原告の裁判費用 | 【実録】ネコ裁判  「ネコが訴えられました。」

原告の裁判費用

原告の川畑が、裁判にいくら使ったのか……ちょっぴり気になったので調べてみた。



まず「訴え提起手数料」


どうやら簡易裁判を起こすに当たり、裁判所に支払う手数料と言うのは請求額5万円につき500円らしい。

要するにだいたい請求額の1%である。


112万の訴訟なので……11000円。


ウメキチ爺さんの時の分が同じく11000円。

第一回目の口頭弁論前に取り下げをすると半額バックらしいので

5500円のマイナス。


計16500円


これから相手の家族を対象に訴えようとしている人は

相手が生きているか死んでいるかをキチンと確認したほうが吉である。



次に「書類の作成および提出費用」


これは5通以内なので1500円である。

ワタシと大差は無い。



「訴状副本および第一回口頭弁論期日呼出状等送達費用」


ウメキチ爺さんに「訴状(口頭弁論呼出状)」が一通。


ワタシに特別送達で書類が来たのが「訴状(口頭弁論呼出状)」「原告準備書面1」「原告準備書面2」。

ワタシが裁判所に提出した書類が「答弁書」「準備書面」。

計6通である。


一通1040円なので6240円である。



「原告出頭日当」


ワタシと同じ回数来ている。

判決も来ないと言いながら来ている。

なので4回である。

3950円x4で15800円。


「原告出頭旅費」が1200円。



「証人出頭日当」


証人の山本さんと引田くんの日当が……

面倒なので原告費用と同じで安目に計算してみよう。


3950円x2人で7900円。


それに交通費600円。



「判決正本送達費用」


1040円x2通なので2080円。




ざっとこんな所である。


川畑が証拠集めにどれだけ費やして……コピー代にどれだけ費やしたかはわからないので

とりあえず確実なところで計算してみた。




合計51820円


これにワタシに払う分の20580円を足すと……


72400円。




これが確実に発生し……これから発生するであろう川畑の負担額の合計である。


安いか高いかは……ワタシには判断することは出来ない。




ただ……一番儲かったであろうは……郵便局であることは間違いない。

                             裁判費用 イラスト:

以下次号