みさっちさんの ”じてんしゃ求道”

みさっちさんの ”じてんしゃ求道”

自転車たのしーっ!北摂界隈をウロウロしてます!40半ばのおっさんなのでなかなか速くはなれませんが、考えて実践して何かを感じられるのが嬉しいですね。(^.^)
今欲しいものは時間ですかね。(・∀・)


テーマ:
こんにちは、みさっちです。

寒い週末になりましたね。_(:3 」∠)_

こんな日はコタツに肩まで浸かってヌクヌクと・・・

ってやってたら折角の休日が台無しになるー:(;゙゚'ω゚'):  と、体動かざるを得ない感じになったので少しだけ外に出てみました。


今朝は家の外の気温計でも0度でしたが、10時くらいには幾分かマシになってました。と言っても山頂はおそらく1〜2度くらい。



寒いのは大の苦手ではありますが、新調したパールイズミの防寒ジャケットを試してみたかったのと、先日インプレしたヒーターベストを使いたかったのですよ。(笑)




いつもの妙見山であります。

木々が秋から冬の装いになり、本格的に寒くなる事を予感させますね。


折角なので例の栗入りまんじゅうを食べてみましたよ。


お味は、気温が低くもちも冷たかったので正直わかりませんでした、ww


今日は久々に194号に乗りました。
しばらく乗ってなかったので埃も溜まっていたりタイヤの空気もすっかり抜けてヘコヘコで、準備だけで30分はかかりましたね。(笑)




ということで、寒い中ですが乗った感想です。

まずはパールイズミのジャケットはとても高性能だと再認識しました。
今日はインナーにモンベルのジオラインLWと例のヒーターベストを着用し、下は冬用防風パンツにシューズカバーをつけておりました。
グローブには春秋用の薄手のものをチョイス。これは自転車にハンドルカバーを付けているので手の抜き差しがしやすい様に選びました。

パールイズミのジャケットは風を通さずに体温を適度にに保温してくれます。峠の登りはジッパーを半分開けていれば汗をかきすぎて冷えて気持ち悪くなることも少ない感じ。ウインドブレーカーは下りにも必要なかったです。
下りを連続して走っているとやはり冷えてはくるのですが、準備しているヒーターベストの温度を最強に設定しておくと適度にポカポカして気持ち良かったです。^ ^

ただ、足のつま先だけはカバーのみで何もしていないので痺れてきちゃいますね。

この装備なら湿度にもよりますがマイナス5度くらいまでは使えそうな気がしますね。機会があれば試してみたいです。

あと、ヒーターベストの使い方として、

休憩の時が身体が冷えずに良いです!(笑)

グループライドで駄弁る時なんかは重宝する事でしょうね。_(:3 」∠)_


総括としましてはこんな感じになりました。ww



この季節も冷たい空気が気持ち良いので暖かく走れるのなら積極的に走りたい気持ちになりました。


おまけ


トチノミって知らなかったのですがこんな硬い実だったのですよ。これを食べられるようにするのって大変だろうな〜。^^;




テーマ:
こんにちは、みさっちです。

寒くなりましたね。こんなに寒いと早起きして自転車乗ろうとかかなり厳しい。^^;

しかし、今日はちょっと試してみたいアイテムを使ってライドしようと、いそいそと準備をして出かけます。



朝8時頃の気温。

寒い〜。

そして、今回用意したのは



こちら。

一言で言うと電気式カイロみたいなものですかね。

バイク乗りの方用なのですが、自転車にも使えるんちゃう?と考えて手に入れてみましたよ。

USB端子接続で2A出力のモバイルバッテリーに繋いで使います。3段階に出力を調整出来て5000mAhのバッテリー容量なら出力により120分から300分使えるとのこと。僕の使っているのはcheero の13400mAhなので単純に2.5倍持つと考えると一日のライドなら充分持つだろうとの考えから使ってみようと思ったのです。

装着方法ですが、ベストのように肩に掛けて付属のコードバッテリーに繋ぎますが、バッテリーの収納場所が丁度ジャージの後ろポケットの左側が良さそうでしたのでそちらに収納しました。

問題は、上着のレイヤーのどこに仕込むかです。あまり表層だと効果ないですし、肌に直にはやばそうです。なのでインナーの上に使うことにしました。

今回の装備  内側から
モンベル ジオラインLW
エレクトリックヒート
長袖ジャージ 薄手のもの
半袖ジャージ 夏用
(必要に応じて)ウインドブレーカー


下は、
薄手のレギンス
ビブショーツ

靴はつま先が冷たくなるので
パールイヅミのシューズカバー

最近ぴにゃおジャージがお気に入りww

こんな感じですね。



今日も寒い朝でしたので、普通のグローブでは指先の感覚がなくなってくる感じ。

家を出る時からヒーターの電源をオンにしてました。

たしかに熱を感じます。
例えると使い捨てカイロを胸と首に付けている感じ。

胸に2箇所と首の下に1箇所発熱体が付いており、そのあたりが熱く感じます。

ただ、最初はテストの意味でウインドブレーカーを敢えて着ていなかったので走行風で熱が逃げてしまう感じで身体はあまり温まる感じはしませんでした。

これは想定内なのでやっぱりそうかという印象。

サイクルジャージは発汗性を重視して通気性良く設計されているので春秋用装備では流石に苦しいですね。(苦笑)

なので熱を逃がさないようにウインドブレーカーを着込むと途端に熱がいい感じに巡って体を温めます!

