ガンに限った話ではないと、私は考えています。

人的被災でなければ病は自らが造っていると、私は考えています。

ですから、どの療法を受けようと、自らの治癒力を活性化出来なければ、何の意味にも成らない。

自らの病を治す術(おくすり)は、自らの中にある。

他人から提供される療法はキッカケにしかすぎません。

先ずは、自分のライフスタイルを棚卸。

自分の人生をマネジメントしてみませんか?