そんなに笑える事なのかな? | 【実録】ネコ裁判  「ネコが訴えられました。」

そんなに笑える事なのかな?

雑談用で「奥様がメールの感想を書いているよ」ってな内容のコメントを見まして

「確か辞めるって言ってたはずだったがな……」などと思いながら見に行きましたら……


書いてありましたね……新しい記事。


多分ワタシの送ったメールに関して書いていらっしゃる御様子ですが……

あそこまでブツ切りに感想を書かれちゃいますと……

ワタシの伝えたかった主旨が全く逸れている感じがしたので……

この件については「終わった事」と思っておりましたが……

「ネコ裁判」の読者様方にもモヤモヤが残ると思いまして……

ワタシの書いたメールを掲載する事と致しました。


さて……以下に私の送ったメールを全文載せますが……若干補足加筆を致しましたので

(前後のアレ・コレがわかりにくいかもと思いまして)その部分は赤字にしておきます。

時系列的に「その当時に書いたもの」としてご理解くださいませ。


------------------------


差出人 : 山田 タロウ <nekosaiban@hotmail.co.jp >
送信日時 : 2005年11月24日 9:53:15
宛先 : 0kusamakiiteyo@yah00.co.jp
件名 : ブログ連載中止のとその経緯についてのご説明を読みました


今更ながら、メールにて私信することをご容赦ください。

さて、今回の一連の騒動ですが、ワタシとしましては、当初ワタシのブログ内で述べた
「不明確なジャンル移動とそれに伴う批判・意見のコメントの一括削除および拒否」 に関するもの

のみです。


確かにあの時に貴方の行動に反射的に記事を挙げたのは間違いだったと思っています。
ですが、あの状況で「メールも受け取りません」と書かれていては、こうするより手段がありませんでした。

ワタシ個人としては、貴方のブログも楽しみにしていた読者の一人なだけに残念でもあります。
そしてワタシの批判した一連の行動に関しても貴方のブログを応援していただけに残念でありましたし、

悔しくもありました。

そのようにワタシが思う経緯につきましてはワタシのブログ内の該当記事をご一読頂ければ幸いです。


過去のワタシのコメント削除や、相談云々の頃は、こちらも謙虚な気持ちで見ていたし相談もしました。
ですが、批判の該当項目に対しては、「???」な貴方の行動を感じてしまったわけです。


うちの読者や貴方の読者がコメント欄で荒らす云々に関しては、正直ワタシは関知しません。
読者同士が喧嘩する事も仕方のないことです。


それこそ書く人の勝手ですし、読む人の勝手です。
紹介することでよい読者が流れれば、それに伴い悪い読者も流れるのは当然だと思っています。

「問題は荒れる場所をどう作らないようにするか」だと思うんです。

ワタシはできる限り放置を選択しました。
批判であれ誹謗中傷であれ、それが的を得たものであれば受け止めますし

そうでなければ読み流すだけです。

それによい読者は、その術をすでに知っています。


貴方は削除の方法を選択しました。

ですがやはり的を得た批判は削除されることで、さらに批判の波紋を広げます。
そして最後には、コメントを閉じるという方法しかなくなってしまいます。


それが吉と出るか凶と出るかは……今回の顛末でワタシも貴方も理解したはずです。


個人的には貴方にはもっと一緒に同じジャンルで頑張ってほしかったです。
更新回数云々の手間などは事情により仕方ないから別として。


そして細々とでも続けてほしいです。
ワタシの提起した「読者と正面から向き合って」


よければ生活ジャンルに来月から戻ってやり直してはどうでしょうか?

最後に

今回の一件。

ワタシは読者の一人として、怒っていました。
批判も意見も聞き入れないとその書き込みやメールを受け付けないと貴方がいうので

自身のブログで書きました。

ですが、自分のゲンコツが自分の思った以上に大きくなっていました。
その点は反省しております。


ご家族とご自身をご自愛なさいますように

ネコ裁判:山田タロウ


----------------------


こういう内容です。


ワタシの送ったメールは……そんなに笑えますかね?



ワタシはブログを6月1日に始めて、現在で実に約半年です。


まぁ……素材的に恵まれた事もありまして来春に某大手出版社より書籍化の予定です。

(当初は1月発売でしたし、出版社も確定しておりましたが……まぁまぁありまして……

現在このような状況です。)


そして新年早々からアメブロではなくブログマガジン と言うサイトで連載する事となりました。


このブロマガ は不特定多数のブロガーが書けるサイトでは無く……

ブロマガ側からオファーがあって初めて連載できると言うサイトなんです。


要するに少数精鋭です。


そして原稿料も「1記事に対して幾ら」と出ます。


正しく「ブログのプロ化」でしょう。


今後、ワタシは活動のベースをブロマガ内に移す予定であります。


内容は「ネコ裁判」とは全く別のお話をいくつか「実話を基にしたフィクション」と言う形で用意しております。

(第一話は「寸借詐欺の木村さん」ってお話。)


ですが……ここまで「ネコ裁判」を育ててくれたアメブロさんにも「恩」があります。

すごくすごく悩みました。

「ネコ裁判」をアメブロ内に残すべきか……ブロマガに引っ越すべきか……。


結論。


アメブロGP2が終わり……しばらくたった頃……3月末日までにアメブロがランキングに対して

改善案に本腰を入れなければ「ネコ裁判」も引っ越そう。


……と。


アメブロランキングもブロマガがスタートした時点で外そうと思っています。

(本当は1月分まで貰って……1月分を「妙」さんにとも思っていましたが……。)


本来なら出版の時に外す予定でしたが……ブロマガで原稿料が発生する以上……

それが最良だと思いました。


今でも「ブログを新しく始める人達の先達となれば幸い」という志は変わっておりません。


今はまだ小さな会社のブロマガですが……今後どんどん発展していって……

面白いブログがどんどん増えて……原稿料を貰うブロガーが増えて……

「ああ……ブログで有名になって出版やブロマガでギャラ貰えたらいいな。」

……となってくれたら最上なんです。


山田タロウは……。


長々と書いてしまいましたが……現在このような心境でございます。


尚、「目次」をなくして以降……雑談用を新たに作っても気付く人が少ない様子なので……

雑談用は新設後約一週間は最新記事とする事と致します。


その後は過去記事に致しますのでどうかご了承くださいませ。