原告からの電話---その1--- | 【実録】ネコ裁判  「ネコが訴えられました。」

原告からの電話---その1---

昨日の今日で早速電話が来た。しかも原告からである。


とりあえず原告の名前が実名ではまずいので…。仮名をつけよう。

うちが山田なので…。反対で川畑さんでどうだろうか?

実に安直である。

でもそのほうが分かりやすいので「川畑」にしよう。下の名前は…。

そうだな…。カズオはどうだろう。よくある名前でいいかんじだ。



見事に今日の電話の内容はワタシの想像どうりだった…。

被告が死亡しているらしいので、誰を次の被告にしたら良いかという相談だった…。


普通…。相談するか???と思ったが、ある意味これは指名のチャンスである。

ここで「タロウ」と言っておけばいい。

ま。どっちにしても我が家を相手に訴訟を起こしている事にはかわりがないわけであるが。




電話の内容を書く前に…。

そう。ここまで来たら訴状の内容を書かないわけにはいかない。

当初、「2005年06月01日の告訴状 」で死んだジイチャン宛なので公開を控えたが…。

控え過ぎて、読んでいる方々に誤解などを与えてはいけない。

それに、このブログの題名である

【実録】ネコ裁判  「ネコが訴えられました。」 の肝心のネコの話題が一度も出ていない!

意を決して訴状の内容を公開することにした。



もちろん仮名であるし隠すべき所は隠しておく。

でもほとんど原文に忠実だ。