続編のあとがき | 【実録】ネコ裁判  「ネコが訴えられました。」

続編のあとがき

今まで「ネコ裁判」を本編・続編……そしてツラツラと書いた余談的な部分まで読んで頂いてありがとう。


最後のオチの部分でも明かしたが……

この続編は「川畑に裁判を起こさせない為の抑止力」としてスタートした。


ワタシが本筋から外れたところで問題に出した「一連の批判」に対する反感コメントも手伝って

随分荒れたコメント欄になってしまった事は、「ネコ裁判」自体を読み物として訪れてくれていた

読者さんに対して迷惑な事態であった。


この場を借りてお詫び申し上げる。


本編は「突然訴えられた弱者」的なイメージが強くて、その理不尽さに立ち向かうワタシの姿が好感の

礎であったように思う。


それに比べ、続編は「勝って驕ってイジめる側」となった印象が強く、本編との人間性の変化も際立って

「やりすぎ」やら「本性が出た」などと罵られた事も少なくない。


元々ワタシは100点満点の人間などではなく……100点満点を目指している訳でもない。

平均点で少しクセとアクがある「タラの芽」のような人間でいいと思っている。


ワタシが「良い人」であると思っていた人は……前述した「本編のイメージ」の為であろう。

それとインターネットという匿名性の高い媒体で……ほんの限られた情報から、

その人物像を想像してしまいやすい環境の弊害だったのかもしれない。


コメント欄ではワタシも大いに楽しませてもらった。


応援も批判も中傷もボケもツッコミも……。

批判や意見は勿論正面から受け止めていたし、削除の理由も無い。
また、どれだけ悪意に満ちた誹謗中傷のものであっても、そのほとんどは放置である。

何故、削除をしなかったか……



1.削除したらしたで「なんで削除なんですか?」なんて書かれるから

2.コメントに対して更にコメントがつくので、中途半端に削除すると話がわからなくなるから

3.人の心の裏側が見れるようで、それはそれで楽しいから



今まで内緒にしていたが……この「ネコ裁判」は「洋室」なので土足で上がって頂いても結構であるが、
今後他所様のブログにご訪問の際はキチンと靴を脱ぐように是非ともお願いしたい。





さて、川畑君。


回答書にこのブログの存在を知っている様子の一文があったので、敢えてもう一度書かせて頂く。


「裁判は公開が原則」


よってこのブログを提訴するならするで、どうぞやって頂きたい。

但し間違いなくネタにする。


それがワタシの少々変形したミッションQである。


やむを得ず法的手段に出られる場合は、「ネコ裁判」の時のような稚拙な証拠調べと答弁ではなく

もう少し知恵をつけた方が良いであろう。


datteさんにでも相談するのもいいかもしれない。


どちらにせよ、深慮してから行動するに越した事は無い。


これがワタシからの最大限のアドバイスである。




さて……「ネコ裁判」はこの記事をもって終了である。


時々、余談的な記事や独り言を不定期に更新する予定ではあるが……一応の終了である。

(雑談や議論って楽しいからね)


アメブロのランキングも一日早いが今さっき外しておいた。


明日からランキングに「ネコ裁判」はいなくなる。


今まで約半年……。

本当に短いようで長い間……通って頂いてありがとう。


ファンの人もアンチの人も……通りすがった人も名無しさんも……今まで本当にありがとう。




(追記)

これからは、更に続く(ことになっちゃった)【続】ネコ裁判「隣のネコも訴えられました。」 でお楽しみ下さい。