書留到着 | 【実録】ネコ裁判  「ネコが訴えられました。」

書留到着

局員      「もしもしカツヲ市郵便局ですが。」

タロウ     「あのー。本人限定の配達記録のお知らせが着いたんですけど……。」

局員      「はいはい。局まで受取に来られますか?それとも配達しましょうか?」


取りに行くのも面倒なので配達してもらう事にしよう。


タロウ     「では……配達でお願いします。」

局員      「わかりました……では、受取人様のお名前と住所をお願いします。」


……………。


この後、少々の手続きのやり取りがあって夜7時の配達分で持ってきてもらう事になった。





7時を少々回った頃……店に配達員がやって来た。


配達員    「では……本人確認の免許証か何か……ありますか?」

タロウ     「はいはい……。」


……………。


配達員    「……OKです……コチラに認印をお願いします。」

タロウ     「はいはい……。」


配達員が表に添付されていた配達記録の控えを剥がしてワタシに渡す。


川畑からの郵便がいよいよ到着である。


「……なにこれ?」


……………。


以下に「川畑からの本人限定配達記録」を画像データで公開する。

(ケータイから閲覧の方には見られなくて申し訳ない)


尚、念の為に書いておくが……実物には「本当の山田タロウ」と「本当の川畑カズオ」の名前及び住所が

記載されているので、さすがにそれは不味い。


かと言ってモザイクやボカシを入れては、この「味」が伝わらない……。


そのような事情でワタシが実物に限りなく近いように再現して作成した代物である。


書体や宛名を書くバランス的な部分も全て限りなく近いように再現した。



表 裏


どうやら中央の2本の赤線は……郵便局が配達記録を仕分けする為のものらしい。

(後日郵便局で聞いてみた。)


初めて訴状を頂いた時も……裁判中に提出された書証を見た時も……

先日の「領収書」の時にも思った事であるが……


この「封筒の表裏」だけでもツッコミ所が満載なので……




以下次号。


アメブロキング引退とブロマガスタートについて


この記事のコメント欄でのワタシの書き込み一覧


山田タロウ (2006-01-06 10:37:39)

山田タロウ (2006-01-06 18:19:09)

山田タロウ (2006-01-06 18:51:51)