来て見て体験!ふくしま県ももコースに参加♪二日目 | karen*のほっと一息カフェタイム 

karen*のほっと一息カフェタイム 

東京、横浜、武蔵小杉エリアの情報やカフェ、ランチ等の食べ歩き、懸賞情報等を気ままにお届けします。

来て見て体験!ふくしま県ももコースへ行ってきました。

一日目の様子;

https://ameblo.jp/tadasuki123/entry-12503477143.html

 

宿泊先:会津東山温泉 原瀧

 

二日目スタート

会津若松市長尾さんの野菜畑で収穫体験

長尾さんは、自然栽培、無農薬でお米を栽培しており、そのお米から純米吟醸「春泥」が作られています。

震災時の苦しさや、自然栽培ゆえに取れ高が減少してしまっても自然栽培を続けるのは

環境を作ることで、美味しい水や空気が生まれるから。

 

収穫したトマトも枝豆ももちろん無農薬

トマトは、水もあげないで栽培したものだそう。

とっても甘く、みずみずしい。

 

道の駅あいづ 湯川・会津坂下

会津伝統野菜のレクチャー

伝承している長谷川さんから、在来種の種を繋ぐ大切さ、そして学校などの花壇に植えてもらう普及活動のお話を伺いました。

小菊かぼちゃは、保存がきき、栄養がたっぷりあるので昔から食べられています。

高麗人参を栽培している地域は、限られていて会津はその一つ。

その他にも、会津丸茄子、南郷トマトなどなど

運が良ければ、この道の駅で食べられます。

 

レクチャーの後は、会津伝統野菜を使ったお料理のお弁当タイム

彩が美しく、野菜たっぷりのお弁当はヘルシー&味も最高

 

道の駅あいづには、地元産農産物を使ったジェラートが有名ということで、

いただいてきました。

アスパラ、桃、くるみ、そして長谷川さんが手掛ける純米吟醸春泥の酒粕ミルクアイスもあります。

私は、桃とくるみのw盛

どちらも素材の味をしっかり感じられます

 

ふくしま逢瀬ワイナリー

震災復興基金で三菱商事が手掛けたワイナリーです。

6次産業化に向けて、果実の生産、加工、販売までをしています。

試飲も出来ましたよ

そして、郡山から東京へ新幹線で帰宅

 

二日間、生産者さんのお話を聞いたりして、福島県産の農産物に触れて

福島県の農産物は、しっかりと検査をしたうえで出荷されているので

安心安全なことがよくわかりました。

 

しかし、現実にはまだまだ風評被害に悩んでいます。

気になる方は一度足を運んで、福島へ訪れてみてはいかがですか?

 

来て見て体験!ふくしま県モニターツアーのお米コースの募集も

これからですよ。

https://www.mwt.co.jp/fukushima/