3段階の最強にすると、もうポカポカ。🎵
上半身だけですけどね。ww


思うに、この時期の服装って難しいなあと感じるんです。朝寒くて厚着すると昼間暑すぎたりするし、僕なんか安物のネオプレン生地の冬用ジャージなので発汗すると中で結露して冷たくて気持ち悪いし難儀します。
でもこういったものを使う事で少し薄着かなと思う装備でも朝から出られるし、何よりこれでなんとか寒さを凌げるという安心感がこの時期のライドにはとても心強いです。

これを上手く使いこなせれば快適なツーリングが出来るのではないかなと思います。

ここまでで、使い捨てカイロでいいんじゃね?とか思う方もおられるかとは思います。
でも、個人的に使い捨てカイロって捨てる事が前提でエコじゃないので、使うのに気が引けるんですよ。(笑) それに電気ならオンオフや出力調整も出来て使い勝手も良いですしね、

まあ、装備については正直まだまだ改善の余地があります。指先の痺れはこれではカバーできませんしね。
でも、冬場も快適に走れる可能性を感じさせるアイテムですね!


妙見山の下りもウインドブレーカーを着るとポカポカしてそんなに寒く感じなかったですよ!
思わず笑みが出てしまいました。(//∇//)


あとは弁天の里で朝食を食べてから亀岡方面を軽く走って帰りました。


このアイテムに関してですが一つ懸念材料が有りまして、防水仕様ではないので発汗による水分が悪さをしないかが心配であります。モーターバイク用なので普通バイク乗る人はそんなに汗かかないですもんね。(苦笑)

このシーズン中はぼちぼち使ってみて耐久性なんかも検証してみたいですね。まあ安いので壊れてもそんなに懐にも痛くはないのですけどね。^ ^











テーマ:
この週末、天気も良いのに風邪引きのたぶん2歩手前くらいなので自宅待機を余儀なくされているみさっちです。(苦笑)

なのでブログ書いてます。ww






クルマを預けている工場より連絡があり、話を聞きにいきました。


一通り点検をして頂き、報告を受けました。

エンジンは好調で問題なし。(ホッ)

ただ、プラグの一つが、ガイシが欠けたりかなり傷んでいたので交換推奨とのこと。
見たところエラく電極がチビていたのでこれは四本共問答無用で交換ですね。
また、アイドリングを調整する機構にオイルのスラッジが堆積していたので清掃してアイドリングが安定したとのこと。

ブレーキ周りは特に問題無し。

ショックアブソーバーはオイル漏れもなく状態よし。
これは僕も乗ってすぐ気がつきましたが、距離にしては傷みが少ない感じで、恐らく今付いている純正品は社外品との交換の後保存していたのだろうと推測してました。

あと微妙なのが足回りのアーム。


リアサスアームの傷部分には人工芝の切れ端みたいなものや小石が挟まっておりました。(´∀`=)

リアのロアアームの傷みは確認していたのですが、フロントも同様の傷がありました。

かなりえぐれているのでハードに走るには心配な部分ですね。

というか、どうやったらこんな傷がつくのかな。(汗)  憶測でしかないのですが、かなりの速度でないとこんな削れかたをしないと思われるので、たぶんサーキット走行をしていた個体で高速走行中縁石にでもヒットしたのではないかということでメカニックの方と考えが一致しました。(^^;;

車体にも同時に擦ったと思われる傷がありましたが、幸い激しい損傷ではないのでホッとしました。
これは後ほど交換の手配を致しましょうか。

そして、一番の懸案である、異音の原因でありますが、

なんと、

トランスミッションから異音がするとの事。(>人<;)

ペラシャもジョイント部からガタが出ていましたが、こちらは想定内で部品も中古品を準備していたのですが、ミッションからとはかなーりビックリ‼️

余計に出費がかさみそうでビビります。

相場を調べると、リビルド(今付いているのと交換というやつです)のミッション単体で20万からとのこと。(苦笑)

入っていたミッションオイルも金属粉も出ずに綺麗だったところから察するに、前の所有者もこのことは口には出さずとも知っていたのだろうなーと邪推してしまいましたが、まあ仕方がありませんね。(笑)

シフトフィーリング自体は変な渋さなどなかったので、ベアリング交換くらいで済めば御の字だなと思っておきます。


あとは、思っていたよりも状態良さげな下回りを見てホッとしました。

ペラシャやマフラーの取り付けボルトが不足していたり、部品がちゃんと取り付けられていなかったり。まー個人売買ならこんなものでしょうね。(*´∇`*)

引き取った状態はあくまで素材として考えてますので問題ないです。

逆にこれくらいで売主にクレーム入れるのはナンセンスであります。
(ていうか、基本NCNRですし)
それが嫌なら普通に保証のある中古車ディーラーで買った方が絶対に良いです。

世の中の中古車販売店は業者オークションからこのような状況でクルマを仕入れて、必要な修理を行ってから販売しているわけですからその分の費用と販売利益をオンして高くなるのは当然なのです。


と言うわけで、

引き続き見積もり待ちとなりますね。

特に急ぐわけでもないのでアップグレードしたい部品を見繕いながら吉報を待つとします。(o^^o)



















Ameba人気のブログ

Amebaトピックス