アカンとこまで来たな

テーマ:
息子が昨日学校に行きました。
行った!すごい!当たり前の事を喜ぶしかない私は「褒めてあげなくては」と、学校に行ったことだけでスゴイなんて思っていました。

学校から電話があり、クラスで1番優しい男の子とケンカしたと言われました。
軍手やスコップ、図工の材料、絵の具に理科の実験道具など、持って行った物を全て学校に置いたままの息子の荷物が邪魔すぎて、その男の子が「お前の荷物、邪魔すぎるから捨てるぞ〜?」と冗談で言ったのを本気にして掴みかかったそうです。

また、その後のデイからの報告も、近い年齢の子が「ねぇ見てー」と持ってきたブロックで作った作品を、息子が「自慢して見せつけやがって!」と床に叩きつけて壊し、興奮したとのこと・・・。
デイの利用者の子たちが怖がって、危ないのでスタッフが息子を取り押さえたと言われました。

学校に行けたからそれでヨシ
・・・なんて訳ないですね。


家の中だけでキレたり暴言を吐いたり、暴れたり物を壊したりする息子は、とりあえず家の外では「たまに爆発するけど、そこそこ落ち着いている息子」でした。
けれど、6月下旬から息子が家の中で暴れると私は家を出るようになり、主人に至っては全く優しくなくなって完全な主従関係にさせられてしまったせいでしょうか、残念ながら「家の外でもキレる息子」になってしまいました。


・・・
支援施設も精神科も、まずは親のレスパイトケアから入って欲しかったです。(まあ、それは同時に息子を預からないといけない事ではありますが・・・)
私も主人も、日々の生活や娘のことも構ってあげないといけないなどの理由から、最悪、娘と自分が壊れない事が一番大事だと必死でした。
そしてそのための行動が、息子を悪化させただけでした。

児童相談所の「折り返します」の言葉、精神科の「本人が困っていないから処置出来ない」という言葉、小児発達の「親子離れた方がいい」という言葉(実際には出来やしないし、入院を希望しても受け入れてもらえなかった)、全てが

お父さんお母さん、がんばってね♡

って言われてるようなものです。。。


支援がない、お金もない、親だけで子供を療育出来るわけがない、親が精神を保つためのギリギリの選択は結局、他の人に迷惑をかけるくらいなら、子供を家に置いておく方がマシ・・・。
他にも同じような家庭が沢山ありそう。

このギリギリを少しでも越えたら、私は息子と消えるという選択を取りそうです。

私の幸せは主人と娘が幸せであること。
だからその選択も私の幸せです。



ちょっと待てー!
(いや、手ェ長っ!)

・・・
たった1日息子が学校に行った昨日だけで、なぜ私がここまで追い詰められてるんですか!!?
息子のクラスの子、デイの子に申し訳なくて、先生に申し訳なくて、デイのスタッフに申し訳なくて、
申し訳ない
申し訳ない
来週の会議も大勢の方が都合を作って下さって申し訳ない
娘も頑張ってるのに申し訳ない
主人も毎日お仕事頑張ってくれてるのに申し訳ない
私の息子が迷惑をかけて申し訳ない
私の周りの人たちみんなに申し訳ない

この「申し訳ないオバケ」が私を逃げられないところまで追い詰めてくるのです。
ペアレントトレーニング?その前に、それが出来る精神状態になりたい・・・

残念ながら今日も朝から車の中に避難している私ですヽ(;▽;)ノ