ネコ裁判を振り返って(そろそろ1周年)その1 | 【実録】ネコ裁判  「ネコが訴えられました。」

ネコ裁判を振り返って(そろそろ1周年)その1

モンチ     「タ~~~~ロ~~~~ウ~~~~~く~~~~ん。あ~~~~そ~~~~ぼ~~~~。」

突然店の前で大声で叫びやがる。


今日の昼過ぎ、抜き打ちでモンチが遊びに来たのだ。


彼は小学校の時の同級生だ。

そして「ネコ裁判」の最初からの読者でもある。


タロウ     「あのさぁ……いい加減その呼び方やめてくんない?普通に店に入って来いよ。」

モンチ     「いやっ!これが小学校時代からのオレのスタイルなんだっ!!」


住まいが近所だと言う事もあって時々遊びに来るのだが、いつもこうやって一発かましてくれる。

この前なんかは両手に水爆(水を詰めた風船)を握り締めて遊びに来た。


とりあえず店に招き入れる。


タロウ     「今日はどうした?」

モンチ     「ああ……休みだったしな。昨日の記事読んで、ちょっとイラついてないかなと思って……。」


昨日の記事と言う事はgrumbleという例の吐き記事の事だ。

おお……なんて友達甲斐のあるやつだっ!

やっぱり持つべきものは「友」だっ!!


モンチ     「だから、からかいに来た。」

タロウ     「……………。」


……一瞬マジで殴ろうかと思った。


モンチ     「いやいやいやいや……そういうのは冗談で……。」


まぁ……それなりに気を遣ってくれてるみたいだ。


モンチ     「……タロウがブログ(ネコ裁判)始めて、もうすぐ一年だな。」

タロウ     「そうだな……6月1日から始めたから、なんだかんだで一年だな。」

モンチ     「きっと去年の今頃、川畑は裁判する気満々でシロクロの写真を撮りまくってたんだろうな。」

タロウ     「訴状に『3月初め頃から4月20日』と書いてあったから、真っ盛りだろうな。」

モンチ     「だな。」


クスクスと笑い出すとこう切り出した。


モンチ     「なぁ……せっかくだからちょっと早いけど『ネコ裁判反省会』でもしない?」

タロウ     「『反省会』って言っても……ついこの前までは独りで書いて独りでやってたんだけど。」

モンチ     「まぁ……そうなんだけどさ……オレは最初からの読者だし、

         今は少しながらも関わってるから……。」


イロイロとお手伝いをしてもらっている。


モンチ     「今だから言えることもあるだろ?」

タロウ     「まぁね……じゃあ二人だけだけど……時間的にも天候的にも暇な様子だし。」


今は3時。外は大雨。


モンチ     「どうせネタにするんだろ。」

タロウ     「勿論。」

モンチ     「じゃあ書き易いようにインタビュー形式でやってみようか?」

タロウ     「そりゃいいね。」




---------------------------




以下インタビュー形式で……。



どうしてブログ(ネコ裁判)を始めたんだい?


どうしてって聞かれるとちょっと思い出せないな……。

ただ、あの訴状(ウメキチ宛)を読んだ瞬間は……「バカかコイツ」しか思い浮かばなかった。

ウメキチが被告に成り得るかどうかって話は、その時点では良く分からなかったけど……

内容を読んだ時点で負ける気はしなかった。


ブログを始めようと思ったのは多分、「こんなバカな事件があるんだよ」って知らせたかったからだろうな。


もし川畑が裁判にする前に一言苦情を言いに来ていたら?


それは何回も考えた。

電話であれ直接であれ訴状の前に「お宅のネコでウチの車が被害にあってます」って言われていれば、

「赫々然々こういうわけでウチのネコじゃないんです」って説明してただろうなって……。


そして「見かけたら水鉄砲でも用意して追い払いましょうか?」って言ってたと思う。


そこまで優しいヤツかい?お前?


世話焼きは世話焼きだからな……俺。

自分で言うのもなんだけど……同じ町内に住んでるんだから「袖振り合うも多生の縁」でしょ。

例えカワバッタが町内の商店街振興組合に入って無くても……それはそれで置いておいても……

近所なんだから困ってるって言うんなら……。


普通に頼られてたら対処してたと思うよ。

いらん話に首突っ込んで、いらん火の粉を被った数々の俺の過去を知らんお前でもないでしょ。


初めて川畑と接触したときの感想は?


初めてと言えば、電話での逆指名の時だな。

あの時は事務的な丁寧な言葉遣いだったから、多少はオツムがいい奴だと思ってたよ。

まぁ……根本的にネコも女の子も違うって所からマヌケだった事には変わらんけど……。


そう言えば一時期「シロクロがうちのネコじゃない」とこの電話の時に言ったか言わないかで

論争になってたよな。実際はどうなのよ?


