まだまだ時間がかかる模様。

はり治療のイメージについてです。

『少ない本数で身体への負担が少ない』

この様にお伝えすると…

「5本ってことは、5本同時に打たれるのだと思ってました。」

こんな施術後の感想をいただきます。

当院が採用している治療技術【整動鍼】は座標と効果がハッキリしている❗

だから、鍼を1本使用する度に【変化】が確認出来る。

それは、まるで『パズルを解く』ように。

5本使用したということは、身体の中にあった5つのパズルを解いたということ。

パズルが解ける度に身体は楽になっていく。

5本同時に鍼を打ったとして、その5本がもたらす身体のバランスが本当に読めているのなら、その治療技術でも問題はないでしょう。

しかし、思い出してみてください。

同時に何本も鍼を打たれた後って、「どうですか?」って聞かれてませんか?

整動鍼なら「この動きが出来ないから痛みが出ていて、動けない原因はここの硬さ。この硬さを緩めるために、ここにあるツボへ鍼を行います。」といった感じで治療が進みます。

だから、はり治療が終わったら「動くように変化しましたし、痛みが和らいだでしょう!」となります。

身体のことが解っているから。

ツボのことが解っているから。

だから、ちゃんと説明が出来る。

「たくさん鍼を打たれないと効かない」

そんなイメージが無くなるまで、まだまだ時間がかかりそうなんです。