由であるという知識)を得たヨーギが伝えてくれた聖典、マニアには有名なヨーガスートラ。

「こんなことをするとサマディ(神様と一体になる幸せな気分)を得られますよ。こんなことはしちゃダメよ」
というような事が書かれた、いわゆるサマディを得るためのHow to本です。

その一番目の項目にあるのが《ヤマ》。
◆暴力はいけません
◆ウソついちゃダメ
◆モノを盗んではいけません
◆規則正しく生活しましょう
◆必要無いものは思いきって手放しちゃえ

これがヤマ。
結構当たり前のこと言ってます。
小学生でも知ってる。
でもね、大人になるにつれてね、だんだん出来なくなってくるよね。

その中の最初の話題《非暴力》について。
サンスクリットでアヒムサと言います。
かの有名なインドのマハトマ▪ガンディが最も大切に守った言葉。
自分がされて痛いことは、人にはしちゃいけません。
自分の行いや言葉で他人の心や肉体を傷つけるなら、その行いは間違いです。
それはダルマな行いではありません、アダルマな行いです(ダルマの反対、秩序に反した行い)。

そんな教えから、世界中にベジタリアンも生まれてきました。
もちろん健康上の理由とか宗教が理由でベジタリアンを続けている人もたくさんいます。

私の見解としては、別にベジタリアンを選ぶかお肉を楽しむかを選ぶのは自由でいいのです。
お肉大好き、お肉があるから毎日が頑張れる。
そう思うなら、その人にとってお肉は無くてはならない大切な相棒。
どうか存分にお肉を楽しんでいただきたい。
ただ、どういう経緯でそのお肉があなたの食卓の上に並んでいるのか、その過程をキチンと知る責任が、あなたにはあります。

ここまで書いちゃって何なんですが、私は完全なベジタリアンではありません。
普段、自分が食べるものを選べるときはお野菜を食べますが、みんなでゴハンに行くとか食べるものが選べない時は、有り難く感謝して、大切にその命をいただきます。

でもそう思えるようになるまでに、少しばかり葛藤がありました。
アヒムサを勉強した当初、アヒムサだけがダルマだと思っていた私。
アヒムサに反することイコールアダルマな行い、秩序に逆らう事と思っていたのです。
だからゴハンに誘ってくれるお友達にも気を遣わせてしまったり、せっかく作ってくれた母の料理を拒否して険悪になったり。

アヒムサを守ろうとすると調和が取れなくなるんです。
何しろ私の住む街は海が近くて特産物も海の幸が豊富にあって、お肉はまだしもお魚と離れた生活なんて考えられない環境で。

その時に気づきました。
お魚を食べないで貫くアヒムサは、ゴハンに誘ってくれたお友達の心にも料理を作ってくれた母の心にもヒムサ(暴力)だな、と。
無知なまま実行するアヒムサは、ダルマをも揺るがすんだな、と。

要するに、忘れないことですかね。
どれだけの犠牲と協力があって私は生かしてもらえているのかを。

そういうことは忘れがちだけれど、やっぱり一日三回は(ご飯の時くらいは)思い出して感謝して過ごしていきたいなあと思う今日この頃。

秋ですね。。。



OM