今だから話すけど、実際は言ってるんだな。


川畑      「それはそうかもしれませんが…。

          お宅もネコがワタシの車に乗っているのを黙認してますよね?

          それってなんらかの対策を採るべきではないのですか?

          それを採られないから裁判という形にしたんですよ。」


の後に……


タロウ     「残念ですけど、あのネコはうちのネコじゃないですよ。」

川畑      「はっ!?そんな言い逃れが通ると思ってるんですか!?

         こっちには確たる証拠があるんですよっ!!」

タロウ     「はっ???どんな証拠があるって言うの?」

川畑      「そんな事、この場で言う必要も無いじゃないですかっ!!こっちは裁判にしてるんだから。」


仰るとおりである。


タロウ     「じゃあ裁判で証明するって事ですね?」

川畑      「ええ。そうですよ。その方が禍根が残らないでしょう。」


ってな内容のやり取りがあったのよ。


どうしてそういう話にしなかったのよ?


物語的にその方が面白いかな……と思っただけ。

実際あの頃は、現実の行動をほぼリアルタイムで書いてたでしょ。

読者どころか書き手の俺も先がわからないっていうか……。


だからせめて一つ二つくらい自分で作れる仕掛けが欲しかったわけ。

で……その仕掛けを「女の子」と「ネコ」にしたんだけど「女の子」の方はご存知のとおり不発だった。


裁判とブログと同時進行だったけど、途中でこんがらがった事無い?


ああ。その点は大丈夫。

さっきも言ったとおり、ほとんど現実をリアルタイムで書いてたから。


うっかり「川畑」と呼んでしまった事は?


それも無いな。

川畑と顔を合わせるのはほとんど裁判所だけだったから……裁判所では「原告」と言ってたしな。


嫁さんや家族の名前を間違える事も無かった。

実名のほうが既に馴染んでるし……。


ただ一回……浦野さんを「浦野さん」って電話で言っちゃった事はある。

浦野さんは気づいてなかったみたいだけど。


そろそろちょっと突っ込んだトコロを聞いてもいいか?


いいよ。


サクッとそう言われるとちょっとコッチが聞きづらいがな。

ちょっと話を逸らそう……。

嫁さん元気?


なんじゃそりゃ……。

元気だよ。

家族全員すこぶる元気。


ブログやってる事について、なんか言ってる?


最初はブーブー言ってたけど、アメブロ賞金貰えるようになった頃からはあまり言わなくなったな。

小遣いが出来たからな。

まぁ今はアメブロのランキングに参加してないから、その分の副収入は無くなったけど、

書く事で少しは小遣いが出来ている現状は変わらないしな。


それに最近ではユミコが寝てから書いてるから。

イチコを寝かしつけるのが9時だから、その後に書いてる。


休みの日は?


結構家族サービスしてるかな。

ブログを書く時間の住み分けが出来るようになってからは、随分順調だよ。


俺が言うのもなんだけど……嫁さん美人だよな。


よく言われる。

「なんでタロウと結婚したのかわからない」って言われるよ。

正に美女と野獣って……


でも最近、誰でも美人に見える気がするんだ。

小学校の時なんかは、可愛いと思う同級生って200人いる中で2~3人だったけど……

最近じゃあ通り過ぎる女の人の三人に一人は美人に見える。

ストライクゾーンが広がったのかなぁ……。


じゃあ最近のお気に入りは?


ちょっと前までは仲間由紀恵・飯島直子・深田恭子だったけど……

最近は報道ステーションの市川さんとソニー損保のフリップひっくり返す女の子かなぁ……。


またそりゃマイナーだね……。

じゃあ和んできたところで、突っ込んだトコロを……。


お前がだろ?


ん………ああ……そうとも言うけど……。

本になるって話はどうなってんのよ?


現在着々と進行中ですよ。


はじめは一月の終わりじゃなかったっけ?


そう。

その予定だったんだけど、随分と遅れてる。

まぁ、どうして遅れたかは又の機会にしておくれよ。


じゃあいつ頃出るのさ?


一応ゴールデンウィーク明け頃を目標にはしてるんだけど……。


一時期番外編って出版への作業の話をやってたでしょ。

あれって再開する気あるの?


おーーー突っ込んできたねぇ……。あれね……。

再開する気はあるよ。

皆、裏側って知りたいじゃない?


何事でも裏側を書く事によって、書かれたくない人ってのはいるものだろうけど……

そんな事を言い出したらブログなんて書く価値が無いじゃん。


勿論守秘義務は守るけどね。

でも、今はモチベーションが上がらないんだな。


じゃあその番外編をやってる時にお前が起こした一連の騒動だけど……




以下次号。