ハム栗山監督、

CSは「勝てばいい」 

メンバーはまだ決めず

「ストンと来ない」

日本ハムは11日、本拠地で今季レギュラーシーズン最終戦(ロッテ戦)に臨む。13日から始まるクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージに向けた最終調整の場。栗山英樹監督は「いつもの最終戦とは全然違う」と節目の感慨を封印し、日本シリーズで本拠地に戻ってくることを誓った。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

11日がレギュラーシーズン

最終戦「CSに勝つため

だけにやる」

日本ハム – ロッテ(11日・札幌ドーム)

 

 日本ハムは11日、本拠地で今季レギュラーシーズン最終戦(ロッテ戦)に臨む。13日から始まるクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージに向けた最終調整の場。栗山英樹監督は「いつもの最終戦とは全然違う」と節目の感慨を封印し、日本シリーズで本拠地に戻ってくることを誓った。

 指揮官の頭の中ではすでに“最終戦”という認識が消えていた。「最終戦を越えて、クライマックスのことを考えて続けているから。シーズンが終わる感じじゃない」と試合前に語った。

 昨季の本拠地最終戦では大谷翔平投手の「4番・投手」を実現させた。開幕戦や最終戦のオーダーには、指揮官のメッセージが込められている。だが、今季は違う。2日後に福岡での決戦を控え「何のメッセージもないよ。CSに勝つためだけにやる」と表情を引き締めた。

 この日の最終戦に臨む選手のほか、宮崎で行われているフェニックスリーグリーグに参加している選手もいる。10日のフェニックスリーグ・斗山戦(清武第2)で清宮幸太郎内野手が1号3ランを放った。「よく考えるよ。詳しく状況を聞いて。メンバーはまだ決めていない。ストンと来ない」と福岡に乗り込むメンバー人選に頭を悩ませる。超短期決戦だけに、個々の調子の見極めは重要。「見ているうちに終わるからね」と状態を優先して最善の人選を行う。

 シーズン中の打順には全く固執しない。10日のロッテ戦では、3番・中田、4番・近藤をテスト。「打順は関係ない。勝てばいい。シーズン中はこうだから、これで負けたらしょうがないという考えを俺はしない」と柔軟に見極める。

 日本一から一転5位に終わった昨季は、8月中旬から今季を見据えた戦いをしてきた。「俺の中では今季優勝できると思っていた。(昨年)早くスタートして準備をしてきたのに、責任をものすごく感じている。でも、今はそう言っている場合じゃない。それを生かして日本一になるチャンスがまだ残っているんだから。日本シリーズで戻って来られるように全力を尽くす」と力を込めた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

日本ハム清宮無安打も

充実「CSで100の状態に」

<第15回みやざきフェニックス・リーグ:

オリックス0-0日本ハム>◇11日◇アイビースタジアム

日本ハム清宮幸太郎内野手(19)が、宮崎での調整を打ち上げた。

クライマックスシリーズ(CS)第1ステージ前最後の出場試合となったオリックス戦に、2試合連続となる「3番指名打者」で先発出場した。1回無死一、二塁では空振り三振に倒れるなど4打数無安打。

「結果的には打てなかったですけど、でも試合終わった後の練習だったり、ここでしかやれないこともあったので来て良かったと思います。いいイメージをもっていけるかなと思います」と充実した表情を見せた。4日間宮崎での調整を終え、今の状態について「(たとえ)今日が100(%)でも、次が100かどうかわからない。クライマックスの時に100の状態になりたいです」と13日から始まる決戦へ向け気持ちを高めていた。

〔日刊スポーツ)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

日本ハム・中島 

セレモニーあいさつで

絶句「すいません、

もう一度やります」に

場内ほっこり

パ・リーグ   日本ハム5―4ロッテ 

( 2018年10月11日    札幌D )

<日・ロ>最終戦セレモニーであいさつする
中島卓(撮影・高橋茂夫) 
Photo By スポニチ

 

 3位でクライマックスシリーズ(CS)進出を決めている日本ハムが5―4でロッテに競り勝ち、3連勝。今季レギュラーシーズン最終戦を白星で飾り、13日から2位・ソフトバンクと対戦するCSファーストステージ(ヤフオクD)に弾みをつけた。 

 試合後に行われた最終戦セレモニーでは、最初にあいさつに立った選手会長の中島卓也内野手(27)が「今シーズンもたくさんの声援、ありがとうございました。チームの目標、ファンの皆様の期待していたリーグ優勝に手が届かず…」と、そこまで言いかけたところで言葉に詰まり「すいません、もう一度やります」と恥ずかしそうに苦笑いを見せたところで場内は爆笑と歓声に包まれ、ほっこりムードに。

 約30秒の中断後、中島が気を取り直して「チームの目標、ファンの期待していたリーグ優勝に手が届かず、悔しい思いで終わりました。しかし、日本一になれるチャンスがあります。チーム全員まだ諦めていません。これから、クライマックスシリーズ、ファーストステージ、ファイナルステージ、敵地での試合となりますが、チーム一丸となって、戦い、この、札幌ドームで、また、試合ができるように、頑張りたいと思います。北海道で待っていてください。これからも応援よろしくお願いします。きょうはありがとうございました」と誠実さ全開で一言一言を確かめるように話すと、大きな拍手が上がった。

 中島のあいさつをほほえみを浮かべながら聞いていた栗山英樹監督(57)だったが、続いてマイクの前に立つと「皆さん、1年間、応援本当にありがとうございました」というあいさつの後、「今、選手会長、タクが言った通り、全員悔しさでいっぱいです。特に今年は北海道に大きな地震や台風、災害がたくさんやって来ました。多くの方が苦しまれている。それだけに、何が何でもという気持ちで戦ってきましたが、本当にすみませんでした」と謝罪。

 それでも「ただ、日本一になるチャンスがあります。まずは全員で目いっぱいぶつかって、クライマックスを突破し、北海道に帰って来ます。そして、ほんの少しでも、大変な思いをされている方に元気や勇気を届けたいと思います。全力で戦ってきます。1年間、本当にありがとうございました。そして、これからもファイターズのこと、選手たちに応援のほど、よろしくお願いします。1年間、ありがとうございました」とあいさつを続けると、指揮官にも大きな拍手と歓声が降り注いだ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

第15回 みやざきフェニックス・リーグ試合結果

10/11(木) オリックスvs日本ハム(アイビー)

F   000 000 000 0
Bs  000 000 000 0

【バッテリー】

○日本ハム
投手:北浦(6回)―藤岡貴(1回)―高山(1回)―白村(1回)

北浦投手

藤岡投手

高山投手

白村投手


捕手:郡

 

○オリックス
投手:榊原(5回)―齋藤(1回)―青山(2回)―岩本(1回)
捕手:稲富

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

旗リーグ最終戦も....3連勝で!締めくくりを!

逆転勝利の粘り&投打のかみ合わせも!!最低キープ。

アウエーのヤフオクでの、対決準備もOK!でしょう。

投手陣...先発・中継ぎ陣のチョイス...過去の情実は!

NGです。しっかりと、実績を見極めてほしい。

短期決戦です。監督の力量が!