ケンカのその後

テーマ:
長らく不穏な空気の中にいましたが
週末には無事に仲直り?


「オレは浮き沈みがあるから、今は沈んでる。
 だからしーたんに当たってるだけなのかも」


なんだか彼の言葉でモヤモヤが一気に晴れました


どんなにムカついても
もう実家に帰りたいと思っても
別れるとかの選択肢は浮かばない


ずっと彼のことを想って
どうしたら喜んでくれるかなーとか
どうしたら落ち着いてくつろげるかなーとか
そんなことばかり考えてる


私が「ケンカっぽくなっててもずっと彼のことを考えてるよ」って言ったら
彼も「オレも考えてるよ!」って返ってきて


どんなにケンカしても私たちは大丈夫なんだなーって
なんだかホッとして安心感に包まれました


ごめんねと謝ることもなく今までと同じように楽しい会話に変わって
今度のもケンカではなかったんだなと実感


私が「(彼の苗字)になりたいと思ってるからそれまではひとりで頑張るよ」って言うと
今までは「いつかなれるといいね」としか言わなかった彼が
初めて「結婚か」と結婚という言葉を使ったので
ちょっと驚きつつ嬉しくてひとりでニヤニヤしてしまいました


まだすぐには会えないかもしれないけど
早く会いたいなー
AD