デフレに慣れすぎて、信用、信頼の等価交換を忘れてしまっているきらいがある。

自営業を始めて、初めてとても辛い月を過ごした先月だった。

そんな時でしか気付けなかった事があった。

「支えて頂いている」ということ。

技術の対価として頂いていた料金が、私達を支えてくれているということ。

そして、その料金は患者様からの私達への信頼、信用の証であるということ。

また思い出した。

「ファーストクラスのトイレは、何故いつも綺麗なのか」

ここに立ち返り、また反省から歩み出そう。